Skip to content

ブルーロック267話 ネタバレ|潔世一はどう反撃する?

『ブルーロック』は興味深いストーリーで非常に人気のある日本のマンガです。それは日本の世界を席巻しているサッカーのゲームなのです。

全てが賭けられています。テレビの前の全ての視線が集中し、日本のお気に入りのチームが試合をしています。しかし、ひとつのシュートが全てを変えます。ゴールは外れ、文字通りでもあり、比喩的にも。

『ブルーロック』第267話のリリース後、第244話への期待は最高潮に達しています。『ブルーロック』第267話のリリース日について詳しく知るために、記事全文を読んでください。

ブルーロック267話 ネタバレ|潔世一はどう反撃する?

ブルーロック 267話: 発売日

2024年7月4日(水)発売の週刊少年マガジンに掲載しているブルーロック267話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。ただし!ブルーロックは、2024 年6 月29日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています

👉今すぐ読む: ブルーロック267話 RAW – Blue Lock 267 RAW

ブルーロック 266話: 要約とレビュー

カイザーの覚醒を前にして、置いてけぼりをくらいそうなネスですが、今後どうなっていくのでしょうか。

カイザー自身は、自分の殻を破り覚醒してしまえば、ネスを使うことはあまりなさそうに感じますし、加えてネスの上位互換的な存在となりつつある清羅がいる以上、存在意義が問われそうですよね。

ただ、この図式ってどこかで見たような図式だと思いませんか?

私は、凪と玲王の関係に凄く似ているなと感じます。

そうなると、ネスの今後は玲王になぞらえると、カイザーに依存することをやめ、自分自身の力でゴールを狙うようなパターンになっていくのでしょうか。

つまり、今後のネスも覚醒して一皮むけるような気がします。

ここまでバスタードミュンヘンとPXGとの試合において、糸師凛の活躍が一向に描かれていないというか、埋もれてしまってますよね。

特に最近は攻撃というよりは、守備で目立つようになっています。

運動量が増えているようにも捉えられますが、ブルーロックナンバーワンFWとしては、少し物足りないパフォーマンスですよね。

おそらくカイザー覚醒後、潔世一と両翼で猛攻をかけてくる際に、立ちはだかる壁として糸師凛の覚醒が描かれるのではないでしょうか。

Blue Lock ประกาศวันฉาย ซีซัน 2 แล้ว | ONE Esports Thailand

ブルーロック 267話: ネタバレと予想

ブルーロックネタバレ最新話267話の考察|カイザーインパクトマグヌスの再現性は?

カイザーが新技「カイザーインパクトマグヌス」を炸裂させたけど、気になるのはそれが再現できるかどうかだよね。

止まったボールに対しての再現性は間違いなくあるだろうけど、試合中に動いているボールに対してはまだ証明されていない。

それ以前に、試合中で成功したことがないんだし。

でも、今回止まっているボールで「カイザーインパクトマグヌス」を成功させたのは、カイザーにとって勢いづくにはかなりのプラスだろうね。

この勢いが続くなら、試合中に動いているボールでもう一度「カイザーインパクトマグヌス」を試す場面が来るかもしれないね。

ブルーロックネタバレ最新話267話の考察|ネスの心境は?

カイザーの新技に対して、ネスが「曲がれ!」と祈っていた言葉からも、カイザーのゴールがネスにとって喜ばしいことだというのが伝わってくるね。

でも、この後に冷静に戦況を振り返ると、自分の心境が穏やかじゃないことに気づくんじゃないかな。

自分と一緒に練習していた新技が、他のメンバーである清羅からのパスで完成されたことは、ネスの心に深い傷を残すだろうね。

カイザーがこの後ネスに対してどういう態度を取るかで、ネスの今後の立ち位置も変わってくると思う。

個人的には、カイザーは一旦ネスを突き放して、清羅との新技のコンビでゴールを目指していくんじゃないかと思うな。

現状のネスでは、カイザーが欲しいパスを供給するレベルには達していないからね。

そのためにはネス自身の覚醒が必須だし、それが今後描かれるのかどうかも楽しみの一つだよね。

Fue el gran bombazo de anime durante el Mundial de Qatar, y su temporada 2 está al caer. Lo nuevo de 'Blue Lock' por fin confirma su fecha de estreno

ブルーロックネタバレ最新話267話の考察|清羅は完全にカイザーを選んだ?

今後、清羅がカイザーか潔世一のどっちにつくのかも楽しみだね。

個人的には、その時のゴールの確率を見て選びそうだけど、それでもカイザーを選ぶシーンが増えると思うな。

今回ゴールを決めて一気に戦場を潔世一から自分のものに引き寄せたから、ノアも潔世一中心のチームからカイザー寄りのチームに戦術を変更するんじゃないかな。

むしろ、ノアは最初からこうなることを見越して、潔世一中心のチームにしてカイザーの覚醒を促したんじゃないかって思うよ。

実際にノアはカイザーに「そのエゴと戦え」って言ってたし、カイザーは新技でそれに応えたからね。

「進化は逆境にしかないぞ」って言葉を実行したカイザーは本当に素晴らしいよね。

ブルーロックネタバレ最新話267話の考察|今後、カイザーは周りと共存を図っていく

覚醒するまでに、肩書やプライドを全て捨てた気持ちでプレーしていたカイザーだけど、これからは周りとの共存も図っていくんじゃないかな。

とはいえ、共存といっても周りを活かすわけじゃなくて、自分が輝くために周りを使っていくって意味だけどね。

周りにパスをするってことは、これまでの自分を捨てた表れだけど、カイザーはその周りの使い方が本当に上手いんだよね。

例えば、雷市へのパスは、雷市が評価を上げるためにカイザーにパスを返すことが狙いだし、士道を背負っている國神へのパスは、自分にパスを返す以外に選択がない状況を見越してのことなんだ。これは全部カイザーの状況理解の凄さの表れだね。

だから、潔世一との共存はまだ先になりそうだけど、今後は潔世一の心理を理解して、パスを返さざるを得ない状況を作り出して、潔世一を使うシーンも来るんじゃないかな。

でも、潔世一もカイザーが人の心理を突くのが上手いことを知ってるから、逆にそれを利用して裏をかいてくるかもしれないね。

Review nhanh 5 lý do sách Blue Lock đang làm mưa làm gió

ブルーロックネタバレ最新話267話の考察|カイザーの進化

カイザーが今までの自分を捨てて周りにパスを出し、新技を炸裂させたことで覚醒した感じがあるけど、今後フィールドでもカイザーはなかなか止められなくなると思うよ。

カイザーはこれまでほとんど一人でプレーしていて、パスを出す相手はネスがほとんどだったんだ。

でも今回は雷市や國神にもパスを出したことで、相手も「ネス以外のメンバーにもパスする可能性があるんだ」って意識が植え付けられたんだよね。

これって、スラムダンクの流川みたいな感じだけど、自分がパスを出すかもしれない選択肢があることで、より自分の突破力が活きてくるんだ。

相手としては「ネス以外にはパスを出さずに自分だけでプレーする」っていうカイザーなら潰しやすいけど、ブルーロックメンバーにもパスをするかもしれないと考えると、それもケアしなきゃいけなくなる。

そうなると相手は一定の迷いが生じて、やっぱりカイザーが自分で強引に突破してきた時のケアが遅れるんだよね。

カイザー自身、やりやすくなったことは間違いないと思うな。

ブルーロックネタバレ最新話267話の考察|潔世一はどう動く?

正直、カイザーが勢いに乗って周りとも共存し出したら、潔世一的には手詰まり感が半端じゃないよね。

今は氷織と黒名とのトライアングルを形成して攻めてるけど、シュヴァリエにも封じられてるから、新たなピースが必要不可欠なんだ。

個人的には、この状況を打破するために潔世一がネスを使うシーンもあるんじゃないかと思う。

さっきも言ったように、今後のネスはカイザーの振る舞いで状況が一変しそうで、おそらく突き放されると予想するならば、ネスを潔世一が利用するような気がするんだよね。

ネス自身、自分でどうこうするタイプじゃなくて、言い方悪いけど金魚の糞的な役回りだから、潔世一にとってもネスは自分自身を輝かせるために動いてくれる理想的なパサーになりうるんだよね。

ブルーロック 267話:どこで読むか

ブルーロック 267は、2024 年6月29日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす

👉今すぐ読む: ブルーロック267話 RAW – Blue Lock 267 RAW

結論