Skip to content

呪術廻戦 250話:発売日、ネタバレ、どこで読めるか

韓国のマンファシリーズのファンたちは、「呪術廻戦」第250話を楽しみにしています。前のチャプターの後に次に何が起こるのか知りたいんですよね。もしアニメが終わっても「呪術廻戦」マンファを読んでおり、毎週のアップデートを楽しんでいるなら、嬉しいことでしょう。

この記事では、第250話でのキャラクター、アートワーク、テーマ、そしてストーリーの展開について話します。また、そのチャプターを要約します。

「呪術廻戦」はまた、いくつかの有名な人物とも関連しています。もし更なる説明が必要なら、「呪術廻戦」は素晴らしいスポーツマンガシリーズですよ。

呪術廻戦 250話: 発売日

呪術廻戦250話は2024年2月12日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年2月7日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 251 raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 251話 raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 raw 251

呪術廻戦 249話: 要約とレビュー

はり呪いの王こと両面宿儺が勝利する可能性が高いです。

世界の斬撃や領域展開「伏魔御厨子」、「開(フーガ)」などの威力絶大な技に加え、術式を応用したりと引き出しが桁違いに多いです。

また一番の武器は場数が桁違いだということです。

その分、強力ではありますが、まだまだ発展途上のリカと圧倒的な差がありますので、宿儺の方に分があると思います。

宿儺優勢ももう一人の主人公である乙骨の呪力総量が上回り勝つ可能性もあると考えました。

呪術廻戦0でも大活躍しましたし、里香ちゃんは特級に指定されており、その力は街一つを消し去ると言われているほどです。

加えて、乙骨の呪力総量は作中でもトップクラスであり、五条よりも多いのは知っている方も多いと思います。

とはいえ、基本的な呪力量は宿儺の方が上ですが、乙骨には何かやってくれそうな期待感がありますので、勝ってほしいです。

Jujutsu Kaisen Manga On Hiatus Due to Creator's Health - Anime Corner

呪術廻戦 250話: ネタバレと予想

呪術廻戦250話ネタバレの考察|千年前とは違う

以前から、宿儺は虎杖に対してあまり良い評価はしていませんでした。

前回も「興が湧かんのだ」といった、これまでの虎杖の成長などを見てきたうえでもあまり興味はない様子ですが、ここで宿儺は考え込みます。

自身が虎杖に対して”苛立つ”といった感情を持っていることに疑問を持ち考え込むのでした。

そしてたどり着いた結論が”虎杖と同じ肉体で魂を同居させた”ことにより誰よりも虎杖の”不屈の精神”・”百折不撓の理想”を理解していたのです。

その点は千年前の宿儺自身が持っていた感覚とは違うのでしょう。

まさか、宿儺に愛を教えるのは・・・・

呪術廻戦250話ネタバレ最新話の考察|次回の展開

次回の展開として予想できるのは、宿儺VS乙骨&虎杖戦ですね。

この戦闘に関しては、乙骨を主軸といして虎杖が”魂を捉える打撃”を打つといった攻防戦になりそうです。

すくなくとも恵を救出することに関してはしっかり作戦に組み込まれている様子なので、そこは一安心です。

ただ展開を考えるとどうしても乙骨が死ぬのではといった予想がよぎります。

個人的には退場してほしくないですが、、、、、

次回の展開としてはそのあたりの攻防戦に期待ですね(もしくは秤VS裏梅戦の決着)。

呪術廻戦250話ネタバレ最新話の考察|五条復活

五条の死体の所在が分かったことで、五条の蘇生の可能性も浮上しました。

五条の死体の回収に関しては、以前から各界隈で考察されていた内容ですが、五条の復活に関しても多くの考察がなされてきました。

今回、死体が回収されていると判明したことで”家入”による蘇生は、少なくとも死亡が確定してすぐに行われたでしょう。

とすると、五条の死体回収に伴って鹿紫雲が即座に投入された理由に説明がつきます。

鹿紫雲が即座に戦場に投入された理由として、本人が望んでいたのは大きいですが、今回の件で”五条の回収”を瞬間的に行いたかったのも理由としては考えられますね。

釘崎の場合も死体の状態を一時的に停止させることで蘇生を試みていましたが、五条の場合も瞬間的な対処により蘇生に持っていくことを施策していてもおかしくはありません。

ただ、五条や日車が生きているとなるとインフレが起こってしまうので、何かしらのハンデがあるか、宿儺が異常に強化されるか、もしくは生存はしていても戦闘できる状態ではないかのいずれかは考えられますね。

All Jjk Deaths in the Manga, So Far - IMDb

呪術廻戦250話ネタバレ最新話の考察|虎杖”卍解”!

憂憂らの行動をもとに宿儺は”虎杖の腹が瞬間的に回復している”のもそのせいかと、一度考察しますがすぐに考えを改めます。

虎杖の回復は他者の介入によるものではなく”虎杖自身の反転術式”によるものであると、宿儺自身が言い切りました。

めちゃくちゃ熱いですね。卍解!

虎杖の成長をみてテンションが上がったので、ここはあえて卍解とさせていただきました。

ここでやっと主人公としての役目を全うする展開が回ってきました。

しかも、虎杖の回復速度を見るに相当なレベルであることが伺えます。

「処刑人の剣」で斬りかかり失敗した直後、宿儺の斬撃をくらいます。

描写を見るに予感して瞬間的に防御したようですが、だとしてもほとんど一瞬で回復していました。

さらに宿儺の考察は続きますがここで「主菜は憑霊の餓鬼だな・・・」といった言及がされますが、九相図のことでしょうか?

呪術廻戦250話ネタバレ最新話の考察|不義遊戯

今回の羂索とのやり取りでのラストシーンで、羂索の首をはねた際と同じように刀の「カァァァァァァン」という金切り音と同時に乙骨が瞬間移動のような術式を使った場面が描かれていました。

条件や要素だけで言うと不義遊戯である可能性は高いですが、気になる点としては1度目も2度目もリカが完全顕現しているような描写がないという点です。

仮にもし不義遊戯であるとすれば、模倣の使用条件としてリカの完全顕現が必須事項になるはずですが、それが描写としては揃っていないため結構微妙なラインですね。

ただ、不義遊戯に酷似するとはいえ完全に一致しているわけでもなさそうです。

例えば、東堂の場合は手拍子で発動していましたが乙骨の場合は刀で発動しています。

なので条件が完全に一致しているわけではありません。

もしも乙骨の所持している”刀”が模倣を保存する媒体(七海の呪具と同様)だとすれば、発動条件にも納得がいきます。

呪術廻戦 250話:どこで読むか

呪術廻戦 250は、2024 年 2月7日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦250話 Raw – Jujutsu Kaisen 250 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦249話 Raw – Jujutsu Kaisen 249 Raw

結論