Skip to content

呪術廻戦 256話 ネタバレ|宿儺覚醒の可能性と虎杖とのタイマン!

呪術廻戦 256話: 発売日

呪術廻戦256話は2024年4月8日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年4月4日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 256話 ネタバレ|宿儺覚醒の可能性と虎杖とのタイマン!

呪術廻戦 255話: 要約とレビュー

ミゲルは他の兄弟のためにも、この依頼は断ると決意しているようでした。

それをラルゥが色んな条件を付け説得当たりますが、ミゲルが首を縦に振る素振りはありません。

そこで乙骨が2人してほしいと促しますが、ミゲルはラルゥにどうするのかを尋ねます。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦256話 Raw – Jujutsu Kaisen 256 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦255話 Raw – Jujutsu Kaisen 255 Raw

ミゲルは、夏油だから付きてきたのであって、夏油がいない現在、日本に係わる必要はありません。

そんなミゲルに対し、ラルゥは一緒に戦って弔いたいと言います。

その発言を”地獄”と表現しながらも、決意を固めたミゲル。

ミゲルが出る条件として、五条と乙骨が負けたあと。

そして、宿儺が領域を使えなくっている場合のみだけです。

この条件を満たしていたので、ミゲルとラルゥの参戦が決定しました。

そして、宿儺と対峙する2人。

最初に仕掛けたのは、ラルゥでその後にミゲルが応戦します。

Jujutsu Kaisen Chapter 256: Release date & spoiler speculation - Dexerto

呪術廻戦 256話: ネタバレと予想

呪術廻戦256話ネタバレ最新話の考察|ミゲルの術式

ミゲルの術式が気になるんだけど、彼の術式は肉体にリズムを刻んで呪いを跳ね返し、身体能力を向上させる「祈祷の歌」というものだ。

でもここで疑問に思うのが、「それって本当に術式?」って点さ。

呪いを跳ね返す術式なら、「反転術式」みたいな感じなのかな?

だとしたら、呪霊に対しては効果的な術式だろうね。

乙骨がミゲルと行動を共にして海外遠征に行っていた理由も納得できるよ。

術式名に「祈祷」と入っているから、キリスト教やカトリックの要素も含まれてそうだね。

「天使」や「堕天使」、そして「ヤコブ」という要素もユダヤ教系の名称だから、この世界にはそれらの要素も含まれているんじゃないかな。

呪術廻戦256話ネタバレ最新話の考察|弱体化

ミゲルが参戦条件として提示したのは、「宿儺が領域を使えない状態であること」と「五条と乙骨が負けた場合」の2つだったけど、参戦している状況からこの2つともクリアしていて、さらに言えば反転術式の機能も低下し腕も欠損している弱体化した状態で、条件以上にハンデを負っていたよ。

「申し訳なくなってきたナ」とミゲルが発言していることから、かなり勝算は高そうだね。

また、五条との戦闘に移る際もそうだったけど、ミゲルは相手の呪力状態を診断できるような”千里眼”のような機能を使用しているみたいだよ。

Jujutsu Kaisen: Itadori's Hidden Power Theory Explained

呪術廻戦256話ネタバレ最新話の考察|ミゲルの術式

また過去に五条がミゲルの術式に関して言及しているシーンで「ミゲルの術式はあまり脅威ではないが、日本人離れした骨格でそれを仕様されると厄介である」と話していました。

また呪術師は90%以上が日本人特有の体質である点も踏まえてその辺りを評価しているようでした。

この話に関してですが、宿儺ももしかすると人間であり人間ではない可能性が考えられますね。

もしユダヤ教的な要素がこの物語に関係しており、基礎的な身体能力が呪術師の本質を決定するのであれば、もしかすると宿儺は”ネフィリム”なのかもしれません。

これに関しては都市伝説的な要素も含みますが、その設定があるとすれば半人間みたいな存在として宿儺を説明することができます。

呪術廻戦256話ネタバレ最新話の考察|ミゲル参戦の理由

ラルゥの登場も面白いけど、予想外なのはミゲルの登場だよ。

二人の性格や目的を考えると、彼らが参戦する理由はあまりメリットがなさそうだね。

特にミゲルは、日本が彼の母国じゃないから、なぜ参戦するのか気になるところだよね。

今回はその辺りの謎も解けたみたいだね。

回想では、五条が負けるかもしれない相手と戦うことに「嫌だヨ」と返しているけど、やっぱりそれだけの理由じゃないみたいだね。

Jujutsu Kaisen: Itadori Yuji's Powers & History, Explained

呪術廻戦256話ネタバレ最新話の考察|ミゲル参戦の理由②

しかし、乙骨は天元との日本人重複同化の被害が海外にまで影響すること可能性を危惧して、今回の作戦への参加を促します。

またこの話にラルゥが前向きであることと、ミゲルを説得しているところを見ると、ラルゥは日本人なのかもしれませんね。

とは言えラルゥがミゲルを説得しミゲルは条件付きでの参戦を承諾します。

この際、ラルゥは夏油の話を説得の材料として持ち出しますが、もしかすると”ラスボス”の伏線がこの辺りにありそうですね。

呪術廻戦256話ネタバレ最新話の考察|ラルゥの術式

日下部を抱える巨大な手が冒頭で登場していましたが、どうやらこれはラルゥの術式だったようです。

ラルゥの術式は術式対象を”掴む”仮想の手を出現させる「心身掌握」です。

”掴む”なので攻撃への転用はできないのかと思いきや、押しつぶす・投げとばすといったことで攻撃型の術式へ転用で斬るようです。

遠距離で使用できますが、デメリットとして仮想の手に対するダメージは10分の1が本体であるラルゥに還元される仕様になっています。

What Makes Itadori Yuji so Powerful in Jujutsu Kaisen to be Able to Control the King

呪術廻戦256話ネタバレ最新話の考察|ミゲルの強さ

今回の物語で明らかになったのは、ミゲルの強さの根源が術式ではなくフィジカルにあるということだ。

そのため、宿儺に対する最後の攻撃という点では、彼の力があまり役立たないように思えるね。

少なくとも、五条と互角に戦えたという事実や、当時の段階で五条以外の相手にも勝てるだけの力を持っていたと考えると、ミゲルは一級よりも上位のクラスにいる可能性が高いと言えるだろう。

だから、彼が夏油クラスのレベルであれば、問題なく戦えるはずだ。

結論として、ミゲルの強さは特級に近い可能性が高いと言えるだろう。

呪術廻戦256話ネタバレ最新話の考察|黒鞭

ミゲルが参戦となると、やはり気になるのは戦闘方法です。

宿儺との戦闘となると、術式の扱いであったり呪具の使用は必須になると思いますが、ミゲルの現状明かされている戦闘方法としては、「黒鞭」による戦闘です。

ですが、依然に五条と戦闘したことにより「黒鞭」は失っており、なお五条復活の際に使用できないか?との計画もありましたが、その時点では存在はしておらず、制作にも相当な時間を要するとのことでした。

ですが、無策で宿儺の前に現れるとは考えずらいので、もしかすると何等かの方法で「黒鞭」を復活させているかもしれません。

呪術廻戦 256話:どこで読むか

呪術廻戦 256は、2024 年 4月4日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦256話 Raw – Jujutsu Kaisen 256 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦255話 Raw – Jujutsu Kaisen 255 Raw

結論