Skip to content

呪術廻戦 262.5話 ネタバレ|乙骨が死亡したと見せかけて実は生きている結末!

呪術廻戦 263話: 発売日

呪術廻戦263話は2024年7月8日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年7月4日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 262.5話 ネタバレ|乙骨が死亡したと見せかけて実は生きている結末!

呪術廻戦 262話: 要約とレビュー

真人戦で頭部を吹き飛ばされた釘崎は安否が不明なままですが死亡したのではないと言われています。

しかし新田の時間停止?の術式や家入の元へ運ばれていることを考えると生存している確率は高いです。

呪術廻戦の作者芥見先生なら殺すと決めたらしっかりエグい死亡シーンを描写をすると思います。

👉今すぐ読む:呪術廻戦 263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw 

おそらくどこかのタイミングで復活して現れると思います。

虎杖・伏黒・釘崎の3人が早く揃うことを願います!

宿儺戦と並行して繰り広げられている秤と裏梅の戦い。

秤の凄まじい再生速度と、人間らしさを感じさせない戦い方を受け、「全力で潰す」と宣言する裏梅。

裏梅として一番厄介なのはやはり秤の宿儺や五条を凌駕する再生速度ではないだろうか。

戦いのさなか、配水管を破裂させた裏梅。

それにより二人の周りには水が大量に存在している状態だ。

無敵状態の秤を止める手段として、脳の活動を停止させるためにその水を使い、一気に秤を凍結させてしまうのではないか。

全身を凍結させられれば、さすがの秤も動けなくなるだろう。

呪術廻戦 263話: ネタバレと予想

呪術廻戦【263話ネタバレ】虎杖悠仁と東堂の覚醒

そして、虎杖悠二と東堂はこれからさらにパワーアップしていくんじゃないかな!

実際、今の段階ではまだ彼らの全力を見せてないよね。

虎杖悠二はかなりの力を持ってるけど、特に東堂に関してはまだ見せてない部分が多いんだ。

だから、これからさらに覚醒して強力なコンビになって、勝利していくんじゃないかと思うんだ。

実際、2人は入れ替わりの達人だから、最強のコンビと言っても過言じゃないよね。

しかも宿儺が東堂を1番やりにくい相手と言ってるんだから!

だから、おそらく今後、東堂がさらに活躍して最終的には勝利するんじゃないかなって思うんだ!

Sukuna's Inspiration Foreshadowed the Dark Truth About Yuji's Origins

呪術廻戦【263話ネタバレ】虎杖悠仁が領域展開

虎杖悠仁が領域展開を行ったら、彼の掌印は「堅実心合掌」になると考えられるよ。

これは手のひらを合わせたポーズで、羂索の「反叉合掌」とは逆の形だけど、同じく十二合掌の一つなんだ。

このポーズは、宿儺の「閻魔天印」とも似てて、伏黒恵の「薬師如来印」とも同じように拝んでる感じだよね。

それに、脹相の「穿血」や東堂葵の「不義遊戯」みたいに、手のひらを合わせることで特徴が出るんだ。

呪術廻戦【263話ネタバレ】堅実心合掌の意味!

この「堅実心合掌」という掌印には、いくつかの象徴的な意味が含まれてる可能性があるんだ。

まず、「堅実心」って言葉から、虎杖の性格や価値観が表れてると思うんだ。彼は常に周囲の人を守ろうとする真面目な心を持ってるから、その強さが領域展開の形になってるのかもしれない。

それに、手を合わせる姿勢は調和や統一を象徴してるとも言えるね。虎杖はいろんな困難に立ち向かいながら、自分の力を信じて他の人との調和を大切にしてるんだ。

これは、彼の強い意志や信念を象徴してると思うよ。

さらに、羂索や宿儺、伏黒の掌印とも関連してる点も大事だと思う。

羂索の「反叉合掌」は対立を、宿儺の「閻魔天印」は裁きを、伏黒の「薬師如来印」は癒しをそれぞれ象徴してるんだ。

それらと対比すると、虎杖の「堅実心合掌」は新しい境地を示してるんじゃないかな。対立や裁き、癒しを超えた力を持ってるかもしれないと思う。

虎杖の領域展開がどんな力を持ってるか、いろんな予想があるけどね。

Gojo vs Sukuna Epic Battle - Jujutsu Kaisen HD Wallpaper by patrika

呪術廻戦【263話ネタバレ】乙骨五条でも勝ち確定ではない!

まず、乙骨憂太が五条悟に次ぐ特級術師であることは確かだよね。

彼の才能や実力は確かだけど、だからといって宿儺との戦いで勝てるかどうかはわからないんだ。

乙骨の力は、外付けのコピー能力によって支えられてるんだ。

その能力はすごく強力だけど、同時にリスクもあるんだ。乙骨のコピー能力には5分という制限があって、その間に勝たなきゃいけないプレッシャーがあるんだ。

その制限があるから、乙骨は一瞬の隙も見逃せないんだ。

そして、乙骨の無量空処が当たれば勝てる可能性があるけど、宿儺みたいな相手にはそれも確実ではないんだ。

宿儺はすごい呪術のセンスと即席の縛りで、多くの術師を圧倒してきたんだ。彼の戦い方はめちゃくちゃ巧妙で、相手の動きを読み切るのが得意なんだ。

だから、乙骨が無量空処を使っても、宿儺がそれに対抗する方法を見つける可能性が高いんだ。

それに、領域展開についても考慮しなきゃいけないんだ。

乙骨の領域展開は99秒しか持続しないけど、結界の強度を上げれば時間を延ばせるかもしれない。でも、宿儺みたいな相手にはそれでも十分じゃないかもしれない。宿儺は圧倒的な実力で乙骨の領域展開を突破する可能性が高いんだ。

Jujutsu Kaisen: How Sukuna Beat the World's Strongest Sorcerer, Explained

呪術廻戦【263話ネタバレ】フーガの問題

次に、フーガの問題があるんだ。乙骨が領域展開を使った後、フーガに対抗できるかが大事な問題になるんだ。

フーガは超強力な技で、乙骨がそれに対抗できないと、戦いがかなり厳しくなるだろう。

宿儺は、東堂の不義遊戯にも対策を考えてるはずだ。

彼の戦略はめちゃくちゃ細かくて、どんなに乙骨が巧妙に戦っても、宿儺の思いがけない動きに対応しなきゃいけないんだ。

それに、術式が焼き切れる問題もある。フーガを使った後、乙骨の術式が焼き切れたら、戦闘能力がかなり下がっちゃう。

長期戦ができない上に、領域展開後とフーガ使用後というハードな条件の中で、乙骨が宿儺に決め手を与えられるかどうかがポイントになるんだ。

こんな状況で乙骨が宿儺に勝つためには、超高度な戦術と判断力が必要だよ。

呪術廻戦【263話ネタバレ】虎杖や東堂のサポート!

それに、乙骨の戦略だけじゃなくて、周りの状況や他の術師たちの動きも考慮しないといけないんだ。例えば、他の特級術師や仲間たちがどう関わってくるかによって、戦況が大きく変わる可能性がある。

乙骨が単独で宿儺と対決するんじゃなくて、他の術師たちと協力することで、勝ち目が高まるかもしれないんだ。

最後に、精神的な部分も重要だよね。

乙骨はすごく強い意志と覚悟を持ってるけど、宿儺との戦いではその精神力が試されることになるだろう。

呪術廻戦 263話:どこで読むか

呪術廻戦 263は、2024 年 7月4日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む:呪術廻戦 263話 Raw – Jujutsu Kaisen 263 Raw 

結論