Skip to content

呪術廻戦 257話 ネタバレ|高専側は時間稼ぎをしている?

呪術廻戦 257話: 発売日

呪術廻戦257話は2024年4月22日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年4月18日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 256話: 要約とレビュー

冥冥が言及していましたが、日下部の簡易領域のフルオートシステムは、「”脳”ではなく”背骨”で考えている」とのことでした。

このことから、日下部は末梢神経系の反射を軸として応用している可能性が高いです。

なので日下部が考えるよも、身体機能の超自然的な反射を簡易領域に組み込んでいるのでしょう。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦256話 Raw – Jujutsu Kaisen 256 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦257話 Raw – Jujutsu Kaisen 257 Raw

そのため、背骨で考える、脊髄反射の機能を最大限に生かした技であると言えますね。

なんと、これまでの戦闘では宿儺の斬撃に対して山勘で対応していたと明かされます。

ノーモーションかつ呪力感知が難しい斬撃を山勘のみで対応していた日下部。

この辺りも「一級最強」とう謳われる理由なのでしょうか。

とはいえ、さすがに今回は山勘では捌ききれないと判断し「シン・陰流」を使用したようです。

この辺りの戦闘IQも日下部らしいですね。

呪術廻戦 257話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話257話の考察|線の動きと点の動き

257話での五条のセリフに興味深いものがあったんだ。 「術式なし・呪力強化ありで僕とミゲルが身体能力を競ったら、線の動きなら勝てるけど 点の動きではたぶん負ける」

この「線の動き」「点の動き」とはどういう意味なのか気になるよね。

「線」は点がつながってできるもので、戦闘における「一連の動き」を意味するかもしれないね。 「点」はひとつひとつがつながって線を作るもので、「個々の動作」を意味すると考えられるよ。

この解釈から五条のセリフを言い換えると、こんな感じかな。

「呪力操作を含めた一連の動きの流れ全般なら五条が勝つけれど、個々の動作ではミゲルが勝つ」

Jujutsu Kaisen: 20 Things The Anime Changed From The Manga

呪力で身体を強化するということは、体の全体に均等に呪力を行き渡らせる必要があると思うんだ。 その操作の精度は、五条の方が上かもね。

一方、ミゲルは個別の動きなら五条を上回るってことだよ。 「呪力で強化した打撃」とか「呪力で強化した防御」といった単発の威力だけなら五条以上なのかな。 255話でも、「宿儺の攻撃を止める」「宿儺の急所を攻撃する」などの動作はしっかり描写されてたよ。

ただ、「五条を上回る力がある」ことと、「だから宿儺を倒せる」はイコールじゃないよね。 宿儺はおそらく、「ミゲル並みの点の動き」と「五条並みの線の動き」ができるはずだから。

「点の動きなら五条以上」だけのミゲル単独では、宿儺を倒すのは難しいと思うよ。

呪術廻戦ネタバレ最新話257話の考察|謎の人物「宇佐美」とは誰?

日下部が「最強の1級術師は誰か」と問われたとき、「俺と宇佐美以外」と答えたんだ。 でも、今までの話の中に「宇佐美」という人物が登場したことはないんだよね。 「かつて宿儺を封じた術師」という説もあるけど、そんな描写や情報は本編にはないんだ。

つまり、ここで日下部が挙げた「宇佐美」という人物は、まだ登場していない強者だということになるんだ。 253話の会話で1級と言われてるから、助っ人として参戦したらかなり頼りになる人物と言えるね。

253話の日下部の発言から、「宇佐美」という人物像をもう少し考えることもできるよ。 日下部は、最強の1級術師は自分と宇佐美以外だと言ってたんだ。 だから、宇佐美は日下部が「最強じゃないだろう」と思うような人物だと考えられるね。

1級というランクなら、それなりに強いと思われるだろう。 そうなると、宇佐美も日下部と同じく、戦いに積極的ではなくて逃げることや身を守ることを優先するタイプかもしれない。

呪術廻戦のキャラクターは、割と前線で戦うことが多いけど、日下部はそうじゃないから、宇佐美も同じように、戦うよりも逃げることを考えるタイプかもしれないね。 宇佐美は、実力はあるけど、リスクを取りたくないし、危険をできるだけ避けたいという、普通の人間的な感覚を持ったキャラクターとして登場するかもしれないね。

Jujutsu Kaisen: Conheça 3 volumes para entender a história da saga

呪術廻戦ネタバレ最新話257話の考察|高専術師の異常な耐久力の秘密はミゲルにある?

宿儺が高専術師のひと月前と比べて異常なほど耐久力が増したことに、疑問を感じていたんだ。 宿儺が「このひと月、何をした?」と聞くと、乙骨は「ズルをしました」と答えたんだ。

この「ズル」というのは、おそらくミゲルから海外の呪力の使い方を教わったことだろうね。 なぜなら、ミゲル自身がトップクラスの耐久力を持っていて、今は乙骨と親友のような関係にあるからさ。

0巻の百鬼夜行では、ミゲルが五条と戦って、10分以上も足を止めていたんだ。

その時、五条の打撃は術式順転「蒼」を拳に纏っていて、231話でその威力が明らかになってるよ。 乙骨と秤も五条の打撃を受けたときに「吐いた」と話しているから、その威力の凄まじさがわかるよね。

でも、ミゲルは百鬼夜行の戦いで、五条の打撃を20発以上受けても、立ち上がって、五条に反撃しようとしてたんだ。

それから、乙骨や秤と比べても、ミゲルの耐久力は別格だとわかるよね。

それに、海外でも術式や呪力の概念はあるみたいだけど、まだそのようなものが登場してないよ。

でも、145話で乙骨がアフリカに行っていたことが判明したんだ。 そこで、ミゲルの異常な耐久力の秘密を学んだ可能性があるよ。

要するに、乙骨たちはミゲルから海外の呪力の使い方を教わることで、短期間で異常な耐久力を身につけたのかもしれないね。

2021) Top 10+ des décès les plus émouvants de Jujutsu Kaisen (série Manga)

呪術廻戦ネタバレ最新話257話の考察|宿儺の解を喰らった乙骨は死亡したのか?

宿儺が呪詞を唱えて放った「解」を受けた乙骨が、憂憂の術式で戦場から離脱しました。 そこで気になるのは、乙骨がまだ生きているかどうかですね。

結論から言うと、乙骨は重傷を負っているけれども、生存していると考えられます。 その根拠は二つあります。

まず一つ目は、解を受けた直後でもリカがまだ消えていないことです。 乙骨が宿儺の解で倒れたけれど、倒れた乙骨を憂憂が運んでいたのはリカでした。

リカは乙骨の「外付けの術式」であることが178話で明らかになっているんだ。 もし乙骨が死亡していたら、リカも同時に消滅するはずです。

次に二つ目は、乙骨の領域が崩れたことです。

252話で宿儺は真希の奇襲攻撃を受けた後、乙骨の領域が崩れたのではなく、乙骨が自ら”崩した”と予想されました。

自ら崩したということは、乙骨が自分の意志で領域を破壊したということですね。 この点からも、乙骨は生存していると考えられます。

以上のことから、乙骨は宿儺の解を受けたけれども、まだ生きている可能性が高そうです。

今後、高専術師たちが苦境に立たされたとき、再び乙骨が助けに現れる展開があるかもしれませんね。

呪術廻戦 257話:どこで読むか

呪術廻戦 257は、2024 年 4月18日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦256話 Raw – Jujutsu Kaisen 256 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦257話 Raw – Jujutsu Kaisen 257 Raw

結論