Skip to content

僕のヒーローアカデミア 397話:発売日、ネタバレ、どこで読むか

待ち望んでいたオールマイトとオール・フォー・ワンの熱い対決が幕を開け、ファンたちは今度は『僕のヒーローアカデミア』397話の登場を熱望しています。オールマイトの強烈な攻撃が終わり、次の章ではオール・フォー・ワンの反撃がどう展開されるのかが気になるところです。『僕のヒーローアカデミア』397話のネタバレについてのいくつかの憶測があります。

残念ながら、『僕のヒーローアカデミア』397話の発売が1週間遅れることとなりました。この延期はお盆の休暇に起因しており、集英社の週刊少年ジャンプの一時休止によるものです。ここで連載が行われている雑誌がお盆休みを取るため、これは通常の堀越耕平先生の休載とは別です。

幸いなことに、この休止は比較的短いもので、わずか1週間の間だけです。そのため、雑誌が通常の発売スケジュールに戻る際、ファンたちは長い間待つことなく物語の展開を楽しむことができるでしょう。

『僕のヒーローアカデミア』397話の具体的なストーリー展開はまだ不確かですが、予想外のプロットの展開がない限り、主に2つの道筋が考えられます。

僕のヒーローアカデミア397話: 発売日

2023年8月21日(月)発売の週刊ジャンプ(2023年38号)に掲載されているヒロアカ397話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

👉 今すぐ読む: ヒロアカ 397話 raw 

僕のヒーローアカデミア397話: ネタバレと予想

ヒロアカ397話ネタバレ最新話の考察|サーナイトの予知

単身でオール・フォー・ワンの前に立ち向かうオールマイト。

しかし、彼はサポートアイテムのようなものを手にしているにもかかわらず、無個性のままでした。

この状況がどれほど無謀なことか、塚内警部の必死の叫びが物語っています。

そんなオールマイトを見つけたオール・フォー・ワンの表情は、あまりにも恐ろしいものでした。

優れたサポートアイテムだとしても、攻撃が巻き戻しによって無効化されるオール・フォー・ワンを一人で食い止めるのは難しいのではないでしょうか。

個性を持たない状態であり、お互いに因縁のある相手であるため、本気でオール・フォー・ワンはオールマイトを殺そうとするでしょう。

サー・ナイトアイの予知も考慮すると、このままでは真の意味での平和の象徴が消えてしまうかもしれません。

しかしながら、その予知とは異なる未来も考えられます。

デク自身がサー・ナイトアイの予知を一度覆していることや、オール・フォー・ワンが予測していなかった死柄木の覚醒があるからです。

さらに、オールマイト自身も自らの意志で運命を変えてみせると宣言しています。

これらの要因が予知に大きく影響する可能性があります。

ヒロアカ397話ネタバレ最新話の考察|映画登場キャラも参戦する?

最終決戦の様子を見る人々の中には、注目すべきキャラクターがいくつか存在しました。

まずは映画「ワールド ヒーローズ ミッション」に登場したロディの弟であるロロと妹のララ。

そして映画「ヒーローズ ライジング」から登場した真幌と活真。

さらに映画「2人の英雄(ヒーロー)」から登場したメリッサもいます。

そして再び繰り広げられるオールマイトとオール・フォー・ワンの戦いを、モニター越しに見守るメリッサが登場しました。

メリッサの父親はかつてオールマイトの相棒であり、メリッサ自身は無個性ながらもサポートアイテムの開発を手掛けています。

今使用されているアイテムも、おそらくはメリッサが準備したものでしょう。

メリッサの登場により、他の映画キャラクターも登場する可能性が高いと予想されます。

ロディ自身は強力な個性は持っていませんが、映画で語っていた夢を叶え、飛行機に乗って登場するのかもしれません。

ヒロアカ397話ネタバレ最新話の考察|世界のヒーローが参戦する?

報道記者の中継により、ますます多くの人々に最終決戦の光景が伝えられています。

スターアンドストライプの参戦と敗北の後、彼と共に戦った仲間たちも声を上げています。

各国政府が死柄木やOFAに対して恐れを抱いている中、スターのように自らの意志で戦場に赴く世界のトップヒーローが現れるかもしれません。

本誌の中ではほとんど世界のヒーローが登場していないものの、映画ではいくつかのキャラクターが姿を現しています。

そして現在、無個性の状態にあるが故にオール・フォー・ワンと対峙するオールマイトの姿も描かれています。

オールマイトが口にする”縁”がつながり、本誌や映画で登場したプロヒーローたちの共闘が見られるのではないかと期待されます。

https://twitter.com/Otaku_raw/status/1690951757978112000

ヒロアカ397話ネタバレ最新話の考察|家族に見守られながら荼毘死亡

焦凍によって自身の爆発が食い止められた荼毘。

現在、炎はほぼ消えており、エンデヴァーと焦凍と共に倒れています。

意識は保たれているようですが、描写から判断すると荼毘の下半身はまだ燃え尽きていない様子です。

この状況では治療が難しいでしょう。

せめて、荼毘が背負ってきた苦しみを轟家の全員で分かち合い、燈矢として最後の時間を過ごすことができるのではないかと思われます。

ヒロアカ397話ネタバレ最新話の考察|凍焦は一時戦線離脱

荼毘の爆発を全身全霊をかけて止めることに成功した焦凍。

この最大の危機を切り抜けた結果、焦凍はその場に倒れ込んでしまいました。

現在も倒れている様子が見受けられ、意識は失われている状態であると思われます。

焦凍は個性を限界以上に使ったことで疲弊しており、しばらくの間戦線を離れることになるでしょう。

同じ場にいるエンデヴァーもボロボロの状態であり、怪我の程度もひどいため、彼の再び戦闘に参加する可能性は低いと考えられます。

ヒロアカ397話ネタバレ最新話の考察|瀬呂達とギャシュリー戦闘が描かれる?

国立多古場競技場には瀬呂、砂藤、尾白の3人が現在滞在していますが、彼らの戦闘はまだ描かれていません。

この3人が対戦する相手として、以前KUNIEDAと共に名前が挙がったヴィラン、ギャシュリーが考えられますが、ギャシュリーに関する詳細はまだ分かっていません。

おそらく、これからこの3人とギャシュリーの戦闘が描かれる可能性が高いでしょう。

また、轟が荼毘を確保した情報が共有された際、瀬呂が示した反応の理由も気になるポイントです。

ヒロアカ397話ネタバレ最新話の考察|爆豪が復活し戦闘に参戦

死柄木との戦闘で心臓に致命的な傷を負い、倒れてしまった爆豪。

エッジショットの応急処置によって、最悪の状態は避けられたと考えられます。

さらにリカバリーガールやエリちゃんの個性による救命処置を受けた可能性も高いです。

エッジショットが身を挺して爆豪の治療に当たったことや、デクの親友であり永遠のライバルである爆豪の位置から、彼の死亡は考えにくいです。

爆豪はかつて死柄木に誘拐された経験があり、また因縁の相手でもあります。

死柄木とデクの戦いの中で、デクがピンチに陥った際に完全復活した爆豪が再び戦いに復帰する可能性は高いと思います。

ヒロアカ397話ネタバレ最新話の考察|トガヒミコの個性は苦悩から生まれた?

もしも私がオタクだったら、上記の文章をこう書き換えるかもしれません:

トガの性格や感覚は子供の頃から周りと異なっていました。

特に血への異常な執着心が、その当時からあったようで、彼女の両親はそれを「普通の子供」に戻そうと努力していました。

しかし、トガにとって「普通」が理解できなかったのです。

自分自身を理解してもらえないと感じた彼女は、その結果、自分ではない誰かになろうと試みたのかもしれません。

このことは、蛙吹を襲撃した時にキュリオスが彼女に囁いた言葉から分かります。

自己を隠し、別の姿に変わろうとしたことが、今の彼女の個性「変身」に繋がったのかもしれません。

ヒロアカ397話ネタバレ最新話の考察|ホークスは個性を奪われた?

オール・フォー・ワンとの壮絶な戦いの後、ホークスの最新の状態が明らかになりました。

彼の体はボロボロで、意識も曖昧な状態です。しかし、それでも武器を握りしめ、ただ立ち尽くしている姿が見られます。

彼の足元には、まるで常闇のような人影が横たわっていました。

この状況の中で気になるのは、ホークスと常闇の個性の行方です。

オール・フォー・ワンは以前、常闇の個性を奪うと宣言していました。

また、ホークスは彼によって首を掴まれ、個性を奪われる危険にさらされました。

以前の状況と現在の状態を考えると、個性を奪われてしまった可能性が高いと思われます。

ヒロアカ397話ネタバレ最新話の考察|雄英高校ヒーロー科2年生が登場する?

過去に相澤先生が担任として関わり、一度は全員が除籍された後に復籍したヒーロー科2年生の生徒たちが登場する可能性が考えられます。

単行本26巻では、相澤先生、マイク、そして白雲朧の過去が描かれた際、おまけページには不和真綿という生徒の名前が登場しました。

このおまけページでヒーロー科の2年生たちが初めて紹介されました。

そして、今後の出番について「ありますよ!!」との記述があります。

現在の戦いの中で、ヒーローたちは疲弊しきった状態で戦い続けています。

このような厳しい状況を打破するために、これまで描かれてこなかったヒーロー科2年生たちの活躍が描かれるのではないかと期待されます。

ヒロアカ397話ネタバレ最新話の考察|デクの父親が登場する

現在、海外ヒーローへの応援要請や、日本で繰り広げられている戦いの模様が海外にも広まりつつあります。

これによって徐々に影響が広がっていくことが予想されます。

その中で特に注目すべきは、デクの父親である緑谷久の登場です。

作中ではあまり詳しい情報が描かれていないキャラクターですが、海外出張中でもこの大規模な戦いについて報道が届いているはずです。

しかも、その戦いの中心には自身の息子がいるという事実。

この情報を知った彼が何らかの行動を起こす可能性は高いと言えるでしょう。

ヒロアカ397話ネタバレ最新話の考察|ザ・クロウラーが参戦?

海外ヒーローの登場に対する期待が高まる中、注目すべき存在としてザ・クロウラー(灰廻航一)が挙げられます。

彼はスピンオフ作品「ヴィジランテ」の主人公として活躍し、その後アメリカに拠点を移し、そこで活動しているキャラクターです。

かつては日本で活躍していたヒーローであり、相澤先生やエンデヴァー、ベストジーニストといったキャラクターとも縁があります。

「ヴィジランテ」の中で最強キャラとして名を馳せていた彼の参戦が実現すれば、現在の苦しい戦局を一気に覆す可能性があります。

ヒロアカ397話ネタバレ最新話の考察|ステインが参戦する

オールマイトの制限つき復活が予想される中、そのタイミングでステインの登場があるかもしれません。

ステインは真のヒーローとしてオールマイトを唯一認めており、オールマイトが力を失い自分の無力さに落胆していたときでも、ステインは彼を励ましたことが描かれています。

現在は姿を消しているステインですが、唯一認めた男の復活があれば再び姿を現す可能性も考えられます。

また、血液に関する個性を持つトガヒミコとの戦闘も期待されるシーンの一つかもしれません。

僕のヒーローアカデミア396話: 要約とレビュー

前回のヒロアカで、オールマイトとオール・フォー・ワンの戦いの場面へ移行しました。

無個性のまま、パワードスーツとサポートアイテムを身につけた状態で、オールマイトはオール・フォー・ワンに立ち向かいます。

オールマイトの通常の笑顔を見て、苛立ちを隠さないオール・フォー・ワンは、容赦ない攻撃を仕掛けます。

様々な縁から得たものを全てぶつけると宣言し、オール・フォー・ワンに対して反撃の一撃を放ちました。

その姿は、現役時代のオールマイトのような雰囲気を醸し出していました。

果たして無個性の状態のオールマイトは、オール・フォー・ワンに打ち勝つことができるのでしょうか?

僕のヒーローアカデミア397話:どこで読むか

僕のヒーローアカデミア 397話は2023年8月21日に公開予定ですが、先読みは2023年8月16日にotakuraw.comで公開予定です.

結論

『僕のヒーローアカデミア』の397話、みんなが待ち望んでいたあの話、ついに読み終わりました。ファンたちは物語の展開にワクワクし、期待に裏切られなかったようです。

このチャプターの冒頭で、マキアがAFOに襲いかかり、トコヤミはすぐに心操がマキアに命じたことだと気づきました。バトルは続き、かなりの重要な展開がありました。

複雑でダークな戦闘だったにもかかわらず、チームは勝利しました。全体的には、『僕のヒーローアカデミア』397話の結末は興奮があり、ファンたちはもっと読みたくなるような感じでした。

👉今すぐ読む: ヒロアカ 397話 raw 

関連名

Boku no Hero Academia 397
Boku no Hiiroo Akademia 397
Kahramanlık Akademim 397
Mano herojų akademija 397
Mitt Helteakademia 397
My Hero Academia 397
My Hero Academia 397
Akademia Bohaterów 397
Моя геройская академия 397
אקדמיית הגיבורים שלי 397
أكاديمية بطلي 397
فێرگەى پاڵەوانەكەم 397
मेरो हिरो एकेडेमिया 397
ഹീറോ അക്കാദമി 397
มายฮีโร่ อคาเดเมีย 397
มายฮีโร่อคาเดเมีย 397
僕のヒーローアカデミア 397
我的英雄学院 397
我的英雄學院 397
나의 영웅 아카데미아 397
나의 히어로 아카데미아 397
ヒロアカ 397

MHA 397