Skip to content

僕のヒーローアカデミア 394話:発売日、プレビュー、どこで読めるか

『僕のヒーローアカデミア』は最近、393話で復活し、読者はトガと麗日を中心にした素晴らしく感動的なチャプターを楽しむことができました。このチャプターは、これらのキャラクターにとって間違いなく重大なものでしたが、彼らのストーリーアークの結末はまだ訪れていません。今読者たちが注目しているのは、『僕のヒーローアカデミア』394話であり、彼らが探していたすべての答えがここで明らかにされる可能性があります。

目次

僕のヒーローアカデミア 394話: 発売日

『僕のヒーローアカデミア』のファンたちは、2023年7月17日に発売される第394話のリリースを熱望しています。この大いに期待されているチャプターは、『僕のヒーローアカデミア』のストーリーラインにおいて重要なポイントを示しており、ファンたちは次に何が起こるのかを楽しみにしています。第394話で何が起ころうとも、ファンは失望することはないでしょう。

僕のヒーローアカデミア 394話: ネタバレと予想

ヒロアカ394話ネタバレ最新話の考察|トガの個性に限界が来る?

トガがお茶子に真実の想いを打ち明けられ、涙を流す場面が描かれました。

これまで否定され続けてきたトガの笑顔をお茶子が肯定した言葉は、トガの心に大きな揺れをもたらしたのではないでしょうか。

トガはこれまで強力な個性を持ち、限界を超えて戦ってきましたが、その使用限度や時間も既に超えていると考えられます。

ヒーローに対する憎しみが彼女を限界突破させてきましたが、今回の精神的な揺れによって、限界に直面する可能性もあるでしょう。

また、お茶子の個性が覚醒したことにより、数的有利も意味をなさなくなっています。

これまで暴れまわっていたトガの分身も、とうとう消えてしまうのではないかと思われます。

ヒロアカ394話ネタバレ最新話の考察|トガヒミコの個性は苦悩から生まれた?

幼少期からトガは他の人とは異なる人格や感覚を持っていました。

特に血に対する執着心は早くから存在し、両親はトガを「普通の子供」になるように矯正しようとしていたようです。

しかし、トガにとって他の人が「普通」と言うものは理解できませんでした。

自分らしくいることが認められないと感じたトガは、結果として自分自身ではない存在になろうとしたのかもしれません。

このことについては、蛙吹を襲った際にキュリオスが後ろから囁く描写で説明されています。

自分を抑え、自分ではない存在になろうとしたことが、トガの現在の個性「変身」に繋がったのかもしれません。

ヒロアカ394話ネタバレ最新話の考察|お茶子トガに受けた傷が致命傷になる?

お茶子とトガの対決が続いている現在。

トガの刃物がお茶子の腹部に突き刺さり、お茶子が口から血を吐いている描写から、彼女は深刻な傷を負っていると思われます。

お茶子はトガを救いたいという思いを強く抱き、たとえ自分がボロボロになろうともトガに立ち向かい続けるでしょう。

彼女は爆豪にも立ち向かい、諦めない精神を持っていますから。

ただし、大きな怪我が彼女に影響を与える可能性もありますので、終結後に命が危険な状態に陥るかもしれません。

ヒロアカ394話ネタバレ最新話の考察|荼毘戦終了で凍焦は一時戦線離脱

荼毘の爆発を全身全霊をかけて止めることに成功した凍焦。

最大のピンチを切り抜けたこともあり、その場に倒れ込んでしまった。

現在も倒れている様子が確認でき、意識がない状態と思われる。

個性を限界を超えて使ったこともあり、一時的に戦線離脱することになるのではないだろうか。

同じ場所にいるエンデヴァーは、ボロボロの状態であり、怪我の度合いも尋常ではないため、さらなる戦いへの参戦は難しいだろう。

ヒロアカ394話ネタバレ最新話の考察|ホークスは個性を奪われた?

オール・フォー・ワンとの戦いに敗れた後のホークスの姿の最新状況が明らかになった。

体はボロボロの状態で意識も朦朧としており、武器を握りしめただけで立っている。

足元には常闇らしき人影が横たわっている。

ここで気になるのは、二人の個性の行方である。

オール・フォー・ワンは常闇の個性を奪う宣言をしていた。

ホークスも首を掴まれ、個性を奪われかけた。

あの状況と現在の状況から、個性を奪われてしまった可能性が高いと思われる。

ヒロアカ394話ネタバレ最新話の考察|雄英高校ヒーロー科2年生が登場する?

過去に相澤先生が担任し、一度は全員除籍・復籍をされたヒーロー科2年生の生徒が登場する可能性が考えられる。

単行本26巻で相澤先生、マイク、そして白雲朧の過去が描かれた際、おまけページにて不和真綿という生徒が紹介されていた。

これにより、ヒーロー科の2年生が初めて登場していることが分かる。

また、今後の出番について「ありますよ!!」と記載されている。

現在の戦いの中で、ヒーロー達は疲弊しきった状況の中で戦い続けている。

そんな状況を打破する一手として、これまで描かれてこなかったヒーロー科2年生の活躍が描かれる可能性がある。

ヒロアカ394話ネタバレ最新話の考察|哀れな死の行進を止めるカギは夜嵐イナサ?

哀れな行進を止めるためには本体であるトガヒミコを押さえるのが確実だ。

しかし、その間も増えたトゥワイスによる攻撃が続いており、ヒーロー達は苦戦を強いられている。

ここで大きな活躍が期待されるのは夜嵐イナサではないだろうか。

オール・フォー・ワンとの戦いに参戦していたイナサだが、爆発的な攻撃を受けて現在の所在は不明だ。

しかし、荼毘の戦いが終わったことで、群訝山荘跡で繰り広げられているトガヒミコとの戦いに再び参戦する可能性がある。

イナサの個性であれば、増えたトゥワイスを排除するのに大きな効果を持つだろう。

それによってお茶子はトガヒミコとの1対1の戦いに集中できるのではないか。

ヒロアカ394話ネタバレ最新話の考察|家族に見守られながら荼毘死亡

荼毘戦がクライマックスを迎えている状況だ。

両親と荼毘全員が爆発で死んでしまうことは、話の展開的に考えにくいと思う。

荼毘自身は描写の状況から下半身が燃え尽きていない様子がある。

炎が止まったとしても、命を救うことは難しいと考えられる。

荼毘自身の暴走を轟家で無事に止め、うっすらと燈矢の意識が戻った荼毘を両親と夏雄、冬美、焦凍が見守りながら、荼毘は息を引き取るのではないだろうか。

ヒロアカ394話ネタバレ最新話の考察|オールマイトが死亡する?

オールマイトが単身でオール・フォー・ワンの前に立ちはだかった。

しかし彼はサポートアイテムらしきものを持っているとはいえ、無個性のままの状態だった。

その状況がどれほど無謀なことか、塚内警部の必死の叫びが物語っている。

そんな状態のオールマイトを見つけたオール・フォー・ワンの表情はあまりにも恐ろしいものだった。

優秀なサポートアイテムだとしても、巻き戻しによる攻撃が意味をなさないオール・フォー・ワンを一人で食い止めることは難しいのではないだろうか。

個性もない状態であり、お互いに因縁の相手であることから、オール・フォー・ワンは本気でオールマイトを殺そうとするだろう。

サー・ナイトアイの予知もあるので、このままでは本当の意味で平和の象徴がいなくなってしまう可能性がある。

ヒロアカ394話ネタバレ最新話の考察|爆豪が復活し戦闘に参戦

死柄木との戦闘で心臓に穴が開いてしまい、戦闘不能となっていた爆豪。

エッジショットの応急処置により、おそらく最悪な状況は脱していると考えられる。

さらに救命措置として、リカバリーガールやエリちゃんの個性により治療を受けていたと思われる。

身を挺して爆豪の体に入ったエッジショットの存在と、デクの幼馴染であり、永遠のライバルである爆豪の立ち位置的に、彼が死亡するとは考えにくい。

そのため、現在ヒーロー側にとって絶望的な状況にあるこのタイミングで、完全復活した爆豪が戦闘に復帰する可能性があると思われる。

ヒロアカ394話ネタバレ最新話の考察|デクの父親が登場する

海外ヒーローへの応援要請や、日本で繰り広げられている戦いの様子が海外にも発信されている現在。

それによる影響が少しずつ出てくると考えられる。

その一つとして海外に出張中とされるデクの父親、緑谷久の登場があるのではないか。

本作ではほとんど情報が出ていないキャラクターだが、出張先でもこの戦いについて報道されているはずだ。

そしてその中心に自分の息子がいるわけだから、行動を起こす可能性が高い。

ヒロアカ394話ネタバレ最新話の考察|ザ・クロウラーが参戦?

海外ヒーローの登場が期待されている中で、ザ・クロウラー(灰廻航一)という存在が注目されている。

彼はスピンオフ作品「ヴィジランテ」の主人公であり、その後アメリカで活動しているとされるキャラクターだ。

彼はかつて日本で活躍していたヒーローであり、相澤先生やエンデヴァー、ベストジーニストなどとも縁がある。

「ヴィジランテ」の中で最強キャラとして戦っていた彼が参戦すれば、苦戦していた戦況を一気に覆すことができるだろう。

ヒロアカ394話ネタバレ最新話の考察|世界のヒーローが参戦する?

報道記者の中継により、最終決戦の様子がますます多くの人々に伝わっています。

スターアンドストライプの参戦と敗北後、彼と共に戦っていた仲間たちも声を上げています。

各国の政府が死柄木やOFAに恐れを抱いている中、世界のトップヒーローたちも自らの意志で参戦することが期待されています。

本誌の中ではまだほとんど世界のヒーローたちが登場していませんが、映画では数人が登場しています。

そんな彼らの参戦が本誌の中でも描かれることを期待しています。

ヒロアカ394話ネタバレ最新話の考察|映画登場キャラも参戦する?

最終決戦の状況を見守る中、注目すべき人物がいくつか存在しました。

例えば、「ワールド ヒーローズ ミッション」に登場したロディの弟ロロと妹ララ。

また、「ヒーローズ ライジング」に登場した真幌と活真。

そして、「2人の英雄(ヒーロー)」に登場したメリッサ。

彼らの姿はまだ確認されていませんが、ロディやメリッサがサポーターとして登場する可能性も考えられます。

メリッサの父親はかつてオールマイトの相棒であり、メリッサ自身は無個性ですがサポートアイテムの開発に携わっています。

ロディも自身の個性は強くありませんが、映画で語られた彼の夢が実現し、飛行機に乗って登場する可能性もあります。

ヒロアカ394話ネタバレ最新話の考察|ステインが参戦する

オールマイトの時間制限つきの復活が予想されますが、その際にステインが参戦する可能性もあります。

ステインは唯一オールマイトを真のヒーローと認めており、彼の無力さに打ちひしがれるオールマイトを励ましていました。

現在は姿を消しているステインですが、唯一認める男の復活となれば再び姿を現すかもしれません。

また、個性が血液に関係するトガヒミコとの戦闘も展開される可能性が考えられます。

僕のヒーローアカデミア 393話: 要約とレビュー

浦おととがとトガとの対立は、森の訓練編から始まり、長期にわたって続いています。彼らの遭遇の中で、対立する思想はますます激しさを増しています。この緊張は、ファイナルウォー編で頂点に達し、二人が決定的な戦いを繰り広げます。

前回の章の出来事とマンガ全体の雰囲気から判断すると、次の戦いではキャラクターたちの感情が掘り下げられ、互いの信念を伝えようとする様子が描かれるでしょう。浦おととはトガを理解しようと何度も言葉をかけていますが、ヴィランはそれを一貫して拒絶しています。

次回の『僕のヒーローアカデミア』の第393章では、浦おととがトガと対峙したり、自身の幼少期の苦難の経験を共有したりする可能性があります。具体的な展開は予測が難しいですが、次の章では多くの対話、対立する信念、そして感情の深みが描かれることでしょう。

前章で浦おととが負傷していますが、それが次回の章での参戦を妨げることはないかもしれません。トガの心境はますます絶望的で不安定になっており、彼女の真の力の発揮につながる可能性もあります。これらの展開以外については、次に起こることを予測するのは困難です。

僕のヒーローアカデミア 394話:どこで読むか

『僕のヒーローアカデミア』というマンガシリーズは、世界中のファンから絶大な支持を受けています!もしオンラインでこのエキサイティングな作品を読みたいなら、週刊ヤングジャンプが最適です。

このウェブサイトでは、『僕のヒーローアカデミア』マンガのファンは、新刊が日本語で公開された直後に正確な翻訳を読むことができます。

週刊ヤングジャンプは頻繁に更新され、使いやすいインターフェースを備えているため、あらゆる年齢層の読者に最適です。だから、『僕のヒーローアカデミア』を読むための安全で信頼性のある情報源をお探しの場合は、ぜひ週刊ヤングジャンプをチェックしてみてください!

結論

『僕のヒーローアカデミア』の第394章が、みんなが待ち望んでいた中でついに終わりました。ファンたちは物語がどう展開するのかを楽しみにしており、期待を裏切らない内容でした。章の冒頭ではマキアがAFOを襲い、トコヤミが迅速にマキアがシンソウによって動かされていることを見抜きました。戦いは続き、多くのものが賭けられていました。

チームと演技指導の教官は、ミッションを素晴らしい仕事で遂行し、壊我での戦いを制御するために鬼徹高校の生徒たちが加わりました。複雑で陰鬱な戦いでしたが、チームは勝利しました。全体的に『僕のヒーローアカデミア』第393章の結末はエキサイティングで、ファンたちはますます期待を抱くことになりました。

関連名

Boku no Hero Academia 394
Boku no Hiiroo Akademia 394
Học viện anh hùng 394
Kahramanlık Akademim 394
Mano herojų akademija 394
Mitt Helteakademia 394
My Hero Academia 394
My Hero Academia: Akademia Bohaterów 394
Моя геройская академия 394
אקדמיית הגיבורים שלי 394
أكاديمية بطلي 394
فێرگەى پاڵەوانەكەم 394
मेरो हिरो एकेडेमिया 394
ഹീറോ അക്കാദമി 394
มายฮีโร่ อคาเดเมีย 394
มายฮีโร่อคาเดเมีย 394
僕のヒーローアカデミア 394
我的英雄学院 394
我的英雄學院 394
나의 영웅 아카데미아 394
나의 히어로 아카데미아 394
ヒロアカ 394