Skip to content

サカモトデイズ 131話: 発売日、ネタバレ、どこで読むか

次の週になるまで、『坂本ですが?』第131話を待たないといけません。なぜなら、週刊少年ジャンプ誌に掲載される他の漫画も、日本の夏祭りのために1週間延期されるからです。

最近の話で、『坂本ですが?』は連続アクションと血みどろのシーンで盛り上がっています。第130話では、バンコク編の結末が描かれているようです。第130話は、坂本が自分の疑念を確認し、卯月が赤尾のように振る舞っているのか、それとも実際に赤尾が彼の体に入っているのか、という疑問を持っています。

それに対して、卯月の体に赤尾が入っているとされる人物である赤尾は、坂本がその状況を理解するのにそんなに時間がかかるのか、と答えます。

この状況がシリーズ内で重要な戦いを引き起こし、シリーズでも最高のアクションが展開されます。この戦いは、リオン・赤尾を失ったという感情とトラウマを深く探求しています。カシマと赤尾(卯月の体に入った)の間で激しい戦いが勃発し、カシマは赤尾が主人の体を汚したために怒り狂っています。

サカモトデイズ131話: 発売日

この記事ではサカモトデイズの第131話についてネタバレ解説します。
(サカモトデイズの第131話は2023年8月14日のジャンプで連載予定です。)

サカモトデイズ131話: ネタバレと予想

有月が赤尾リオンの人格を持っているのはなぜ?

有月は学生時代、元々は目立たない殺し屋の学生としてサカモトたちと共に活動していました。

空間把握能力の高い有月は、赤尾リオンと一緒に行動することが多かったようです。

👉今すぐ読む:サカモトデイズ131話 Raw  

有月が赤尾の行動や戦闘技術を観察する機会は他の二人よりも多いと思われます。

そのため、有月ほど殺しのセンスが高ければ、赤尾の行動を真似しようと考えることもあります。

したがって、有月が赤尾リオンの人格を持っている理由は、 赤尾の行動を真似できる能力を持っている可能性や、赤尾の最後を経て二重人格が現れた可能性が考えられます。

赤尾リオンの最後は?

赤尾リオンは有月から離れて南雲と坂本に行ってしまいました。

赤尾の行方を知っているのはおそらく有月だけだと思われます。

有月は裏でORDERの抹殺を担当していましたが、赤尾にそれがばれてしまったのかもしれません。

そのターゲットが戦闘不能になったことを知らずに、赤尾がその代わりに標的にされた可能性もあります。

ただ、他にもいくつかの要素が考えられます。

有月の周りに仲間がいた可能性や、赤尾と何か条件を交わした可能性、赤尾の寿命など、いろいろです。

どれにしても、坂本や南雲、晶たちが知らない赤尾リオンの結末が近いうちに明らかになることでしょう。

👉今すぐ読む:サカモトデイズ131話 Raw  

有月が8年経った後に出てきた理由は?

有月は坂本との戦いで敗れ、死んだと思われていましたが、意外にも殺連の抹殺を目指して”スラー”と名乗って再登場しました。

その間、彼が何をしていたのかは疑問です。

現時点では仲間たちは同じ施設の人々が中心のようですが、8年もの間に仲間を集めるということは考えにくいし、

一方で、殺連を壊滅させるために8年もの計画を練るほどの事情も感じられません。

何か特定の目的があって8年もの間に潜んでいたと考える方が自然でしょう。

加えて、赤尾リオンの関与があると、かなり熱い展開が待っていそうですね!

この部分についても、近い将来に明らかになる可能性が高いです。

ORDERの動向は?

有月たち、特にスラー(有月)は殺連とORDERを壊滅させるために行動しています。

最新話の近辺では、豹がクマノミに倒されたことが南雲に報告されました。

これによって、南雲や神々廻、大佛たちがスラー(有月)を討つために動く可能性があります。

👉今すぐ読む:サカモトデイズ131話 Raw  

ただし、南雲は特に有月のリオン人格に対しては混乱するかもしれません。

坂本は冷静な対応を見せていましたが、南雲の対応がどうなるかが注目ですね。

また、ORDERも全勢力を結集して動く可能性も考えられます。

https://twitter.com/Otaku_raw/status/1689908383003119616

有月たちが動き出す!?

ORDERの豹を討伐したことで、有月たちの大規模な行動が本格化しそうです。

仲間が今後ますます増えるとの情報もあり、有月たちは着実に組織を整えていくことになるでしょう。

有月は信頼する仲間たちを引き連れて、殺連との全面戦争に向けて準備を進めている最中です!

赤尾リオンが生きている可能性は?

赤尾リオンの死についてはまだ明確ではなく、謎めいた部分が残っています。

南雲が赤尾リオンの遺体を目にしたことから、彼女の死亡が示唆されています。

しかしながら、有月が赤尾リオンの人格を持っていることから、赤尾リオンの存命説も出ています。

ただし、最終的には死亡した可能性が高いでしょう。

もし生存していると仮定すると、有月=赤尾リオン、スラー=赤尾リオンという複雑な事態になります。

しかしながら、南雲が赤尾リオンの遺体を目にしたのは、坂本が有月を倒す前の出来事です。

👉今すぐ読む:サカモトデイズ131話 Raw  

この時点では赤尾が有月になることはあり得ません。

もし彼女が生存していると仮定するなら、本物の有月と何らかの合意がある可能性があります。

また、赤尾リオンがなぜ殺連とORDERの撲滅を目指しているのかも疑問です。

興味深い部分がますます増えてきています。

サカモトデイズ130話: 要約とレビュー

前回の章では、シンが卯月に自分の身元について尋ねたことから物語が始まりました。これに怒った宇月は、長い間待っていたことや面会を早めるために坂本に8万ドルの賞金をかけていたことを明かしました。

鹿島は卯月の動機が傷つけられたことに怒りを感じているようでしたが、攻撃しようとした際、アキラに腕を切りつけられました。アキラは叔母に再会できることに喜びを感じつつも、坂本が説明するところによれば、卯月の第二人格はリオンではないということが判明しました。実際には、彼はリオンの無生命な体を見ていたのです。

 

坂元たちと鹿島との攻防は続きましたが、鹿島はやがて制圧されてしまいます。彼は卯月と共に新たな公正な世界を築くことを望んで加わっていましたが、最近の展開に混乱していました。自身の体が壊れてしまったため、彼は自爆テロ犯として最期を選びました。

一方、天音は足が速く、装置を切り取ることに成功しましたが、鹿島が別の爆弾を隠していたことが判明しました。坂本がその問題に対処している間、卯月は状況を利用してアキラを誘拐し逃走しましたが、後で坂本に説明することを約束しなかったのです。

サカモトデイズ131話:どこで読むか

多くのサイトで『サカモトデイズ』の印刷物が入手可能ですが、公式サイトからマンガを読むことが一番おすすめです。最新の第131話を読むには、読者は少年マガジン・週刊ヤングジャンプ・集英社の公式サイトをチェックしてみてくださいね!

結論

『坂本ですが?』は、第131話で最も重要な展開が始まります。赤尾にまつわる謎が近々解明される予定です。第131話の発売日は2023年8月21日で、夏祭りのための休載後です。このアクションコメディ漫画は、まもなく新たな高みに向かうことでしょう。

『坂本ですが?』は2週間後に戻ってきますので、その間に第130話を読むことができます。第131話はまだ序盤かもしれませんが、すぐにペースを加速させていくことでしょう!

👉今すぐ読む:サカモトデイズ131話 Raw  

関連名

Sakamoto Days 131
Sakamoto (SUZUKI Yuuto) 131
SAKAMOTO -サカモト- 131
Дни Сакамото 131
أيام ساكاموتو 131
साकामोतो डेज 131
サカモトデイズ 131
坂本 DAYS 131
사카모토 데이즈 131