Skip to content

ブルーロック266話 ネタバレ|カイザーの覚醒

『ブルーロック』第266話は、2018年8月から連載中の日本のマンガシリーズで、非常に人気があります。2021年1月からは、が世界中の読者向けにマンガを出版しています。

『ブルーロック』はサッカーゲームに基づいており、そのため、このマンガは世界中の若者たちの間で非常に人気があります。

『ブルーロック』第266話が近づいています。ですから、『ブルーロック』のファンの皆さん、この記事では『ブルーロック』第266話のリリース日、ネタバレ、生原稿のスキャン、さらに『ブルーロック』第266話に関する面白い情報を入手できます。

ブルーロック266話 ネタバレ|カイザーの覚醒

ブルーロック 266話: 発売日

2024年6月26日(水)発売の週刊少年マガジンに掲載しているブルーロック266話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。ただし!ブルーロックは、2024 年6 月22日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています

👉今すぐ読む: ブルーロック266話 RAW – Blue Lock 266 RAW  

ブルーロック 265話: 要約とレビュー

カイザーは今の自分を壊そうとしています。

そういうきっかけをくれた潔に関しても内心で感謝していました。

それ故に今のカイザーなら潔との共闘を受けても否定はしないでしょう。

潔は今のカイザーは変わったと感じているので、嫌悪感は感じないと思います。

なので潔次第ではカイザーは協力も辞さないでしょう。

カイザーは原点を思い出しましたので、そのままボールを狙いに動き出すと思います。

今ボールを持っているのは潔であり、潔は敢えて喰わせようとしているのです。

しかしカイザーは今の潔が計算できるカイザーではありません。

そのため、想定の上を行くプレーをカイザーは行うんじゃないでしょうか。

潔もそのプレーにあっけを取られ、その隙に奪われることになるんじゃないかと思います。

Every player who made it into the Blue Lock 11

ブルーロック 266話: ネタバレと予想

ブルーロックネタバレ最新話266話の考察|なぜ清羅はカイザーを選んだのか?

ここまでずっと境界線(ボーダーライン)を見極めていた清羅ですが、最終的には潔世一ではなくカイザーを選びました。

一見、新しい武器も手に入れ、ここまで試合をコントロールしていた潔世一を選びそうですが、なぜカイザーだったのでしょうか?

潔世一への他者の警戒感がMAXであり攻略しづらいことも考えられますが、一番の理由はカイザーの変化における覚醒への期待でしょう。

カイザーはこれまで自分の言いなりであったネスとのプレーに固執していましたが、それでは厳しいと悟り、一度自分を捨ててブルーロックメンバーにパスを出すようになりました。

このようなプレースタイルの変化は、これまでのカイザーからは考えられず、潔世一も感じていたように、プライドを捨ててなりふり構わずプレーしているのでしょう。

まさに殻を破ろうとしている最中であり、覚醒が近いと見て、最後のピースを清羅が揃えた形です。

清羅はカイザーの新技を知らないはずですし、練習通りにボールが止まったことは運の要素が強いかもしれませんが、それを引き寄せるのもカイザーの見せてきたプレーの変化があってこそですよね。

ブルーロックネタバレ最新話266話の考察|カイザーの新技には再現性がない?

今回のカイザーの新技は止まっているボールでないと撃てないため、再現性はあまり高くなさそうですよね。

実際に少し前のシュートでも撃ち損じていましたし、今回のような状況はフリーキック以外ではあまり訪れないでしょう。

しかし、それはこれまでのカイザー、つまり覚醒前のカイザーの話であり、今回の新技が決まれば覚醒することはほぼ確定的じゃないでしょうか。

そうなると、潔世一が完全に喰われる形になりますが、むしろ両者の共存が現実味を帯びてくるのではないでしょうか。

Cuánto durará el anime de Blue Lock? - Universo Nintendo

ブルーロックネタバレ最新話266話の考察|潔世一とカイザーの共存の可能性は?

ここまでは、潔世一が覚醒し、潔世一中心の戦術を強化するために、ノアが黒名をピッチに立たせましたが、カイザーの覚醒が近づくにつれて状況が変わってきましたよね。

これからのバスタードミュンヘンは、潔世一とカイザーの二枚看板的な戦術を取らざるを得なくなりそうですが、ノアはこれを予想していたのか、むしろ望んでいたのかもしれません。

おそらくノアの描いた戦況通りにはならず、カイザーの覚醒が予想以上に進んだ形でしょうが、今後両者の共存は成立するのでしょうか。

カイザー自身は、殻を破るためにネス以外のメンバーにもボールを渡しているので、今後は潔世一にもパスを出すシーンが訪れても何ら不思議ではありません。

ただ、共存の前に潔世一が完全に喰われて孤立してしまう可能性もあるため、潔世一自身も何かしらの新しいピースが必要です。

新技の二銃式直蹴弾もまだまだ再現性が乏しいようですし、あれは國神などの助けがあって完成した技でもあります。

ブルーロックネタバレ最新話266話の考察|ネスはどうなる?

カイザーの覚醒を前にして、置いてけぼりをくらいそうなネスですが、今後どうなっていくのでしょうか。

カイザー自身が自分の殻を破り覚醒してしまえば、ネスが使われることはあまりなさそうに感じますし、さらにネスの上位互換的な存在となりつつある清羅がいる以上、ネスの存在意義が問われそうですね。

ただ、この図式ってどこかで見たような感じがしませんか?

BLUELOCK: Season 1 Part 1 Blu-ray (Blu-ray + DVD)

私は、凪と玲王の関係に凄く似ていると感じます。

そうなると、ネスの今後は玲王になぞらえると、カイザーに依存することをやめ、自分自身の力でゴールを狙うようなパターンになっていくのでしょうか。

つまり、今後のネスも覚醒して一皮むけるような気がします。

ブルーロックネタバレ最新話266話の考察|糸師凛と士道龍聖も共存を果たす?

糸師凛が覚醒するキーポイントとして、士道龍聖との共存が重要な要素になってくるんじゃないかと考えてるんだ。

士道龍聖自身も、今は雷市陣吾の厳しいマークでほとんど存在が見えない状態だし、その状況を打破するためには、糸師凛と共に戦う選択肢もあるんじゃないかな。

でも、お互いが自分の力でやろうとするエゴのタイプだから、共存はかなり難しいだろうね。

それでも、潔世一とカイザーの覚醒に対抗するために、やむを得ず共存する展開も考えられると思うんだ。

ブルーロック 266話:どこで読むか

ブルーロック 266は、2024 年6月22日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす

👉今すぐ読む: ブルーロック266話 RAW – Blue Lock 266 RAW  

結論