Skip to content

呪術廻戦 262.5話 ネタバレ|リカも消滅して乙骨死亡か⁉︎

呪術廻戦 263話: 発売日

呪術廻戦263話は2024年7月8日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年7月4日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 262.5話 ネタバレ|リカも消滅して乙骨死亡か⁉︎

呪術廻戦 262話: 要約とレビュー

虎杖と東堂が宿儺に立ち向かっていく中で、前触れもなく五条が復活していました。

吹き出しが正しければ、復活したのかもしれません。

五条の遺体を回収していた事から、反転術式に明るい家入が何か仕込んでいたのでしょう。

👉今すぐ読む:呪術廻戦 263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw 

恐らく反転術式は真に極めた者ならば、一度だけ死者を復活させられるのだと思います。

なので家入の反転術式で復活できたのでしょう。

五条が復活している様子を見せていました。

その事から反転術式には恐らく大量の呪力を使えば、死者を復活させられるのかもしれません。

そうなってくるとまだ体が残っている釘崎も復活しているんじゃないでしょうか。

顔付近をやられていましたが、五条のように真っ二つにされたわけじゃないので、復活させられないわけがありません。

それにはっきりと死亡した描写もないので、ひょっとしたらとっておきとして復活するんじゃないでしょうか

呪術廻戦 263話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話263話の考察|宿儺と虎杖が共振している証拠がある?

263話の東堂と冥冥の会話によると、虎杖と宿儺が共振している可能性があるとのことでした。
そのため東堂は、虎杖に作戦の一部を隠しておくよう冥冥に話していましたよね。

この対応が大正解だった可能性が、実は過去にすでに描写されています。

223話で、満象を応用して穿血を再現してみせた描写がそれです。

血液を使ったものではなかったものの、脹相が驚いていたことからあの技は穿血の動きで間違いなさそうです。

あのとき、宿儺が穿血の動きができたことの理由ははっきり描かれてはいませんでした。
しかし、263話で虎杖が赤血操術の特訓をしていたことが描写されました。

さらに263話で、虎杖と宿儺に共振が起こる可能性がある点が指摘されたわけです。

これらのことから、虎杖と宿儺に共振が発生し、虎杖が習得した赤血操術のコツが宿儺にも伝わった可能性があることが考えられます

虎杖から無意識に宿儺に情報が流れているのだとしたら、東堂の対応はまさに大正解だったことになりますね。

呪術廻戦ネタバレ最新話263話の考察|リカが乙骨と一緒に宿儺と戦わないのはなぜ?

263話では、乙骨が宿儺と戦っている中、リカが高専の医療室にいました。
なぜリカは、乙骨と一緒に戦わないのでしょうか。

その理由は、2つ考えられます。

一つ目は、リカが宿儺に倒されるのを防ぐためです。
乙骨が模倣を使用できる時間は、リカが完全顕現している5分間であることが、178話で判明しています。

乙骨は現在、模倣を使用することで五条の身体に受肉していました。
そのため、もしリカが5分経過前に宿儺に倒された場合、乙骨は模倣の効果が切れることで、5分も経たずに死亡してしまう可能性があります。

それを防ぐために、乙骨はリカに戦場とは離れた場所にいるよう、指示を出したのではないでしょうか。

二つ目は、五条の身体に受肉した状態では、リカを制御することができなかったためです。

263話で描かれた戦闘描写を見ると、現在乙骨が操っている五条の左手には、リカと同調するのに必要な指輪がありませんでした。
また、263話のラストで描かれた乙骨の身体を見ると、不自然にも左腕がリカの腕で隠されています。

ここで、263話で乙骨が初めて五条の身体に受肉した状態で現れた時、宿儺は額の縫い目を見てようやく、目の前の五条が乙骨であると判断していました。

宿儺でも相手の呪力だけで目の前の五条を見抜けなかったことから、五条に受肉した状態の今の乙骨には、五条の呪力が流れていると考えられます。

そのため、仮にリカが相手の呪力を見て人を識別している場合、乙骨が五条に受肉していることを、リカは認識できていない可能性は十分に考えられるでしょう。

このことから、リカは五条に受肉しているのが乙骨だと認識できないために、指輪を誰にも渡さないよう、守っているのではないでしょうか。

そして、指輪を手にすることができないために、乙骨はリカに指示を出すことができず、共闘することができなかった可能性があります。

もしリカが戦わない理由が先述したいずれかの理由だった場合、今後、リカが乙骨と共に戦場で戦う姿は、もう見られないのかもしれませんね。

呪術廻戦ネタバレ最新話263話の考察|「右手でゴメンね」の意味

263話で、乙骨が五条の身体に渡りました。
その際に乙骨が言っているのが、「右手でゴメンね」という言葉です。

これはおそらく、リカに向けての言葉ではないかと考えられます。

乙骨が五城の肉体を使う、最後の決断理由となったのがあのとき乙骨が負っていた傷でした。
宿儺によって、五条と同様に真っ二つにされていましたよね。

その乙骨の状態をよく見てみると、左腕が欠損しているのを確認できます。

もともと乙骨は、「リカ」と接続するための指輪を左手にはめていました。
その左手を失ってしまったため、乙骨の指輪は右手にはめられていたのです。

本当は左手に着けておくべき指環を、右手にはめることになってゴメンね

乙骨のセリフの意味は、おそらくそのようなものであったと考えられます。

呪術廻戦ネタバレ最新話263話の考察|裏梅の発言で読み解く乙骨の覚悟

263話で、乙骨が「五条亡きあとの怪物には自分がなる」という覚悟をしていたことが判明しました。
肉体を渡る術式を模倣して、五条の肉体を乙骨が使うという作戦の話をしていたくだりです。

勝率は上がると思う。
しかし人間的に問題があるから賛成はできない。

真希や日下部のこのような考え方に対し、「五条はどうなんだ」という自分を意見を乙骨はぶつけていました。

このやりとりを理解するためのヒントに、実は裏梅のとあるセリフがあるんですよ。
263話で、秤に言っていた以下のセリフです。

「現代の術師は人間であろうとする心が強い」
「人間性を保つため、己の中に膨らむ異能を抱えながら壊せるモノを壊してはいけないと言い聞かせる」

乙骨が大事だから、人間的にどうかと思われる作戦には賛成できない。
真希や日下部のこういった考え方は、裏梅に言わせれば「人間であろうとする心」の表れと言えます。

対する乙骨の「怪物になる」という覚悟は、「人間であろうとする心」を捨てて術師としての強さを求めるという姿勢の表れです。

呪術廻戦ネタバレ最新話263話の考察|「人外魔境」に込められた意味

263話をもって、一度休載期間を挟むことになった呪術廻戦。
新宿での戦いは長期化していますが、その分細かい部分についても考える時間が生じています。

例えば、「人外魔境新宿決戦」というサブタイトルについてです。
これは宿儺を含め、最前線で戦っている人物たちが「人外」となることを選んだことを意味していると考えられます。九相図の亡骸を取り込んで、赤血操術を得た虎杖。
五条の跡を継いで「化け物」になることを選んだ乙骨。

高専側の主力となる術師たちは、「人間性を捨てる」ことすら受け入れて準備をしてきたことがわかります。
「人間」から「人外」になった、と言い換えることもできるでしょう。

一方の宿儺は、生まれた時から忌み子ではあっただろうと本人が言っています。
宿儺もまた、「人外」であることを自覚していたことがわかる発言です。

これらの点から、サブタイトルの「人外魔境」は「人外となったものたちの戦いの場」という意味が込められていると考えられます。

呪術廻戦 263話:どこで読むか

呪術廻戦 263は、2024 年 7月4日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む:呪術廻戦 263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw 

結論