Skip to content

キングダム 777話: 発売日、ネタバレ、どこで読むか

『キングダム』は、原泰久によって執筆・挿絵が行われた、人気のある日本の漫画シリーズです。

戦国時代を舞台に、『キングダム』は読者を架空の古代中国の物語へと誘います。

この記事では、『キングダム』第773話に関する最新情報を提供します。でのネタバレ、生のスキャン、発売日、カウントダウン、そしてオンラインで読む方法も紹介します。ですから、ポップコーンを持ってきて、わくわくする更新情報に備えましょう!

キングダム 777話: 発売日

キングダム777話は、11月9日(木)発売のヤングジャンプ50号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2023 年11 月6 日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

👉今すぐ読む: キングダム777話 RAW

👉今すぐ読む: キングダム RAW 👉 キングダムネタバレ

👉今すぐ読む: キングダム786 raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦248話 Raw English – Jujutsu Kaisen Chapter 248

キングダム 776話: 要約とレビュー

ついに新生飛信隊が出発するんだ!

狼孟城は前回、北東軍がヤラれた城だから、飛信隊の実力が試される場所になりそうだ。

今回は砂鬼一家から医療班も参加するし、人数も増えたから、前回の戦闘よりも活躍してくれることを期待したいね。

ただ、唯一の心配事は、急な隊員増加と新メンバーの参加がチームの連携にどれくらい影響するかだね。

訓練を積んでいるとはいえ、戦場では訓練通りに行動できるかどうかは分からないからね。

飛信隊がチームワークを崩さずにどれだけ攻め続けられるかが注目ポイントだよ。

司馬尚の部隊は実力者ばかりだけど、これまであまり戦場に出ず、謎の青歌軍と呼ばれているんだ。

青歌軍は以前、青歌城から出動しないままで、将軍の司馬尚は趙三大天の李牧からの提案を断ったこともある謎めいた部隊なんだ。

特に注目すべきは、カン・サロって人物で、司馬尚に次ぐ強者とされているんだ。

青歌軍は謎が多いけど、一人一人がかなり強いから、秦軍も苦戦しそうだよ。

番吾の戦いで、司馬尚率いる青歌軍の強さが描かれるかもしれないね。

Shin devient-il général dans la saison 4 de Kingdom ?

キングダム 777話: ネタバレと予想

キングダムネタバレ最新話777話考察|亜光がフーオンを討ち取る

亜光に続く亜光軍は、その数を増やしながら李牧の元へ進軍していきました。

既に交戦している亜光と楽彰らですが、勢いを取り戻した亜光軍により、フーオンは敗北するのではないかと予想しています。

以前、宜安での戦いで羌礼とほぼ互角に刃を交えていたフーオンですが、いつの間にか五千人将から昇進、一万の軍を率いるようになっていたので、さらに力を付けていたものと思われます。

しかし、亜光は中華でもトップクラスの実力を持っており、王翦からも長年第一将を任される程、認められている存在となっているのです。
朱海平原の戦いでは鉄壁の守りで、「尭雲」「馬南慈」「趙峩龍」の3軍を相手にしていました。

それ程の力を持つ亜光が、楽彰やフーオンに劣ることはないでしょう。

楽彰らに手こずりながらも、見事フーオンを討ち取り、後続から来た亜光軍本体が作った道を抜けて、李牧の元へ進んで行くことが考えられます。

キングダムネタバレ最新話777話考察|李牧の退避すらも罠の可能性が?

亜光軍の凄まじい猛攻により、李牧は撤退せざるを得ないように見えますが、ここにも李牧の罠が仕掛けられていると考えています。

森の中から傅抵隊が伏兵として潜んでいましたが、傅抵隊三百騎の援軍だけでは、亜光を討つための戦力として不足していることは明らかです。

李牧がこのような読み違いをするとは考えにくく、何かを待っているような、タイミングを見計らっているようにも捉えられる、表情と沈黙が気になります。

そして、沈黙の後、李牧は離脱を宣言するのです。それを見た亜光は「形勢逆転だ、李牧を逃がすな。必ずここで仕留めろ」と亜光軍へ指示を出します。

ここで考えられるのが、李牧が自身を餌にして、罠の場所まで誘導する作戦だったということです。

目の前に李牧が居たら、秦軍は何よりも優先して討ち取ろうとすることを、李牧自身も認識していると思います。

そこで、李牧はさらなる伏兵を中央右手側の山や森へ隠していて、追いかけてくる秦軍を迎え撃とうとしているのではないでしょうか。

キングダムネタバレ最新話777話考察|李牧の罠は左右分離?中央から突破される

今回の戦略において、趙軍の攻撃力を象徴する司馬尚が王翦に対峙しています。 最初、私たちは罠を仕掛けて一点突破を図る可能性を予測しましたが、あまりにも単純な策と思われるため、このアプローチは薄いようです。

この戦闘では、趙軍が有利な地勢を占めており、李牧がこの機会を逃す可能性は低いと考えられます。 楽彰による位置調整の意義も注目すべきで、後続から迫る亜光軍や援軍を、右翼へ誘導しないようにしているように感じます。

亜光はたった三百騎の部隊を率いて出撃しました。 楽彰とフーオンに包囲されて疲弊しながら、援軍がなければ李牧を討つのは難しい状況です。 そのため、時間切れになり、亜光はここで李牧らに討たれる可能性が高いでしょう。

さらに、番吾が壁に罠を設置したと言っていました。 左翼には機動力に優れた楊端和たちがいます。彼らは機動力が高いため、物理的な罠には対処できると考えられますが、山に囲まれて高低差のある地形に不安を感じます。

舜水樹や馬南慈が敗北することはないと思いますが、逃げる際に中央との連絡が取れなくなる罠が仕掛けられる可能性が高いです。

結局、左翼が孤立し、右翼で李牧が秦軍を翻弄している間に、情報の少ない「司馬尚」「カン・サロ」「ジ・アガ」などが中央を突破する可能性が考えられます。

キングダムネタバレ最新話777話考察|飛信隊が李牧へ奇襲をかける

以前、磨鉱による李牧の敗北を考慮し、王賁は亜光の動きに備え、常に行動できる準備をしていました。 しかし、今回、亜光が右への移動を選んだことで、中央軍に隙間が生まれることになりました。

初めは、王賁が亜光を支援するために遊軍として動くと思われましたが、待機することになります。 なぜなら、亜光が右に向かったことで、李牧の罠に対処する必要があり、王賁は倉央と糸凌とともに中央に残るしかないからです。

李牧の登場により、飛信隊本隊を引き連れて、信は確実に突撃するでしょう。 飛信隊もこの戦いが李牧の命運を左右することを理解しており、李牧をできるだけ早く討つことを最優先に考えていると思います。

秦軍としても、この機会を逃すわけにはいかないでしょう。 そのため、王賁は罠を想定し、王翦の守りに専念する決断をした可能性が高いです。

河了貂は、もともと右翼から攻め込む戦略を練っていました。 飛信隊の本隊と羌瘣隊は個別に戦えるように訓練されており、個々の奇襲作戦も検討されていたでしょう。

李牧の出現により、より速やかに彼を討つため、本隊で奇襲を仕掛ける展開が考えられます。

Kingdom Temporada 3 Episódio 18 Spoilers, Data e Hora de Lançamento - capitulo.news

キングダムネタバレ最新話777話考察|王翦が誰かをスカウトする?

番吾の戦いで秦軍の総大将を務めるのは王翦ですが、彼は趙軍の将軍の中から誰かをスカウトする可能性が高いでしょう。

その理由は、過去の戦闘で王翦が敵将をスカウトした場面が多く見受けられたからです。

例えば、山陽の戦いでは魏軍の将軍である廉頗の部下で、強力な弓の名手である姜燕を圧倒し、最終的には自身の仲間に引き入れるために説得しました。

さらに、朱海平原の戦いでは、敵軍の総大将である李牧に対し、戦闘中でさえ「一緒に新しい最強の国を築ける」と誘ったことがあります。

今戦闘中の相手を仲間に誘う行動は、合理的な戦略を好む王翦の特徴と言えるでしょう。

どちらの場合も相手は驚き、断わりましたが、今回の戦いでも、王翦はためらうことなく、敵軍の中から優れた人材をスカウトしようとするでしょう。

キングダムネタバレ最新話777話考察|番吾城が陥落する?

番吾の戦いの最終目標は、番吾城を制圧することですが、史実に基づく情報から判断すると、秦軍が番吾城を陥落させる可能性は高いでしょう。

なぜなら、歴史的な記録によれば、秦軍は過去に狼孟城と番吾城を攻略したとされているからです。

現在、『キングダム』のストーリーにおいては、飛信隊が狼孟城を制圧したことが描かれており、番吾城も同様に、史実に則り、秦軍が制圧するであろうと考えられます。

番吾は地図上で見ると、趙の首都である邯鄲から北へ約170キロの位置にあり、現在の石家荘の近くにあたります。

秦にとって、番吾を手中に収めることは、趙攻略のための重要な拠点を手に入れることを意味し、そのために戦略的に重要視されているでしょう。

ただし、史実においては、番吾城の陥落後に秦軍が大敗を喫する出来事も記録されています。

番吾城の制圧後、秦軍が趙軍に対してどのように振る舞うのか、その展開に期待が高まりますね。

キングダムネタバレ最新話777話考察|キタリは、壁を救出する?

秦軍の左翼を支配する山の民軍の中で、キタリは別の目的を秘めているような気配を漂わせていました。

キタリは、戦況がある程度安定した時点で、番吾城に捕虜となっている壁へきを救出しに向かうつもりのようです。

その理由は、番吾の戦いが始まる前から、キタリは壁の安否を気にかけており、占いまで頼んでいたほどです。

キタリは戦局の成否よりも、壁の救出に心を奮い立てており、将来的に壁のために何か行動を起こすことは間遍くでしょう。

ただし、懸念されるのは、キタリが個人的に壁を救出しに向かうという点です。

戦場において単独で行動することは、敵の注意を引きやすく、キタリが壁を救出する前に趙軍の襲撃を受ける可能性が高まります。

楊端和も同様の懸念を抱いており、この不安が現実にならないことを祈るばかりです。

キングダムネタバレ最新話777話考察|亜光は李牧に討ち取られる?

うほんが「李牧の狙いは亜光ではないか?」と発言したように、李牧は実際に亜光を討ち取る可能性が高いでしょう。

その可能性は、王賁の言葉の後、李牧が亜光の前に姿を現した瞬間からも感じられます。

亜光は李牧の誘いが自分を狙ったものであることを理解しながら、それでもその誘いに立ち向かっていきました。

確かに、亜光軍の実力を考えると、容易に亜光が敗北することは考えにくいでしょう。

しかし、朱海平原の戦いを振り返ると、李牧は少数の軍勢で奇襲を仕掛け、秦軍の麻鉱を討ち取ったことがあります。

その戦闘で、秦軍は突然の有能な将軍の喪失と大きな損害を被りましたが、番吾の戦いでも李牧は同じ戦術を用いて、亜光を討つことを計画しているかもしれません。

Urutan Nonton Anime Kingdom

キングダムネタバレ最新話777話考察|趙中央には、罠が仕掛けられている?

趙中央軍の動きを見ると、中央に策略が織り込まれている可能性が高いでしょう。

その理由は、趙中央軍の行動が左右軍とはまったく異なるものであったからです。

左右軍は戦闘が直ちに始まりましたが、趙中央軍はしばらく静観しました。

そして、秦中央軍の進軍に合わせて移動しましたが、まだ戦闘に参加していません。

この行動を見て、趙中央軍が秦軍を罠に誘い込んでいる可能性が高いと考えられます。

おそらく、戦場の中央には落とし穴や落石などの罠が設置されており、趙中央軍は秦軍を誘い込むために突撃していない可能性があります。

中央に配置された軍は戦いの指揮官が指揮するものであり、そこを罠で壊滅させれば戦局を有利に進めることができるでしょう。

壁へきが、番吾には罠が仕掛けられていると言っていたように、この戦いにはある程度の大規模な罠が設置されているはずですが、それが中央に配置されている可能性が高いでしょう。

キングダムネタバレ最新話777話考察|信は袁環を倒す?

番吾の戦いで戦局を切り開くのは信ですが、最初の対戦相手は趙軍左翼の袁環です。

信と袁環の戦いにおいて、信が勝つ可能性は非常に高いでしょう。

飛信隊はこの戦いに向けて兵力を増強し、信自体も過去の厳しい戦闘を経て、著しい成長を遂げました。

一方、袁環は北部で宜安の守護を務める武将として知られていますが、これまで目立った戦果を上げておらず、信との実力差は明らかです。

信を指導する飛信隊は過去、狼孟城を一晩で制圧し、現在はさらなる勢いを持っています。そのため、袁環率いる宜安軍を難なく打ち破るでしょう。

ただ、李牧はこの状況を予想している可能性があります。

袁環の隣には趙遊軍を率いる李牧が控えているからです。

信の実力はすでに趙の将軍にも知れ渡っており、李牧もその実力を認識しているでしょう。

最右翼から左翼の番吾城を直接攻撃するほどの飛信隊の突破力に対して、なぜほぼ無名の袁環を配置し、その隣に李牧が待機しているのかと疑問が生じます。

李牧のような優れた戦略家であれば、飛信隊を軽視するはずはありません。

恐らく、李牧は飛信隊と宜安軍を戦わせることで、敵を甘く見させ、彼らを油断させようとしているのかもしれません。

おそらく、過去の狼孟城の戦いの成功を活かし、信たちに警戒心を持たせるための策略かもしれません。

いずれにせよ、信にとって、番吾城を制圧するまで一瞬たりとも油断できない戦いとなるでしょう。

Kingdom 4 – 22 - Lost in Anime

キングダムネタバレ最新話777話考察|壁は番吾の罠を作らされている?

番吾の戦いで注目されるのは、壁が語った言葉、「絶対に番吾を急襲しないでください。李牧の仕掛けた罠がすでに待っている」という点です。

李牧が番吾に仕掛けた罠の内容はまだ謎に包まれていますが、なぜ捕虜である壁が、その罠について知っているのでしょうか?

その理由は、おそらく壁自身が奴隷として李牧の計画に加担させられている可能性が高いからです。

壁の肉体労働に関する記述を見ると、大きな丸太を運んでいる場面が多く、深い溝のようなものも確認できます。

これから考えると、趙軍が番吾の北にある川を堰き止め、水攻めの計略を練っている可能性が高そうです。

さらに、これらの仕掛け作業を行うのは壁たち捕虜や秦軍の兵士であることから、彼らを活用して秦軍を水路へ誘導しようとしている可能性も考えられます。

このような非道な作戦が行われているとすると、壁たちもその仕掛けに協力することは自然なことかもしれません。

さらに、番吾には壁たちが知らない別の仕掛けがある可能性も考えられます。

771話では、李牧が家臣たちに、各城にいる将軍が出陣するよう命じています。

これからの展開から推測すると、趙軍は一か所に留まらず、複数の城に分散配置している可能性が高いでしょう。

番吾で壁たちが救出にやってきた場合、趙軍は三方向から攻め寄せ、秦軍を水路まで追い詰める戦術をとるかもしれません。

李牧の戦略的な頭脳であれば、こうした状況も考慮しているでしょう。

壁たちは果たして番吾の戦いで助かることができるのか、今後の展開が非常に注目されます。

キングダム 777話:どこで読むか

キングダム777は、2023 年 10 月 6 日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: キングダム776 RAW

👉今すぐ読む: キングダム777話 RAW

結論

関連名

Kingdom 777
Karalystė 777
المملكة 777
پادشاهی 777
کینگدام 777
キングダム 777
王者天下 777