Skip to content

推しの子 124話: 発売日、ネタバレ、どこで読むか

新しい物語とキャラクターが常にマンガやマンガの世界に追加されています。推しの子は、世界中で大きなファンベースを持つそんなマンガの一つです。矢口アキヒトによる魅力的なストーリーは、少女・スバルが有名なアイドルになるために奮闘する姿を描いています。

しかし、彼女の人生は彼女の幼少期をベースにした大ヒットシリーズの漫画家である父親の存在を知ったことで一変します。推しの子124話がまもなくリリースされる予定であり、この素晴らしいシリーズのファンにとっては嬉しいニュースです。

次の章では、読者たちは感情のジェットコースターを体験しながら、ドラマチックな展開に続く驚きと興奮を味わうことでしょう。スバルはエンターテイメント業界の危険な世界で進み続ける中で、彼女の強さと忍耐力が試されることになります。

推しの子 124話: 発売日

2023年7月20日に、人気のマンガシリーズ『推しの子』の124話がリリース予定です。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦248話 Raw English – Jujutsu Kaisen Chapter 248

推しの子 124話: ネタバレと予想

前回の『推しの子』では、ルビーがゴローとの約束である「16歳になったら結婚する」という話題を持ち出し、話が終わりました。

ルビーはアイのようにアイドルとして嘘をつき、苦悩してきました。そして、ゴローが死体で見つかるまでB小町として活動していた時、自分を先生が見つけてくれると信じていたことが明らかになりました。

しかも、その先生(ゴロー)が実は兄弟として身近にいたことを知ったルビーは、これからアクアに猛攻を仕掛ける展開になりそうです。

次の124話では、以下の内容に注目です。

推しの子 124話 ネタバレ|ルビーとアクアが結ばれる?

124話では、ルビーとアクアの関係がどのように進展するかに注目です。

アクアがゴローであることが分かり、16歳になったら結婚するという約束をルビーが覚えていることが明らかになりました。「せんせ?私もう16歳になったよ?」とルビーが言った場面もあります。

アクアは過去に「自分の年齢に近い相手を恋愛対象として認識する」と発言しています。また、「今更血を分けた兄妹何て言うつもりはない」とルビーに対しても言っています。

アクアがルビーを家族とは思っていないと発言したのは、ルビーが家族ではなくただの他人だという意味でしょうが、逆に言えば付き合っても問題ないとも解釈できます。

ルビーも家族ではないから結婚しても良いという認識を持っているようです。

現時点ではアクアがルビーに対して恋愛感情を持っているのかは不明ですが、ルビーから告白された場合にアクアがどのような反応をするのかが気になりますね。

推しの子124話ネタバレ|アクアの復讐はどうなる?

今後は復讐を遂げたいアクアの動向に注目です。

アクアは復讐のためなら自分は死んでも構わないと考えていましたが、ルビーの気持ちを知ったことで、復讐を遂げられない結末に至る可能性もあります。

アクアは二度とルビーを悲しませたくないという思いから、復讐をやめる方向に進むのか、それともアクア自身が犠牲にならない方法で復讐を果たすのか、復讐計画の結末が気になります。

推しの子124話ネタバレ|謎の少女が発言した悪手の意味は?

謎の少女は「それは悪手だよ」「君からしたら 嫌われてた方が楽だった筈なのに」と発言していました。

この悪手は、アクアが復讐計画を果たすことができなくなることを意味していると予想されます。

アクアが復讐は犯人(カミキヒカル)と自爆しようと考えていた場合は、自分を好きなルビーを悲しませるわけにはいかないと思うはずです。

アクアは復讐のために人を駒のように利用していました。

黒川あかねがその一つです。

つまり、復讐のために利用できない存在であるルビーがいることで復讐を遂げられなくなることが、悪手という意味に繋がってくるのではと思っています。

またアクア(ゴロー)のことが好きなルビーにとっても、アクアが復讐で死ぬことは悪手ということでしょう。

https://twitter.com/Otaku_raw/status/1679176083919495173

推しの子124話ネタバレ|ルビーが覚醒する?

今後のルビーは、アイドルとして覚醒するかもしれません。

今までルビーからは両目の星が消えていました。

しかし、入院生活の苦しい状況の中で夢を抱いて目をキラキラさせていたさりながアイよりずっと眩しかったというアクアの言葉を聞いた後に、左目に白い星を輝かせていました。

そしてルビーは、「ママよりもっと輝けるって」と発言していました。

推しの子で星の目は、スター性を表していると言われています。

アイのようなアイドルになることを夢見ていたルビーですが、天才アイドルのアイを超えるような存在に覚醒していくかもしれませんね!

推しの子124話ネタバレ|ルビーがさりなの母親と再会?

 

124話ではルビー(前世でさりな)の母親である天童寺まりなと再会を果たすのかにも注目です。

ルビーは前世で自分が住んでいた家に時折訪れて母親の姿を目にしていましたが、ルビーの姿としてまりなと直接会話することはしていません。

自分がお母さんに愛されていたことを信じてきたルビーですが、娘や息子と楽しそうに過ごす姿を見たことで、愛されていなかったことを確信しています。

ですが、直接まりなから真相を聞いてはいないので、再開した時にまりなの本音が明かされることに注目です。

天童寺まりなにとっては、もちろんルビーがさりなの前世と知る余地はないので、どのような反応や展開になるのかは気になりますね。

推しの子124話ネタバレ|さりなの父親が登場?

天童寺まりながさりなに会わなくなったのは、精神状態が崩壊するまりなを見ていたさりなの父親が引き離したのが原因でした。

夫としてまりなを助けるために娘のさりなと引き離したのは分かりますが、この父親だけでもさりなの見舞いに行ってあげれたのではないかと思います。

推しの子の作中ではまださりなの父親は登場していないので、今後さりなと再開する展開になるかもしれませんね。

さりなは母親から愛されていたかどうかにだけ執着していますが、父親とはどのような関係性だったのかも気になります.

推しの子124話ネタバレ|ルビーはアイのことを母親としては見てなかった?

ルビーはさりながお母さんに愛されてなかったことから、アイが代替になるように願っていました。

アイとしてはルビーのことを娘として愛していたはずですが、ルビーにとってはアイのことを本当の母親としては見ていなかったのかもしれません。

前世の本当の母親であるまりなのことは「お母さん」と呼ぶのに対して、アイのことは「ママ」と呼んでいました。

母親から愛されていたことを信じ続けるほど執着心を持っていたルビーにとっての母親は、やはり天童寺まりなだけだったのかもしれませんね。

推しの子124話ネタバレ|謎の少女の正体は?

大量のカラスを引き連れた謎の少女は、ルビーがゴローが白骨化した遺体を発見した後に登場していました。

アクアとルビーが転生者であること、ゴローを殺した犯人とアイを殺した犯人が同一人物だということを知っていました。

そして、大学生ストーカーのリョースケだけでなく、中学生の少年も関わっていることも知っていました。

この謎の少女についての情報は少なく、正に謎めいた人物です。

ですが、アクアが幼少期の時にゴローの前世で話口調が大人びていたギャップと近い感じがするので、謎の少女も誰かしらの転生者なのかもしれません。

間違いなく今後の物語の鍵を握るキャラの一人なので、謎が明かされていくのか注目です。

推しの子124話ネタバレ|アクアとルビーに残したビデオレターの内容は?

内容については、まだ詳しい情報が明かされていません。

ですが、このビデオレターの内容が今後何かしらの発展に繋がっていくと予想します。

映画「15年の嘘」が撮影されるきっかけとなった アクアとルビーに渡すDVDを分けている 2人が15歳になったら渡してと、五反田にお願いしている アクアとルビーにそれぞれ2人が15歳になったら渡してというところに、アイが伝えたかった真実が隠されていると考えられます。

実はアクアとルビーに前世があることを知っていたという内容が話されていたとすれば、面白い展開になるかもしれません。

推しの子124話ネタバレ|アクアとかなが付き合う?

アクアと黒川あかねが付き合っている一方で、かなはアクアに対して好意を抱いていました。

現状アクアと黒川あかねは別れているので、かなとアクアがカップルとして結ばれるのかに注目です。

アクアもかなのことが好きなようなので、かなのアプローチで結ばれるかもしれません。

ただルビーがアクアに結婚の話を出す展開となったので、三角関係になることも予想されますね。

元々復讐のために映画「15年の嘘」に出演することになったアクアですが、その真意にかなが気づいた時にどういう対応をするのかも気になりますね。

推しの子 123話: 要約とレビュー

『推しの子』の第123話では、読者は医師・天宮五郎の運命についての興奮の冒険に連れて行かれます。この章では、アイドルスター星野愛の秘密の子供を出産した関与者である五郎に起きた悲劇的な出来事について詳しく知ることができます。

この章で、読者には五郎に降りかかった悲劇の結末が明らかにされます。星野愛に夢中になっていた熱狂的なファンが、愛が子供を出産する前夜に五郎の命を奪ったのです。この驚くべき出来事が物語の展開のきっかけとなります。

驚きの連続ですが、五郎は星野愛の息子としてアクアマリン・星野として生まれ変わり、前世の記憶を保持しています。五郎の母親は有名なアイドル歌手・愛であることが明らかになります。この予想外の展開は物語に新たな深みを加え、より興味深くします。

さらに、アクアの妹であるルビー・星野もまた、かつての五郎の患者であり、愛の熱心な支持者の転生体であることが明らかにされます。前世ではルビーは愛の音楽の熱狂的なファンで、常に聴いていました。

『推しの子』の第123話では、物語が思わぬ方向へと進み、愛がファンによって殺害された後、犯行後に自殺するという恐ろしい展開があります。それから長い時間が経ちましたが、愛の死にまつわる詳細はまだ謎に包まれています。

アクアと彼女の兄弟は、父親が殺人に関与していた可能性があると信じており、アクアは真実を知るためにエンターテイメント業界で働き、罪を犯した犯人を裁きのもとにすることを決意します。

『推しの子』の第123話を読んだ後、読者は驚きの展開や驚くべき発見によって続きが気になります。これらの展開は読者をハラハラさせる要素があります。

推しの子 124話:どこで読むか

『推しの子』というマンガシリーズは、世界中のファンに愛されています!『推しの子』は一般的には『The Star’s Favored Child(星の選ばれた子)』として知られています。オンラインでこのエキサイティングなシリーズを読みたい場合は、週刊ヤングジャンプがおすすめです。

このウェブサイトでは、『推しの子』マンガのファンは、新しくリリースされたチャプターの正確な翻訳を、オリジナルの日本語で公開されると同時に読むことができます。

マンガプラスは頻繁に更新され、シンプルなインターフェースを備えているため、全年齢の読者に最適です。ですので、『推しの子』を読むための安全で信頼性のあるソースとして、週刊ヤングジャンプをチェックしてみてください!

結論

オリジナルなプロット、興味深いキャラクター、美しいアートワークが特徴的な『推しの子』は、広く読まれるマンガシリーズとなっています。2019年から作家でイラストレーターの徒森美紀によってNaver Webtoonで連載されています。

裕福な家族によって養子にされた少年、スヒは、新しい家庭と家族の複雑な関係を乗り越えなければなりません。彼女が新しい家族のからみ合ったつながりや秘密を解明しようとする様子に、読者はドキドキしながら読み進めることでしょう。

このシリーズの優れたアートワークは、作者の細部へのこだわりの証となり、空想的な世界とその住人たちを生き生きと描き出しています。作者はストーリーテリングのエキスパートであり、新しい章が進むにつれて入り組んだプロットの一端が明らかになります。

キャラクターは十分に描かれ、興味深く、それぞれが独自の過去と視点を持ち、物語を豊かにしています。『推しの子』は、マンガ愛好家にとって必読の作品であり、魅力的で没入感のあるストーリーを提供しています。

関連名

Oshi No Ko 124
Criança que deve ser suportada 124
Filho de sua favorita 124
Hijos predilectos 124
L’Enfant d’une Star 124
Ma Star 124
Mein*Star 124
Moja gwiazda (Polish) 124
My Star 124
Oshi no Ko – Anak Idola 124
Το Αστέρι μου 124
Звёздное Дитя 124
Ребёнок идола 124
الفتاة التي ادعمها 124
اوشی نو کو 124
فرزند آیدول مورد علاقهام 124
نجمتي 124
เกิดใหม่เป็นลูกโอชิ 124
【我推的孩子】 124
【推しの子】 124
【최애의 아이】 124