Skip to content

呪術廻戦 258話 ネタバレ|虎杖の呪力量は宿儺に匹敵する?

次の『呪術廻戦』のチャプターは2023年12月3日に発売予定です。ただし、ファンは第259話を少し長く待たなければなりません。『呪術廻戦』のマンガは現在最終サーガに入っており、悲しいことに五条悟や七海、下兎など愛されたキャラクターたちとの別れを経験しました。幸いなことに、五条の命を奪った悪党は第259話で由太によって倒されました。そして今、みんなが熱望しているのは朱奈の恐怖の終わりです。

今後のチャプターの最新ネタバレによると、禪と樋蒜が呪いの王と戦うことがメインになるようです。ファンは『呪術廻戦』シリーズが突然の休みなしに続くことを待ち望んでおり、コミュニティ内で話題になっています。マンガとアニメが毎週視覚的に素晴らしく、印象的なコンテンツを提供しているため、第259話以降に遅れがあるかどうかに対する期待が高まっています。

呪術廻戦 258話: 発売日

呪術廻戦258話は2024年4月29日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年4月25日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦258話 Raw – Jujutsu Kaisen 258 Raw

呪術廻戦 257話: 要約とレビュー

伏黒恵に直接問いかけるためには、虎杖の魂の打撃が有効です。

今回虎杖は黒閃を放って覚醒しており、この後も黒閃の連発がありそうですが、そうなると伏黒恵に再度問いかけるシーンはありそうです。

一度目は失敗しましたが、2度目となると虎杖もなんかしら対策を練らねばなりませんが、タイプ的にはそんあ対策は練ってこないでしょうか。

おそらく、ひたすら魂の打撃で伏黒恵を奮い立たせようとするのではないでしょうか。

前回の最後に虎杖が覚醒したとの描写がありましたが、では覚醒したら一体どうなってしまうのか。

色々考えられますが、一番熱い展開としては、虎杖に宿儺の術式が刻まれるということではないでしょうか。

本当なら宿儺の受肉により、虎杖には宿儺の術式が刻まれる予定であったが、伏黒恵に受肉したことにより、術式は刻まれなかったとあります。

ただ、ある程度の時間、虎杖に受肉していたことを考えると、覚醒して術式が刻まれることになったという展開は大いにあるんじゃないででょうか。

呪術廻戦 258話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話258話の考察|虎杖悠仁の呪力量は残り少ない?

快進撃をみせる虎杖ですが、冷静に振り返ってみると、普通なら死んでいる傷を4度もくらっているんですが、なんとか反転術式で凌いでいる状況です。

その反転術式ですが、呪力量を通常の2倍消費することはご存じの通りで、それを踏まえると虎杖はここまでかなりの呪力量を使ってきている計算になります。

現在は宿儺に対して優勢に進めていますが、そのうち呪力切れを起こす可能性がありそうですよね。

黒閃は呪力出力を上げるものであって、決して呪力量が増えるわけではないため、その点が多いに心配ではあります。

呪術廻戦ネタバレ最新話258話の考察|虎杖が領域展開する可能性が高まる

呪術廻戦の醍醐味と言えば、領域展開であるのは間違いありません。

しかし、主人公である虎杖悠仁がこれまで領域展開ができないことは周知の事実ですが、ここに来て虎杖悠仁に対して領域展開発動への期待が大きくなっていますよね。

領域展開するためには、

が必要となってくるわけですが、前述した呪力量の心配がないなら、領域展開発動は既定路線でしょう。

呪術廻戦ネタバレ最新話258話の考察|優優が狙われる?

258話では、日下部を回収するために優優が登場した際に、宿儺に狙われましたが、ミゲルとラルゥによって助けられました。

今回、猪野が力尽きたため再度優優により回収作業が行われそうですが、それを宿儺が見逃すでしょうか?

現在は虎杖にやられっ放しで優優のことを気にかけている場合ではないが、少しでも隙ができれば優優に矛先が向かいそうですよね。

呪術廻戦ネタバレ最新話258話の考察|治療させてる術師の流れは?

現在の高専側の術師が治療をしている流れを今一度振り返っておきましょう。

ただ、宿儺に世界を断つ斬撃を受けた乙骨などは、優優回収からの家入治療という流れで間に合うのでしょうか。

家入の治療を受けるためには、新田新が一枚噛んでいると考えた方が良さそうです。

新田新の術式は、傷を治すというよりは、傷の悪化を止めるといった応急処置的な術式です。

呪術廻戦ネタバレ最新話258話の考察|宿儺の術式「御廚子」とは?

宿儺の術式は未だ不透明な部分が多いですが、現状は生得術式の「御廚子」と伏黒を受肉したことにより得られた「十種影法術」の二つを持っていることが判明されています。

問題は、「御廚子」の内容であり、「捌」と「解」といった斬撃がメインであるのはわかりますが、「開(フーガ)」は御廚子に含まれているのでしょうか?

正直、開(フーガ)を使う前に(アーク)と唱えてるようなので、別物なんじゃないかなと思っています。

虎杖から伏黒へ受肉して以降は使用がないため、もしかしたら「開(フーガ)」は「御廚子」には含まれておらず、それ単独の術式であり、伏黒に受肉した現在は使えない可能性がありますよね。

Jujutsu Kaisen: Sukuna's Cursed Energy Technique, Explained

呪術廻戦ネタバレ最新話258話の考察|「開(フーガ)」は虎杖の生得術式だった可能性は?

開(フーガ)」が単独の術式であるならば、それは虎杖の生得術式であった可能性が出てきます。

伏黒に受肉したら使えなくなったというならば、「開(フーガ)」自体が虎杖の術式であったということですよね。

ただ、これには虎杖が術式を持っていないとする五条の見解や、虎杖が日車と戦った時のことを考えると辻褄が合わなくなってきます。

「開(フーガ)」が虎杖の生得術式であるが、宿儺が虎杖から抜けたことで刻まれるものだった可能性もありますがどうでしょうか。

そうなると、恐らくそれは羂索が仕掛けたものなのでしょうし、そもそも宿儺の片割れと羂索の子である虎杖が術式を持っていないことの方が不自然ですよね。

呪術廻戦ネタバレ最新話258話の考察|虎杖悠仁の祖父は何者?

虎杖悠仁が、宿儺の双子の魂と羂索から生まれたことが判明しましたが、それでは虎杖の父方の祖父は何者なのでしょうか?

宿儺の双子の魂がいつ虎杖の父親に宿ったのか、元々宿っていたのかは謎のままです。

生まれた時から宿っていたのなら、祖父が何かしらの秘密を持っていそうです。

何か不吉なものを感じ取り、羂索との結婚には反対していたように、こうなることはわかっていたのでしょうか。

呪術廻戦 258話:どこで読むか

呪術廻戦 258は、2024 年 4月25日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦258話 Raw – Jujutsu Kaisen 258 Raw

結論