Skip to content

呪術廻戦 239話: 発売日、ネタバレ、どこで読めるか

ジュジュツカイセン第239話のファンは、著者でありイラストレーターの芥見下々によって執筆された、スリリングな日本の漫画シリーズの最新インストールメントのリリースを熱望しています。

2018年3月以来、集英社の少年漫画誌「週刊少年ジャンプ」で連載されているジュジュツカイセンは、その緊張感溢れるストーリーと魅力的なアートワークで読者の心をつかみました。

呪術廻戦 239話: 発売日

2023年10月23日(月)発売の週刊少年ジャンプ(2023年47号)に掲載予定となっている、呪術廻戦最新話239話のネタバレ、考察についてお伝えしていきます。ただし!呪術廻戦 は、2023 年10 月18 日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦251話 Raw – Jujutsu Kaisen 251 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦251話 Raw English – Jujutsu Kaisen 251 Raw English

👉 今すぐ読む: 呪術廻戦 239話 RAW 

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 RAW 👉 呪術廻戦ネタバレ 

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 249話 raw

呪術廻戦 238話: 要約とレビュー

当時、第238話に関する具体的な情報はありませんでした。237話がまだ未公開であるため、次回の第238話についての予想を提案できます。以下は第238話のネタバレです。

『呪術廻戦』第238話の序盤では、五条が外魔道と再び対面する夢を見ます。

五条は、自分に「よう」を繰り返し言う外魔道を見て驚きます。五条は、呪術師が孤独に死ぬという以前の主張がこの奇妙な状況では正確でない可能性があることに気付きます。

彼は呪怨との戦いでの努力と楽しみの欠如を後悔しています。

五条は外魔道を懐かしく思い、彼の仲間が自分を支えてくれることを願っています。

次の章では五条の特別な技能が登場します。彼は呪力の貯蔵を満たすことでブラックフラッシュで自己治癒します。

その後、既に存在していた「逆転:赤」と「経過:青」を混ぜて、ホロウパープルを作り出します。

呪術廻戦 239話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ239話最新話の考察:宿儺の呪力は回復した?

宿儺は完全体に変身する時、通常の変身ではなく、反転術式を使用しているんだ。

従来の反転術式では体の傷は治るけど、呪力は回復しないんだ。

宿儺は五条の紫との戦いでダメージを受けたけど、『解』という力を五条戦と鹿紫雲戦で2回も発揮した。

これまでと違う呪力の放出で『解』を使ってるみたいで、それにはもっと多くの呪力を必要としているみたいだよ。

だから、完全体への変身の際には、呪力も回復するおまけの効果があるかもしれないね。

 

Image

呪術廻戦ネタバレ239話最新話の考察:虎杖は術式解放?

とうとう宿儺と虎杖が対峙する展開になったんだ。

今までの虎杖じゃ、宿儺みたいに強力な相手に対抗できないだろうから、どんな対策をとるのかが気になるね。

そこで、日下部と特訓してるみたいで、術式解放を身につけることになるみたいだよ。

虎杖は元々術式を持っていないから、後から術式を覚えることになるんだ。

日下部との関係は入れ替わったみたいな構図が描かれていて、その詳細が明らかになりそうだけど、正直、宿儺に対抗できる方法が想像できないよ。

それで、五条が言ってた「そのうち宿儺の術式が刻まれる」って伏線が今回回収されるんじゃないかな?

虎杖にも御厨子が刻まれている可能性ってあるかもしれないね?

羂索が意図的に作った”器”で、今までの法則が通用しないこともあるかもしれないよ。

宿儺も羂索のやったことになんか嫌な感じを抱いてるみたいだし、虎杖がこれから宿儺の天敵としての位置づけになっていくのかもしれないね。

呪術廻戦ネタバレ239話最新話の考察:現代の呪術師側の勝算はあるのか?

高専側は宿儺の切り札が受肉による体の再構築だと知らなかったんだ。

計画段階では切り札を考えると同時に、あらゆる可能性を考慮してたはずだよ。それを裏梅にも対応させてたし。

もし、切り札の完全体宿儺までを予測して計画してたと仮定しても、どんなプロセスで勝機を見つけ出すのかが気になるね。

やっぱりカギは秤と乙骨、そして虎杖の覚醒かな。

呪術廻戦ネタバレ239話最新話の考察:鹿紫雲の「幻獣琥珀」とは?

鹿紫雲の一発逆転の術式が、「幻獣琥珀」っていうのが明らかになったんだ。

この術式は、電気を脳内電気信号、電磁波、音波などに変えて、それを攻撃として具現化できるように体を変える術式みたいだよ。

琥珀って言葉から、石の琥珀を思い浮かべるかもしれないけど、見た目は宝石っぽくはないんだ。

名前に「幻獣」ってついているから、おそらく獣のような姿をしているんじゃないかな。

この術式は超強力だけど、術式が終わった後、体が崩壊するっていう制約があって、命をかけた術式なんだ。

相当な破壊力があるけど、宿儺に通用するかどうかがポイントだね。

宿儺は五条の200%の紫でも片手で飛ばされるほどのダメージしか受けなかったみたいだよ。

形態変化宿儺にどれだけ通用するかも大切な考察だけど、幻獣琥珀を使ったことで、鹿紫雲は死亡確定っぽい感じだね。

Jujutsu Kaisen

呪術廻戦ネタバレ239話最新話の考察:万の呪具「神武解」とは?

宿儺は、万からの贈り物として呪具「神武解」をもらっているんだ。

宿儺はそれを鹿紫雲に向けて、強力な電撃を放ったよ。

それ、鹿紫雲の電撃に似てたね。

神武解の効果は、相手の術式をまねるか、攻撃をそのまま跳ね返すってことなのかな?

他にもなんか追加の効果がありそうだけど、今のところは上記の効果しかわからないよ。

たぶん、天逆鉾みたいに相手の術式効果を無効にする、すごい効果があるんじゃないかな。

宿儺が使うなら、それなりのメリットがあると思って使っているんだろうね。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 239話 RAW 

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 238話 RAW

呪術廻戦ネタバレ239話最新話の考察:五条の妄想は現実か?

五条が宿儺に倒された後のことを、五条は妄想の世界なのか、後の世界の歌詞のようなものなのか、詳細に語ってるんだ。

五条の顔からは『宿儺は相当強かったな…』っていう感じが伝わってくるよ。

でも、五条自身も言ってたけど、それが現実の出来事なのか、妄想なのか、まだはっきりしてないんだよ。

五条の体の状態を見ると、真っ二つに切られてて、九十九と同じような状況なんだ。

もし現実の出来事なら、つまり五条が死んでしまったことを意味するわけで、それが確定したら読者たちはかなり残念な結末になるだろうね。

呪術廻戦ネタバレ239話最新話の考察:五条を助ける策はあるか?

個人的には、それは難しいと思うな。

家入の反転術式でも、体が真っ二つになったらどうしようもないと思うんだ。

唯一、五条を助ける可能性があるのは『無為転変』くらいだろうか?

でも、羂索がわざわざ邪魔になる五条を復活させるとは考えにくいから、実際には五条を助ける手立てはないのかもしれないね。

Image

呪術廻戦ネタバレ239話最新話の考察:虎杖や乙骨、秤の参戦は?

虎杖や乙骨は、五条を助けるつもりで戦おうとしていたんだけど、秤たちに止められてるんだ。

でも、五条が負けた時の表情を見ると、現代最強が敗れたことで、彼らの自信が揺らいでいるようにも見えるんだよね。

宿儺が疲れきっているにもかかわらず、五条をあれだけ圧倒したことで、実力にかなりの差があることを感じ取った可能性もあるんだろうね。

これからは、単騎特攻ではなく、みんなで力を合わせて戦う展開になるかもしれないよ。

呪術廻戦ネタバレ239話最新話の考察:新たに宿儺の攻撃パターンが増える?

魔虚羅を手本にしていたことから、宿儺の攻撃パターンが増える可能性があるんだ。

たぶん、それは主に五条戦でしか使えないと思うけど、魔虚羅の適応方法が宿儺のスキルに組み込まれる可能性は高いよ。

宿儺は呪術のセンスがすごくて、万象の水を穿血のように操ってるんだ。だから、呪術のポテンシャルを高める方法を習得することは可能だと思うんだ。

だから、今回の魔虚羅がやった適応方法も、宿儺が再現できる可能性があるんじゃないかな。

再現できない方法が「待った」ってことからも、宿儺は自分の呪術の力を理解しているんだろうね。

呪術廻戦ネタバレ239話最新話の考察:41秒間で描かれる攻防は?

前回の最新話で、顎吐が消滅してから41秒後に五条の虚式「茈」が発動することが確定してるけど、本当に重要なのはその41秒間の攻防だよ。

前回は五条が優勢で終わったけど、41秒の間に宿儺がこれまでに出してこなかった技を披露する可能性もあるし、

魔虚羅対五条の戦いにも何か進展があるかもしれないね。

それに、虚式「茈」自体がいい意味で五条の戦歴に加えることになるのか、悪い意味で戦歴に加えることになるのかも気になるところだね。

Jujutsu Kaisen: Anime censurou personagem do mangá

呪術廻戦ネタバレ239話最新話の考察:宿儺は式神を融合できる拡張術式を使用できる?

宿儺が使用する十種影法術は、伏黒恵が使うものよりも規模が大きく、調伏できる式神が多いんだ。

そして、今回登場した『嵌合獣 顎吐』は、「鵺」と「渾」という言葉を唱えた後に出現したよ。

影の中で、調伏済みの式神を組み合わせることができる拡張術式を使っている可能性が考えられるね。

ただし、何でも融合できるわけではなく、影を作れる式神に限定されるみたいだけど、正直、どんな影が出てくるのかはよくわからないよ。

他の式神とも組み合わせることができるかもしれないね。

式神を出せる数には制限があると思われるけど、さらに新たな顕現の可能性が広がってきたってことだね。

呪術廻戦ネタバレ239話最新話の考察:嵌合獣顎吐の強さは?

嵌合獣顎吐は、”鵺”と”渾”が組み合わさってできた式神と思われるけど、

現時点ではどんな能力を持っているかは分からないんだ。

魔虚羅みたいにトンデモな能力ではないと思うけど、最低限で言えば「鵺」と「渾」の能力は持っていると考えられるね。

そして、あの場で顕現させるということは、五条にとってはデメリットになる可能性が高い能力と予想されるよ。

たとえば、反転術式を発動できなくする”毒物”のような能力や、魔虚羅のサポート能力かもしれないし。

もしかすると、ゴリゴリのパワー系かもしれないね。

呪術廻戦 239話:どこで読むか

呪術廻戦 239 は、2023 年 10 月 18 日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 239話 RAW 

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 238話 RAW

結論

まとめると、『呪術廻戦』第239話は、みんなを緊張させたまま終わりましたね。

まるでピザのデリバリーが渋滞に巻き込まれている間、待っている感じ。待つ価値があることは分かっているけど、不安とおなかがすいてしまう感じです。

熱烈なファンでも、たまに読む人でも、この章には笑いやドラマ、呪力のスパイスがたっぷり詰まっています。

だから、リラックスして、次のエピソードに備えましょう。きっとワイルドな展開が待っているはずだからね!

関連名

Jujutsu Kaisen 239
Jujutsu Kaisen – Batalha de feiticeiros 239
Jujutsu Kaisen – Contiendas de brujería 239
Lanet Savaşları 239
Sorcery Fight 239
Магическая битва 239
Магічна битва 239
जादुई लडाई 239
มหาเวทย์ผนึกมาร (SIC) 239
呪術廻戦 239
咒术回战 239
咒術迴戰 239
주술회전 239
JJK 239