Skip to content

終末のワルキューレ 82話:発売日、ネタバレ、どこで読めるか

『終末のワルキューレ』は、神々と人類の巨大な激闘を描いた人気のあるマンガシリーズです。ここでは、両者の代表者が人類の存続をかけて壮大な戦いに臨みます。ノルス神話に根ざし、この出来事は神々が人間の行動に不満を抱き、人類の抹殺を求めることから始まりました。

『終末のワルキューレ』の次のチャプターは、特に前のチャプターが読者をクリフハンガーにさせたため、注目されています。次のチャプターの展開についての興味を解消するために、発売日、スポイラー、未編集のスキャン、次のチャプターがアクセスできるプラットフォームに関連する情報をまとめました。

終末のワルキューレ82話: 発売日

新しいチャプターの発売日を知りたい皆さん、お知らせします!『終末のワルキューレ』の次のチャプターは、2023年9月25日に発売される予定です。ただし、いつものよう「otakuraw.com」ですぐにリークされます。

終末のワルキューレ81話: 要約とレビュー

前回の『終末のワルキューレ』のチャプターで、私たちはゼウス、アポロが攻撃から守られているにもかかわらず相当なダメージを受けているのを見ました。戦いはこのチャプターで終わるように思われましたが、アポロはスパルタの戦士たちの意見を聞いて、それを終結させない選択をしました。

アポロの続行選択は賢明でないかもしれず、彼自身にさらなる害をもたらすかもしれません。彼は容易にレオニダスを殴り飛ばすことができるにもかかわらず、他の人の期待に常に応えようとするからです。

アポロは状況を均等にし、レオニダスには挑戦を受け入れる選択肢がなくなるようにしました。チャプター全体を通じて、レオニダスはアポロに屈辱を受け、パンチングバッグと化しています。

終末のワルキューレ82話: ネタバレと予想

終末のワルキューレ82話ネタバレ!|最強高揚戦闘モード

アポロンの最強高揚戦闘モードにも不屈のレオニダス!

最強高揚戦闘モード

レオニダスが何度も口にしている「スパルタの正面には立つな」というセリフ…

それはスパルタの強さを象徴し、語り継がれる名言のようです。

スパルタは先に描かれているテルモピュライの戦いではペルシア軍30万の進撃をわずか300人で阻止しましたが、他にも、これもペルシア軍30万を相手にたった1万で真正面からぶつかり、死者わずか91名で敵を殲滅したプラタイアの戦いというエピソードも存在するようです。

その強さを目の当たりにしたであろう人々がスパルタに畏敬の念を抱いて言葉にしたのが、このセリフだと思いますが、同時にスパルタの戦士たちにとっては誇りそのものですよね…!

スパルタの正面には立つな

今、アポロンはそのセリフに挑戦するかのように、また嘲笑うかのように、スパルタの象徴であるレオニダスに対して幅2メートル程の直線の間合いから出ぬというレオニダスの正面にしか立たずに倒す、また、自分を正面から倒して見せろというようなナメた態度を見せたわけですね…!

これにはレオニダスとスパルタの戦士たちも、アポロンの仕打ちは自分たちにとって「最大の屈辱」と素直に怒りを示します!

スパルタからすれば誇りを踏みにじられているわけですから怒って当然なんですが、アポロンはおそらく何の悪意も無い…というか、どうすれば自分を応援している観客たちが喜ぶかというようなことしか頭に無いのではないかと思いますね…

まあ、アポロンのような自由で高慢な神らしい神が人間の誇りを気にするとか、気を遣うということは必要ないわけですから、本当に悪意なんかわけですよね…

しかし、神側の観客たちはアポロンの奴は何を考えているんだと心配しています。

レオニダスの攻撃は当たればアポロンとてただで済まないというのは誰にでもわかるレベルであり、これまでヒット&アウェイというスタイルで圧倒してきたのに、それを捨てて、わざわざレオニダスの攻撃を回避しづらい状況を作り出したんですよね…

また、やはり「親友」であるアレスも同じように感じているようですね…

アレスは頭を抱えて、あのバカと苦悶の表情ですが、ゼウスはアポロンだから仕方ないと笑う。

アレスは、とは言えナメすぎでしょうと興奮しますが、ヘルメスからそれほどアポロンが心配なのですかといじられて大人しくなる…

しかし、ゼウスたちは楽観的にそんなことを言っているのではなく、いついかなる時も周囲の期待に必ず応えようとするアポロンの神としての美学がアポロンを強くすると知っているからこその絶対的な信頼の証であるようです。

そして、アポロンはゼウスの信頼に応えて最強高揚戦闘モードである「オレ様という太陽は沈まない・白夜の抱擁」という、太陽神として更に輝きを増した最強モードになってレオニダス…スパルタを正面から叩き潰すつもりであるようです!

ヘルメス曰く、これほどの輝きはギガントマキア以来だという事ですが、その力の源は味方の応援であり敵からの罵倒をも自分への期待だと変換できるアポロンの精神性にあると言うような解説もしていますが、アレスはそういうものが実際にパワーアップに繋がる理屈がわからないと突っ込んだりしています。

理屈や常識に囚われぬからこそ強い!

不夜を生み出す太陽の輝きの力とはいかほどのものなのか!?

終末のワルキューレ82話ネタバレ!|ゲイレルル怒髪天

ゲイレルル怒髪天

アポロンの振る舞いに怒り狂うレオニダスとスパルタの戦士たちだけでなく、他の神々も怒っています!

特にゲルは、あんな挑発に耐えられないだろうと心配しています。ゲイレルル姉様は誇り高い存在なので、レオニダスのパートナーが彼女だと、彼女がどう反応するか気になることでしょう…

しかし、ヒルデはゲルの心配に対して、それがいいことだと不敵な笑みを浮かべています。

つまり、ゲイレルルもある意味でアポロンに似たところがあり、またレオニダスもそうだと言えますから、彼らの力を合わせることでさらなる効果を生み出すことが期待されているのでしょうね!

そして、現在は神器ファランクスとして活動中のゲイレルルがレオニダスに対して「あいつは絶対に殺るよ」と宣言し、怒り狂っています。

レオニダスはそれを当然と受け止め、新たな課題が追加されたと語ります。彼はアポロンを許さないと誓います!

ゲイレルルは口元を歪ませながら「それがいい乗ったよ」と言ってファランクスの変形を開始します。

ファランクスは通常の神器とは一線を画し、様々な武器や盾として変形することができるようです。

これまでの鎖鎌のような形状からハンマーと盾に変形したわけですが、これはおそらくレオニダスとゲイレルルの意気込みがそのまま具現化されたものでしょう…

アポロンは「このオレ様を這いつくばらせるつもりか?」と微笑みますが、白夜の抱擁前にもすでに彼を圧倒していたことを考えれば、その自信は納得です。

戦闘が再開されますが、アポロンが自分に課した狭い戦闘空間が続いており、闘技場は幅2メートルほどの直線の中で行われています。

レオニダスはためらうことなくハンマーを振りかざし、一撃を繰り出します。このハンマーは過去最強の破壊力を持っており、一撃で闘技場全体の地面が捲れ上がるほどの威力です!

その威力に、ゼウスたちもアポロンを心配していますが、アポロンはハンマーの直撃を避けるために前に出てレオニダスに近づき、パンチを放つことで攻撃を防ぎます。

レオニダスは反撃しようとしますが、アポロンはアルテミスの糸を使ってレオニダスの腕を縛ります。しかし、この近さからレオニダスは糸に気づかなかったようです!

その後、ゲイレルルもアポロンに似た高慢な性格のようで、彼女もアポロンを侮辱します。

終末のワルキューレ82話ネタバレ!|スパルタ最強の理由

スパルタ最強の理由

レオニダスは白目を剥き、依然としてアポロンに右腕を封じられ、主導権を奪われた状態にあります。

アポロンへの反撃を試みても、同じ結果に終わる可能性が高いため、ゲルは絶望的な気持ちになります。しかし、ヒルデはスパルタの哲学を語り、スパルタの強さは戦闘力だけでなく、神々にも屈しない誇りとプライドにあると説明します。スパルタの戦士たちもこの自覚を持っており、冷静に状況を見つめています。

アポロンは勝利を確信していますが、レオニダスがまだ闘志を失っていないことに驚きます。以前、アポロンは自分から前に出てハンマーの一撃を回避しましたが、今度はレオニダスが自分を引き寄せ、頭突きで反撃します。アポロンは血を流しながら意識を失いかけ、糸での拘束が緩み、レオニダスの右腕が解放されます。

アポロンはハンマーの攻撃を受けて地面に叩きつけられ、空中に浮き上がり、場外に投げ出されます。この一撃により、アポロンの誇りやプライドも傷ついたことでしょう。

しかし、アポロンはまだ糸を通じてダメージを軽減している可能性があります。この闘いで、新たなアポロンの一面が現れる可能性が高いです。ギリシャ神話のアポロンには禍々しい側面もありますが、それが今後の戦いに影響を与えるかもしれません。

この戦いはプライド同士のぶつかり合いであり、最終的にはプライドが勝敗を決定づけることになるでしょう。神と人間の闘いは、生命と人権を賭けた戦いであり、プライドはその象徴です。レオニダスの高いプライドが勝利につながるのか、アポロンがどんな反撃を仕掛けてくるのか、次回が楽しみです!

終末のワルキューレ82話:どこで読むか

新しいチャプターの発売日を知りたい皆さん、お知らせします!『終末のワルキューレ』の次のチャプターは、2023年9月25日に発売される予定です。ただし、いつものよう「otakuraw.com」ですぐにリークされます。

結論

『終末のワルキューレ』は、北欧神話に根ざした神々と人類の激しい対決を描いた人気のある漫画シリーズです。次の第82話の発売日は2023年9月25日です。

まだ原稿のスキャンとネタバレが待たれており、前回のチャプターではゼウスとアポロの戦いが未解決のままでした。ファンは物語がクライマックスに向かって進行する中での新しい展開を待ち望んでいます。

関連名

Record of Ragnarok 82
Ragnarok Valkürleri 82
Shuumatsu no Valkyrie 82
Shuumatsu no Walkure 82
Shuumatsu no Walküre 82
Shuumatsu no Warukyuure 82
Valkyrie Apocalypse 82
终末的女武神 82
終末のワルキューレ 82