Skip to content

呪術廻戦 258話 ネタバレ|虎杖さらなる覚醒!おされる宿儺フーガ解禁!

呪術廻戦 258話: 発売日

呪術廻戦258話は2024年4月29日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年4月25日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 257話: 要約とレビュー

日下部の発言で初登場した「宇佐美」という存在。

これまで一度も登場したことないキャラクターであることから、今後、伏線回収という形で登場しそうですが、宿儺戦での登場はないかもしれません。

理由としては後にお伝えしますが、まず一つの可能性として「既に死んでいる説」を紹介します。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦258話 Raw – Jujutsu Kaisen 258 Raw

というのも、シンプルにこれまで登場してこなかった理由として「死んでいるから」であれば説明がつくから、という安直な理由です。

直近でいえば、渋谷事変では、複数名の呪術師が招集されたにも関わらず、宇佐美の面影はどこにもありませんでした。

百鬼夜行に関しては、数多くの呪術師が集められたようですが、そこでも宇佐美は登場していません。

このことから、すでに死んでいる可能性を考慮してみました。

このインタビューの時系列にもよりますが、この当時は生きていた可能性があります。

しかし、その後何等かの任務で死亡したと考えれば辻褄が合います。

呪術廻戦 258話: ネタバレと予想

呪術廻戦258話ネタバレ最新話の考察|宿儺フーガを解禁

うらうめのはつげんにより、きょうみをもてるあいてかそうじゃないかでじゅりょくのなみがかわるというすくな。

そしてそのすくながいまだにしようしていないじゅつしき、それが「開(フーガ)」です。

さくちゅうでも1かいしかでてきていないものであり、とじゅつしきのなまえもふめいになっているわざです。

とらすじのかくせいにより、あたためているじょうたいの「開」をしようするのではないでしょうか。

またもはんめいすることで、「開(フーガ)」のはせいしたこうげきをほうってくるかのうせいもありますね。

jujutsu kaisen-sukuna alanpeapa - イラスト ART street (アートストリート)

呪術廻戦258話ネタバレ最新話の考察|宿儺の片割れの術式が虎杖に発現する?

とらすじのちちは、宿儺のかたわれのうまれかわりとはんめいしました。

それによりうらうめもかんじていたように、とらすじじしんにしゅくなのうどうの同等のせんざいのうりょくをひめているかのうせいがあります。

しゅくなとまったくおなじじゅつしきをはつげんする、もしくはかたわれにやどるはずだったじゅつしきがとらすじにはつげんするのではないでしょうか。

そうなれば、じゅつしきのあらさはあるものの宿儺にとってよりきょういとなるとかんがえられます。

呪術廻戦258話ネタバレ最新話の考察|虎杖に刻まれた術式

ふかんぜんとはいえ、ちょうそうのじゅつしきであった”穿血”をつかえるようになっていたとらすじ。

さまざまなしゅぎょうをしてきたとおもわれるとらすじのしんわざがやっとはっきされ、これからのかくせいをしさしていそうですね。

そのなかでいちばんきたいしたいのは、とらすじのからだにきざまれているとされるしゅくなのじゅつしきです。

いぜん、しゅくながとらすじにじゅにくしていたときにごじょうがしゅくなのじゅつしきについてかたっていました。

そのなかではつげんされるものとして”フーガ”のかのうせいがたかいのではないでしょうか。

”穿血”とにたようなけいたいのものであり、とらすじがはきだすけっけつはばくはつてきなちからをもっていました。

じぶんのけっけつをばいたいとし、”穿血”と”フーガ”をあわせもったじゅつしきがとらすじのじゅつしきとしてはっげんするのではないでしょうか。

Ryomen Sukuna (Jujutsu Kaisen) by Klawddie on DeviantArt

呪術廻戦258話ネタバレ最新話の考察|ミゲルとラルゥ

一時的に宿儺戦の加勢に現れたミゲルとラルゥ。

ラルゥは宿儺の攻撃をもろにくらってしまったために、重傷です。

ただ宿儺に隙を作るため最後に、術式を使用し大きな仕事をしてくれたラルゥ。

これで二人の役割としては終わりとなるのではないでしょうか。

もともと条件付きでの参戦だったので、虎杖が覚醒した段階で撤退するでしょう。

呪術廻戦258話ネタバレ最新話の考察|宿儺の反転術式が復活

4どのくろせんをはなっているしゅくな。

ほんしもでもあったように、せいぜんごじょうはおなじじょうけんとなったときにはんてんじゅつしきのしゅつりょくをとりもどしていました。

ごじょうにできてしまったのであれば、そのたたかいのしょうしゃであるしゅくなもかのうとなってしまうのではないでしょうか。

はんてんじゅつしきのしゅつりょくがもどってしまえば、こうせんがわにとってぜつぼうてきなじょうきょうとなってしまいます。

Jujutsu Kaisen Teases The Brutal Finale Of Season 2 With Sinister New Trailer

呪術廻戦258話ネタバレ最新話の考察|ミゲル黒縄を使用する?

宿儺戦に参戦してきたミゲル。

ミゲルの術式は自らの身体能力を向上させるものだと判明しました。

実際に戦いの中で、宿儺に素手でダメージを与えています。

その力は五条に点の動きなら負けると言わしめるものです。

しかしこの後、宿儺が反転術式の出力を取り戻す可能性が出てきました。

その場合のために、ミゲルは実は黒縄(こくじょう)を母国から持ってきているのではないでしょうか。

当初はもうないとされていましたが、乙骨との旅の中で黒縄を探すというミッションも五条から出されていました。

「あらゆる術式効果を乱し相殺する」という効果を持つ黒縄。

それにより、五条の無下限術式を封じることで互角に渡り合っていました。

宿儺との戦いでここぞというときに、黒縄を使用する可能性があるのではないでしょうか。

呪術廻戦258話ネタバレ最新話の考察|ミゲルと乙骨の関係

「呪術廻戦0」にて、ミゲルは夏油を王にするとして敵対していた存在でした。

しかし夏油の敗北後、なぜか乙骨を押し付けられ、ともに海外へ。

二人の関係についてはそこから始まっていると考えられます。

りかちゃんが成仏したことにより、特級から4級術師に下がっていた乙骨。

しかし再び特級に返り咲いています。

このことから海外でのミゲルとの修業が今の乙骨を作り上げているといっても過言ではないでしょう。

現在、乙骨は宿儺の攻撃を受け、離脱していますが、ミゲルの登場により再び参戦へのフラグとなっているのではないでしょうか。

呪術廻戦 258話:どこで読むか

呪術廻戦 258は、2024 年 4月25日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦258話 Raw – Jujutsu Kaisen 258 Raw

結論