Skip to content

推しの子 135話: 発売日、ネタバレ、どこで読むか

大人気の日本のマンガ『推しの子』の熱心なフォロワーたちは、この魅力的なマンガは、医者と患者が再生し、日本の有名なポップアイドルの世話のもとで双子として結びついた運命を描いています。

赤坂アカによって作られ、横槍メンゴによる魅惑的なイラストと共に、『推しの子』はその独特な物語と興味深いキャラクターで観客を魅了しています。

推しの子 135話: 発売日

推しの子135話は、2023月12月14日(木)発売予定の週刊ヤングジャンプ55号に掲載予定です。ただし!推しの子 は、2023 年12 月11 日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

👉今すぐ読む: 推しの子135話 RAW – Oshi no Ko 135 RAW

👉今すぐ読む: 呪術廻戦248話 Raw English – Jujutsu Kaisen Chapter 248 Raw English 

👉今すぐ読む: ワンピース 1106 話 raw

推しの子 134話: 要約とレビュー

B小町の仲間であり、親しい仲である有馬かなに強烈な一言を言われてしまったルビー。

純粋な気持ちを持っていたものの、一度闇落ちした時のように負のオーラに飲み込まれてしまう可能性があるのではないでしょうか。

そして、ルビーが闇堕ちすれば、アクアの復讐にも積極的に協力するようになるかもしれません。

アクアはルビーの介入を快くは思わないと思いますが、兄弟のタッグで母の死に向き合うというのが王道の展開とも言えますよね。

アクアはニノとカミキヒカルの繋がりまで把握しているのでしょうか。

おそらく、旧B小町にアイを憎んでいるメンバーがいるということは想像がついていると思います。

前回、ルビーと会話した時にも「アイはB小町でよく思われてなかった」という内容について察しがついている様子でした。

そして、憎んでいる人がいれば「カミキヒカルと何かしら繋がりがあっておかしくない」とアクアであれば考えていそうですよね。

ここまで把握している上で、旧B小町メンバーを現場に招待したのには何か意図がありそうですよね。

推しの子 135話: ネタバレと予想

推しの子135話ネタバレ最新話の考察!ルビーが覚醒

アイと同じ気持ちになることで、アイの深層心理が見え始めたルビー。

と同時に完全無敵のアイドルと思われていたアイも実は泣いていた弱い女の子だったことが分かりました。

ルビーはアイの気持ちが分かったことで演技も本物のアイに近づいていくと考察できます。

次回の推しの子135話ではルビーが覚醒するのかが見どころになってきますね。

Oshi no ko] Ruby and Aqua by clone2197 on DeviantArt

推しの子135話ネタバレ最新話の考察!間にはさまれたMEMちょはどうする?

間にはさまれたMEMちょは今後どう接していくのかも135話以降の見どころになります。

MEMちょはルビーと有馬の関係が悪くなった事を心配していました。

B小町では最年長なので「なんとかしなくては」と思っていそうですよね。

おそらくMEMちょは2人を仲直りさせようと努力するはず。

134話以降ではMEMちょがどうやって2人を仲直りさせようとするのかも見どころになりそうです。

推しの子135話ネタバレ最新話の考察!ツクヨミの演技は見れるのか

ツクヨミが15年の嘘のキャストに参加してから、本読みをしただけで演技はまだ公開されていません。

ツクヨミは自分で「演技くらいできる」と言っていたので早くツクヨミの演技のシーンが見てみたいですね。

また、これまでアクアとルビーの前でしか現れなかったツクヨミが撮影のために登場するのも面白いところ。

ツクヨミの謎はまだまだ明かされていないので、コレも含めてツクヨミの登場シーンが135話以降であるのかも見どころです。

推しの子135話ネタバレ最新話の考察!MEMちょもルビーを妬んでいる?

前回の推しの子で有馬かなとMEMちょが二人で話をしているシーンで有馬は「アイドルとして活動してあの子に嫉妬がないなんて言わないわよね」と言うシーンがあります。

それを言われたMEMちょは黙り込む。

そして「それを口にしたらおしまいなんだよ」と言っていました。

つまりMEMちょもルビーに少なからず嫉妬や妬んでいる気持ちがあるということなのでしょう

旧B小町のたかみーとニノと同じ心境なんだね。

MEMちょもいつか不満が爆発するのでしょうか。

今後のB小町の関係が危うくなってきましたね。

推しの子135話ネタバレ最新話の考察!アイの死が自作自演?

アイの死が自作自演だというウワサもあります。

この考察はアイが生きていて陰でルビーとアクアをカミキヒカルから守っているというもの。

アイはアクアがゴローの転生者だと実は知っていて刺されても応急処置をしてくれるから助かると分かっていた。

これだとなぜ刺される事をアイは知っていたのか疑問になります。

それはアイが過去にループしていたから」。

といった考察です。

しかし、アイの魂は消えたと謎の少女も言っているので自作自演説は無いと思います。

しかし推しの子は「嘘」がテーマでもあるので、アイが死んだというのも嘘の可能性もありますよね。

推しの子 135話:どこで読むか

推しの子 135は、2023 年 12 月11日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: 推しの子135話 RAW – Oshi no Ko 135 RAW

👉今すぐ読む: 呪術廻戦248話 Raw English – Jujutsu Kaisen Chapter 248 Raw English 

結論

関連名

[Oshi No Ko] 135
Criança que deve ser suportada 135
Filho de sua favorita 135
Hijos predilectos 135
L’Enfant d’une Star 135
Ma Star 135
Mein*Star 135
Moja gwiazda (Polish) 135
My Star 135
Oshi no Ko – Anak Idola 135
Oshi no Ko – Dưới ánh hào quang 135
Το Αστέρι μου 135
Звёздное Дитя 135
Ребёнок идола 135
الفتاة التي ادعمها 135
اوشی نو کو 135
فرزند آیدول مورد علاقهام 135
نجمتي 135
เกิดใหม่เป็นลูกโอชิ 135
【我推的孩子】 135
【推しの子】 135
【최애의 아이】135
推しの子 135