Skip to content

呪術廻戦 260話 ネタバレ|宿儺の弱体化と例のあの人登場で加速する最終決戦!

呪術廻戦 260話: 発売日

呪術廻戦260話は2024年5月20日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年5月16日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 259話: 要約とレビュー

宿儺の「竈」は「解」と「捌」を経て、解放されました。

さらに「竈」をより強力なものとするために縛りを科していた宿儺。

その縛りとは「領域展開中を除く多対一での竈の実行禁止」。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦260話 Raw – Jujutsu Kaisen 260 Raw

それによって、「伏魔御廚子」の術式拡張と粉塵化した全ての物質が「竈」と同様の爆発性の呪力を持つこととなりました。

さらに宿儺は一時的に結界の仕様を「生物以外の出入りを制限」に変更したことで、「竈」の効果範囲内を密閉してしまったのです。

その結果、領域内に散らばった粉塵全てが爆発性の呪力を帯び、領域内の生物を死に至らしめる宿儺の最終奥義に虎杖たちは巻き込まれてしまうのでした。

宿儺の最終奥義が放たれたその時、虎杖の目の前に立ったのはなんと脹相でした。

体を挺して赤血操術で壁を作り、虎杖を「竈」から守り続けます。

呪術廻戦 260話: ネタバレと予想

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|一か月前

冒頭、部隊は一か月前の修業シーンにまで遡ります。

虎杖への「赤血操術」教授の任を担ったのが、脹相と加茂典敏の2人でした。

お兄ちゃんである脹相は、感覚的な教え方しかできないため、ほとんどのロジカル的な部分を典敏がカバーし虎杖に教えます。

典敏がここの場面で再登場してくれたのには感銘を受けました。

本編での戦闘シーンは今後ないかと思われますが、このような形での登場は非常に胸アツですね。

虎杖が「百斂」のコツについて伝授してほしいと希望したところ、脹相は上手く言語化できていませんでした。

一方の典敏は、とても分かりやすい説明で虎杖を納得させることができていました。

Sukuna and Itadori Yuji HD Wallpaper - Jujutsu Kaisen Anime by patrika

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|付け焼刃

「百斂」を伝授する際に典敏が明かしますが、虎杖の「赤血操術」はあくまで付け焼刃であるため、そこまで本格的な技の使用については言及していませんでした。

そのため、脹相が「超新星」を教えると前のめりでしたが、やんわりと却下される流れとなりました。

となると、現状の虎杖が使用できる「赤血操術」には限りがあるということになります。

虎杖が宿儺戦で使用した「赤血操術」は主に「穿血」を「炸裂する血」の二つになります。

また切断された足を接合する際に、血を使って繋ぎ合わせていたことから、簡単な血のコントロールに関しては問題ないかと思われます。

付け焼刃にしては上出来ともいえるでしょう。

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|「フーガ」の詳細

これまで戦闘でめったに使用することのなかった「フーガ」ですが、今回その理由に関して明確な理由が明かされる形となりました。

「フーガ」の発動条件として、「解」と「捌」の工程を踏むことで初めて使用が可能となるそうです。

しかし、効果力である一方で速度は遅く、効果範囲が狭いデメリットが存在します。

そのため宿儺は縛りを課して”領域展開中以外の多対一での「竈」の使用を禁止”し、「御厨子」によって木っ端みじんになった全ての物質に「竈」と同等の爆発性を持たせるという、超チート級の技に仕上げています。

なので、「御厨子」を防いだとしてもほとんど即死級の「竈」を受けることになるという仕様になっています。

五条戦では、結界術式の要件を何度も変更していたことと、効果範囲を絞り続けたことが威力の低下につながると判断して「竈」を封印していたと明かされます。

Sukuna from Jujutsu Kaisen HD Anime Wallpaper by patrika

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|「竃・開(カミノ・フーガ)」

宿儺の奥の手「竃・開(カミノ・フーガ)」。

日下部もこのことに関しては慎重であったことから、虎杖への発現は未だ確認されていない可能性が高いと思われます。

これまでとされていた部分は「竃(かまど・カミノ)」と詳細が開示されています。

意味としては「陶磁器やガラスや炭などを作るときに、素材を高温度で焼いたりと化したりするための装置」を指すそうです。

まんまではありますが、結構あっさりした内容ですね。

ちなみに宗教的要素として”かまど神”などが存在していることから、名称に関してはこの辺りから持ってきている可能性も高いですね。

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|裏梅

宿儺の「フーガ」発動を見て「私たちの勝ちだ」と勝利宣言をする裏梅ですが、どうやらちゃんとフラグだったようで、この価値宣言フラグが後に覆される結果となります。

ところで未だに決着のつかない裏梅VS秤戦。

一体この先どのように展開させるつもりでしょうか。

やはり考えられるのが、秤との決着がつく間もなく宿儺との戦闘に合流する形が綺麗な感じもします。

秤に関してはボロボロの様子から、だいぶ押され気味である点を考慮すると、1on1での戦闘での勝率はかなり低いのではないでしょうか。

とすると、追い詰められた宿儺&裏梅VS虎杖と残された高専メンツの対峙になりそうですね。

Sukuna-Jujutsu-Kaisen-Anime-HD-Wallpaper by patrika

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|秤VS裏梅

宿儺戦が終盤を迎える中、一方で気になるのが秤VS裏梅の戦闘の決着の行方です。

最後に2人の戦闘が描写されたのは252話で、ほとんど戦闘というよりも語り合いのような形となっていました。

ここでは宿儺の本領に関して、裏梅から「宿儺様はまだ本気を出していない」と発言しており、その後の話数では確かに以上なレベルで呪いの王としての本領を発揮していました。

最新話である今回の前回では、宿儺の覚醒に対してフーガを発動していましたね。

その話は置いておいて、この状況において秤と裏梅の戦闘の決着はどのように描かれるのでしょうか?

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|裏梅の強さ

裏梅の戦闘描写に関しては、比較的多くはありませんが強さを証明するような描写はいくつかあります。

混ざ得は、初の戦闘描写である渋谷事変での最終局面での登場時。

ここでは、虎杖を含めた1級程度の呪術師数名と高専メンツを複数名足止めし、危うく瀕死状態に追い込むまでの術式を見せてくれました。

その際に使用したのが、裏梅の生得術式である氷凝呪法です。

この術式の強力な点は、呪力を霧のように吹きかけ対象を氷結させることができます。

瞬間的に複数の呪術師を氷結できることから、強力な術式であることは明白です。

また、これとセットで使用してくる「直爆」は即死級の技であることから、裏梅が等級だと1級以上の強さ、等級レベルである可能性を示唆しています。

単独での国家転覆も、「霜凪」と「直爆」のセットが可能にしてくれるでしょう。

これらの他に使用指定に術式がある可能性を見越すと、対裏梅では気が抜けないですね。

呪術廻戦 260話:どこで読むか

呪術廻戦 260は、2024 年 5月16日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦260話 Raw – Jujutsu Kaisen 260 Raw

結論