Skip to content

キングダム 778話: 発売日、ネタバレ、どこで読むか

『キングダム』の第778話は新しい章と新たな戦いが始まることを示唆しています。この運命の再戦と戦闘は、長らく待ち望まれており、ファンたちはシンとその仲間たちが趙に復讐する瞬間を楽しみにしています。

しかし、今回はどうでしょうか?シンは、リボクの優れた知識、戦術、そして優れた軍事的配置にどのように立ち向かうのでしょうか?これはこの章で答えられるであろう最も一般的な質問の一部です。

キングダム 778話: 発売日

2023年11月16日(木)発売の週刊ヤングジャンプ(2023年49号)に掲載しているキングダムネタバレ778話の最新話確定速報をお届けします。ただし!キングダム は、2023 年11 月13日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

👉今すぐ読む: キングダム RAW

👉今すぐ読む: キングダム 786話 raw

👉今すぐ読む: ワンピース 1105 

👉今すぐ読む: 呪術廻戦249話 Raw English – Jujutsu Kaisen 249 Raw English

👉今すぐ読む: jujutsu kaisen 249 raw

キングダム 777話: 要約とレビュー

李牧は亜光の討伐を楽彰に頼んだけど、亜光が楽彰やフーオン、傅抵相手に戦っている状況が続いている可能性が高いと思うよ。

亜光の後方にいた予備兵たちが亜光の後についている状況から、楽彰たちも用心せざるを得ないけど、亜光はおそらく討たれても、誰かを道連れにする執念を見せて、ボロボロになりながらも楽彰を討つかもしれないと思うよ!

楽彰も実力者だけど、亜光が本気で戦えば、楽彰だけでは倒せないだろうし、相討ちでも討てば趙にとって痛手になると思うよ…

また、王翦の中央軍も現時点では王賁しか自由に動けそうではなく、王賁が亜光を救出に動くなら、それは趙にとって王翦の中央軍を脅かすチャンスになるはず…

亜光が李牧を討つために動いた時点で、秦軍は李牧の罠にはまった可能性が高いと思うけど、王翦は冷静であり、王翦自身も何かを狙っている可能性が高いと思うよ。王翦は亜光が討たれたなら、それを無駄にしないだろう…

また、亜光が今回の戦いを死の場所に選んだ可能性もあると思うよ。何か病気にかかっていたり、もう長くは生きられない状態を王翦も知っていて、王翦は亜光の判断を支持している可能性がある。だから、亜光は楽彰などを道連れにして、敵に打撃を与えて逝く可能性が高い気がする…!

この記事の紹介は以上です。最後まで読んでくれてありがとう!

L'anime Kingdom Saison 3, en Promotion Vidéo

キングダム 778話: ネタバレと予想

キングダム778話ネタバレ最新話の考察|河了貂の力量が試される

肥下の戦いで大敗を喫した秦国。

六大将軍の一人を失い、秦国にとっては非常にダメージの大きな戦いとなりました。

もちろん、敗北は河了貂の責任ではありませんが、この戦いから彼女は軍師としての経験を積むことができたことでしょう。

肥下の戦いから番吾の戦いまで、河了貂はほとんど姿を現しませんでした。

間を利用して、彼女は軍師としての腕をさらに磨いていたことでしょう。

番吾の戦いでは、飛信隊が約3万人に成長し、李牧の策略にはまらないように巧妙に指揮を執らねばなりません。

予測不能な趙軍の動きにも即座に対応し、指示を出さねばならないため、河了貂の真の力量が試される戦いとなりそうです。

キングダム778話ネタバレ最新話の考察|青歌軍の実力

司馬尚の軍は実力者揃いですが、これまで戦場にあまり現れず、謎の存在である青歌軍。

かつては青歌城から一歩も外へ出ず、将軍の司馬尚は李牧からの趙三大天の提案さえ拒絶したことでも知られています。

青歌軍の中でも特に注目すべきは、カン・サロという人物で、司馬尚に次ぐ強者として評価されています。

青歌軍は謎に包まれていますが、その個々の力が非常に強力であるため、秦軍も大きな苦戦を強いられることでしょう。

番吾の戦いにおいて、司馬尚率いる青歌軍の真の強さが明らかにされるかもしれません。

キングダム778話ネタバレ最新話の考察|秦側に裏切り者がいる?

宜安を攻めるフリをして、実際には番吾の城を狙った秦の策略。しかし、李牧には秦の真意が番吾の城を狙うことだと見透かされていた。

さらに、番吾が城壁の修復を求めていた点から、趙側が秦の狙いを察知していた可能性もある。

李牧がたまたま的中したのか、それとも何者かが趙に情報をリークしていたのか、真相は闇の中に隠れている。

キングダム778話ネタバレ最新話の考察|番吾の城の陥落

史実に忠実に追うと、番吾の戦において秦軍は全体的に大敗を喫しますが、とりあえず番吾の城は陥落させています。

戦闘が始まったばかりで、狼孟城と番吾の城をすでに陥落させているため、この部分は史実通りに陥落すると考えられます。

ちなみに史実を振り返ると、最初はこれらの城を陥落させて秦の領土を広げますが、後に趙軍によってこれらの城は奪還され、再び領土を奪われてしまいます。

キングダム778話ネタバレ最新話の考察|キタリの個人行動が目立つ!?

左翼を指揮する楊端和軍は、戦局においてキタリが個人行動に走らないかを懸念していました。

キタリは番吾の戦いを制するというよりも、壁を救いたいという熱い気持ちが先行しており、楊端和は個人で危険な行動を取らないかと心配しているようです。

楊端和の不安が現実のものとなり、軍隊が協力しなければならない状況で、キタリが個人行動に走り、制御を失ってしまう可能性はあるでしょう。

L'anime Kingdom Saison 3 part en pause à cause du Covid-19 - Adala News

キングダム778話ネタバレ最新話の考察|それぞれの遊軍

この戦闘において、秦と趙の双方に「遊軍」と呼ばれる特殊な軍団が存在しています。

具体的には、秦の遊軍は王翦の軍と飛信隊の中間に3万人の兵力を擁しております。

趙の遊軍は左翼の右側に約4万人の戦士たちが配置されています。

この遊軍たちはどちらの軍にも所属せず、独自の行動をとっています。

また、李牧が亜光を誘導する際に、この遊軍が彼に従って出動したと考えられています。

李牧の次なる策略がどのようなものかは不明ですが、この遊軍の活用タイミングが今後非常に重要となるでしょう。

キングダム778話ネタバレ最新話の考察|信VS司馬尚!?

この一連の出来事から、李牧の作戦目的は飛信隊の信を誘き出すことであると考えられます。

最大の目的は、信を討つことかもしれません。しかし、現在、李牧の側にはカイネと傅抵しかいません。

この二人だけでは信を討つのは難しいでしょう。

したがって、以前に所在の不明だった司馬尚が、信の前に現れる可能性が考えられます。

李牧は以前に「信は最も厄介な男」と発言しており、そのために司馬尚を信を討つために動かすことが最大の目的となるかもしれません。

キングダム778話ネタバレ最新話の考察|楚水の死

飛信隊は李牧のもとに向かう途中、二つの部隊に分かれています。

楚水隊と赤藨隊、いずれも騎馬部隊で、信と共に李牧討伐へと進んでいます。

もし、この段階で実力者として名高い司馬尚が登場すれば、信自身の生存が危ぶまれることとなります。

しかしながら、楚水隊と赤藨隊も信を守るために行動することでしょう。そのため、この二つの部隊が最初に攻撃を受ける可能性も高まります。

この中で、信と共に多くの死線を潜り抜けてきたベテランである楚水が最初に討たれる可能性が考えられます。

キングダム778話ネタバレ最新話の考察|李牧の狙いは飛信隊

李牧は、亜光を自身の元に誘き寄せることに成功しました。

しかし、亜光の勢いが李牧の予想以上に強力だったのか、確かではありませんが、李牧は撤退しました。

亜光は趙軍の将軍たちによって行く手を遮られ、李牧の所へ到達できませんでした。

その後、李牧の撤退経路に飛信隊が存在することが明らかになりましたが、李牧が飛信隊の近くを通って撤退したことは、最初から飛信隊を狙っていた可能性があるかもしれません。

李牧の狙いが最初から飛信隊であり、亜光を誘き寄せて飛信隊と分断するために意図的に行動した可能性も考えられます。

キングダム778話ネタバレ最新話の考察|亜光は無事退避する?

李牧の誘いに乗った亜光は、フーオン・楽彰・傅抵の攻撃を受けていましたが、傅抵は李牧と撤退しているので、亜光のもとにいるのはフーオン・楽彰の2人になります。

李牧がいなくなった今、亜光も一旦立て直すために撤退するのではないでしょうか。

撤退もそう簡単にはいかないと思われますが、フーオン・楽彰の2人であればどうにか逃げきれるのではないかと予想します。

キングダム 778話:どこで読むか

キングダム778は、2023 年 10 月 13 日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: キングダム777話 RAW

結論

関連名

Kingdom 778
Karalystė 778
المملكة 778
پادشاهی 778
کینگدام 778
キングダム 778
王者天下 778