Skip to content

呪術廻戦 240話:発売日、ネタバレ、どこで読めるか

「呪術廻戦」第240話のファン、お熱待ちですね!ゲゲ秋田味さんのスリリングな日本の漫画シリーズの最新刊、第240話のリリースを心から楽しみにしていることでしょう。

2018年3月から週刊少年ジャンプで連載中の「呪術廻戦」は、そのハラハラドキドキのストーリーと魅力的なアートワークで読者たちを魅了しています。

英語圏のファンにとって、第240話の待ち時間はVizメディアによる英語版のリリースを楽しみにしていることでしょう。

2019年12月以降、メディアは「呪術廻戦」を印刷版で出版しており、一方、集英社は\オンラインプラットフォームで英語版のシリーズを提供しています。

呪術廻戦 240話: 発売日

2023年10月30日(月)発売の週刊少年ジャンプ(2023年48号)に掲載予定となっている、呪術廻戦最新話240話のネタバレ、考察についてお伝えしていきます。ただし!呪術廻戦 は、2023 年10 月25日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦251話 Raw – Jujutsu Kaisen 251 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦251話 Raw English – Jujutsu Kaisen 251 Raw English

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 RAW 👉 呪術廻戦ネタバレ 

👉今すぐ読む: 呪術廻戦240話 RAW

👉今すぐ読む: 呪術廻戦248話 Raw English – Jujutsu Kaisen Chapter 248

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 249 raw

呪術廻戦 239話: 要約とレビュー

「呪術廻戦」で競い合ったのはコジョとニチシャでした。以前に、草壁がコジョに最終決戦の大日の準備を教えていたことが言われていました。

草壁とコジョはユニークな状況にいました。コジョは戦争を戦いながら訓練を受けたため、人々は彼がどのような訓練を受けたのか疑問に思いました。

草壁自体はその技術を持っていないものの、「真・影流」の実践によってそれを学んだ可能性があります。

五条の仲間たちは、シュクナの技術がシュクナを収容していたコジョの体にあると信じています。私はシュクナと戦った虎の杖の左手を見て、その爪が突然に鋭くなったのです。

コジョの体に何らかの変化が起こっているようです。その変化の原因はシュクナの最後の指にあるとされています。シュクナはほとんどの指を取り戻しましたが、1本がまだ見当たらず、どこにあるのか誰も知りません。

初対面の時、コジョは彼を取り除くために何でも食べると言いました。おそらく、最後の指はコジョの一部である可能性が高いでしょう。

呪術廻戦 240話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話240話の考察|完全無欠の宿儺に勝つ方法とは?

最強の対決で五条は宿儺を追い詰めるところまで行きましたが、真の姿である『両面宿儺』に戻った瞬間、宿儺は完全に復活しました。その結果、五条が与えたダメージはほとんど残らないと言えるでしょう。

ただし、五条は宿儺に切り札を使わせるという点で、大きな貢献を果たしました。五条との戦いがなかった場合、鹿紫雲は宿儺を完全体に戻すことは難しかったでしょう。

それでは、完全無欠の宿儺に打ち勝つためには、どのように戦闘を進めるべきでしょうか。

まずは宿儺の現在の状況を整理しましょう。呪言に関しては、乙骨と狗巻が何かを取りに行っていた描写があったことから、今後、どこかで重要な役割を果たす可能性が高いでしょう。

乙骨の領域と虎杖の新たな術式については情報がまだ限られていますが、どちらも最終決戦前に注目される要素となっています。

どの手段を用いるにせよ、まずは宿儺を戦闘不能に追い詰める必要があります。残された力を駆使して、宿儺を倒すために宿儺自身も予測できない、一発逆転の戦略が必要でしょう。

Jujutsu Kaisen Phantom Parade, the highly anticipated gacha RPG based on the renowned anime series, has been delayed once more | Pocket Gamer

呪術廻戦ネタバレ最新話240話の考察|両面宿儺になって何が変わる?

239話のラストでは、とうとう宿儺が平安時代の最強フォルムである「両面宿儺」として現れたんだよ。 その姿はかなり不気味で、手が4本あり、顔が2つあるモンスターみたいな感じだったね。

これまでの宿儺でもかなり強力だったけど、両面宿儺になると、一体何ができるようになるんだろう?

簡単に言うと、「2人分のことを1人でやれる」と考えられるんだよ。なぜなら、両面宿儺は2人が1人に合体したような外見をしているし、「両面」という名前から、そこに何か特別な設定が絡んでくる可能性が高いんだ。

「領域展延の使用」と「生得術式の発動」を同時に考えてみよう。

宿儺と五条の戦いの時、宿儺は領域展延と生得術式の発動を同時に行えなかった。

領域展延は「自身の周囲に領域を広げて、体に薄い膜のように纏わせる」技で、領域展延を行うには領域を薄く広げる必要があるからね。

しかし、両面宿儺になった今、それらを同時に行える可能性が高まっているってことだ。

以前にこんな考察もあったんだ。

「宿儺は複数の術式を持っていて、領域を広げるために練度を上げており、2つの領域を同時に広げることができる。」

この考察も、両面宿儺が現れることで、より凶悪な可能性を示唆しているんだよ。

ちなみに、この考察の根拠は、「宿儺が『伏魔御厨子』を広げながら、領域展延で別の領域を広げて、自分の体に纏わせていた」ということから出ている。

両面宿儺になった今、宿儺を打倒するのはますます難しくなっているんだ。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 239話 RAW 

👉今すぐ読む: 呪術廻戦240話 RAW

呪術廻戦ネタバレ最新話240話の考察|式神融合で魔虚羅が進化する可能性

十種影法術の中で、拡張術式って言葉知ってる? 拡張術式ってのは、術式の解釈をちょっと柔軟にできるテクニックのことだよ。 十種影法術では、この拡張術式を使って、式神たちを合体させることができるんだ。

実際、2339話では新しい式神、嵌合獣・顎吐(あぎと)が「鵺(ぬえ)」と「渾こん(こんこん)」の合体で生まれたんだ。

この拡張術式を使って、宿儺の目的は魔虚羅を新しい式神に進化させることだと考えられているよ。 そして、この式神の合体と進化が、宿儺が本当に狙っている十種影法術の目的なんだろうね。

それに、「式神が壊れると、その式神のパワーが他の式神に移る」というルールがあるんだ。 だから、嵌合獣・顎吐を最初に壊しちゃうと、その能力が魔虚羅に受け継がれる可能性があるんだ。

そうなると、五条は2体を同時に壊すか、魔虚羅を先に倒すしかなくて、かなりプレッシャーがかかるってわけだね。 さらに、魔虚羅の壊れ方によって、他の式神にその特性が引き継がれる可能性もあるんだ。

実は、過去にも式神の能力が引き継がれる場面があるんだ。 それは、少年院編で特級呪霊が玉犬・白を壊した時や、交流会編で玉犬・渾が登場した時なんだ。

宿儺の手によって十種影法術の潜在能力が引き出されることで、五条の状況はどんどん厳しくなっているってことがわかるね。

Không có mô tả.

呪術廻戦ネタバレ最新話240話の考察|宿儺との戦いにおける日車の役割

239話では、五条悟に続いて、鹿紫雲一も宿儺に敗北しました。 宿儺は時代の強者たちを次々と倒しており、そのために呪いの王としての名声を確立しています。

次に宿儺に立ち向かうのは、虎杖と日車のコンビのようです。 彼らは一体どのようにして宿儺に打ち勝つことができるのか、その方法を模索しています。

宿儺の現在の技の中で最も警戒すべきは、やはり「世界を断つ斬撃」です。 この技は身体の強化や不可侵の力といった防御手段を無効にし、その者が存在する世界ごとを切り離すことができるため、防ぎようがありません。

ただし、この技に対する一つの可能性として「別の世界に所属すること」が考えられます。 つまり、もし虎杖や日車のように、異なる次元や空間を操る力を持っているならば、斬撃の軌道を狂わせることができるかもしれません。

したがって、虎杖や日車がこのような手段を持っている場合、宿儺に打ち勝つ可能性が出てくるでしょう。

呪術廻戦ネタバレ最新話240話の考察|虎杖の腕は外付けの術式によるもの?

239話の結末で、虎杖が日車とのコンビで宿儺に挑むことが判明しました。 主人公が因縁の呪いの王に立ち向かう瞬間がついに訪れるのですね。

前回のエピソード、第238話の最後のページで、虎杖の腕に不思議な変化が見られました。 その外見は明らかに通常の人間の腕とは異なり、読者たちからは「鬼の手」や「ピッコロさんの腕」と呼ばれるほどです。

虎杖の腕のこの変化には、おそらく宿儺に対抗するための秘策が仕込まれているのでしょう。 では、その秘策は一体何なのでしょうか。

考えられるシナリオの一つとして、乙骨が仙台結界で披露した「外付けの術式」が挙げられます。 その時、乙骨の腕は何らかの装置や術式で覆われていました。

虎杖が同じ術式を修得したか、あるいは乙骨からそれを借り受けた可能性が考えられます。

以前、虎杖は五条から「術式は使えない」と言われていました。 もちろん、宿儺も「小僧は術式を使えない」との評価を下しているはずです。

もし虎杖が本当に術式を使えるようになったのであれば、今後の戦いでその点についてもさらに明らかにされることでしょう。

Jujutsu Kaisen' Season 2 Rilis Trailer Terbaru | Hypebeast

呪術廻戦ネタバレ最新話240話の考察|伏黒の体はどうなったのか

最後の場面では、宿儺が鹿紫雲の攻撃で体が爆発するシーンが描かれたね。 一瞬、宿儺が死んだかと思われたけど、実は宿儺は平安時代の伝説的な「両面宿儺」の姿で蘇ってきたんだ。

で、気になるのは、宿儺が伏黒の体に受肉していた部分なんだけど、どうなったかってことね。

結論から言うと、多分両面宿儺の体の一部となったんじゃないかな。 宿儺の受肉が完全になったことで、見た目や性格だけでなく、体そのものも伏黒のものから完全に変わったんじゃないかと思うよ。

宿儺が鹿紫雲の電撃を受けた後のナレーションでは、こんなことが言われてるんだ。

「宿儺には反転術式以外に一度きりのみ肉体を”修復”する術がある」

ここで「修復」という言葉が使われてるから、両面宿儺の体は伏黒の体をベースにしたものに変わったんだろうね。 受肉の途中で見た目をわざと変えたんじゃないかと思うよ。

それに、最後のコマではこんなナレーションがあるんだ。

「受肉による”変身”の再開である」

だから、受肉が進む中で「変身」することがっきちんと示されてるんだ。

だから、これらのことから考えると、伏黒の体は両面宿儺の体の一部になっていると思うよ。

つまり、宿儺は伏黒の体を使わなくても、十種影法術を使えることも考えられるね。 もしかしたら、自身の体を取り戻したことで、さらに強力な式神を召喚できるようになったりしてるかもしれないよ。

その場合、宿儺は五条との戦い以上に、他の術師との戦いでも圧倒的な力を発揮できるかもしれないね。

伏黒の体の状態は変わらないままだと思うけど、宿儺が自身の体を取り戻したことで、状況はますます複雑になってきてるって感じかな。

呪術廻戦 240話:どこで読むか

呪術廻戦 240 は、2023 年 10 月 25 日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 239話 RAW 

👉今すぐ読む: 呪術廻戦240話 RAW

結論

関連名

Jujutsu Kaisen 240
Jujutsu Kaisen – Batalha de feiticeiros 240
Jujutsu Kaisen – Contiendas de brujería 240
Lanet Savaşları 240
Sorcery Fight 240
Магическая битва 240
Магічна битва 240
जादुई लडाई 240
มหาเวทย์ผนึกมาร (SIC) 240
呪術廻戦 240
咒术回战 240
咒術迴戰 240
주술회전 240
JJK 240