Skip to content

呪術廻戦 263話 ネタバレ|伏黒は生きる気力が出てくる?

『呪術廻戦』第264話のファンは、著者でイラストを描いた芥見下々によるスリリングな日本の漫画シリーズの最新刊、第241話のリリースを待ち切望しています。

英語を話すファンにとって、第264話の待ち時間はViz Mediaの英語版リリースの興奮とともに訪れています。

2019年12月から、『呪術廻戦』を印刷物で発行しており、集英社はオンラインプラットフォームで英語でシリーズを提供しています。

呪術廻戦 263話 ネタバレ|伏黒は生きる気力が出てくる?

呪術廻戦 264話: 発売日

呪術廻戦264話は2024年7月15日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年7月11日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 264話 Raw – Jujutsu Kaisen 264 Raw 

呪術廻戦 263話: 要約とレビュー

虎杖が伏黒の救出を考えているのではないかとの考察はしましたが、乙骨五条も伏黒を救出することを考えているのでしょうか。

正直、宿儺戦前の乙骨の決意を見る限り、伏黒救出はほぼ考えていないと思います。

そもそも、人類滅亡の危機でもあるため、伏黒云々の話はナンセンスにも感じますよね。

乙骨五条は、宿儺を倒すこと以外には何も優先はしないでしょうね。

それとも、生徒想いの五条の魂が、最後に伏黒を助けようとする展開も、僅かながらに残されてはいそうですが…。

五条悟の体は乙骨が使っているわけですが、五条悟の魂はどこにいったのでしょうか。

普通なら死んでしまったとみますが、羂索に対して五条悟が放った言葉に反応した夏油傑の魂のことを考えると、やはり乙骨五条の中に魂は残っていそうですよね。

現在宿儺が狙っているであろう、「無量空処」を凌ぎ乙骨五条の領域を破壊することでピンチにならないために、五条の魂が乙骨に知らせるような場面があるような気がしています。

五条悟の魂が体に残っているなら、可愛い教え子が宿儺にやられるのを黙ってみてるとは思えません。

呪術廻戦 264話: ネタバレと予想

呪術廻戦264話ネタバレ考察|秤も無事?

秤は虎杖たちが宿儺と戦っている間、ずっと裏梅と戦っていた。

彼女の氷の術式に対して、反転術式を駆使して粘っている状況だ。

その最中、宿儺がカミノフーガを放った。

秤もカミノフーガの範囲内にいたので、飲まれた可能性が大だ。

たぶん東堂が助けた可能性もあって、反転術式で何とか保った可能性もあるから、無事の可能性が高いと思うよ。

Ryomen Sukuna Wallpaper (Jujutsu Kaisen) by anitoonwallpaper on DeviantArt

呪術廻戦264話ネタバレ考察|裏梅も巻き込まれた?

宿儺のカミノフーガはかなり広範囲に放たれた。

基本的に、まともに受ければ誰でもただでは済まないほどの破壊力がある。

宿儺たちの近くでは秤と裏梅が戦闘中だったけど、彼らも巻き込まれたんじゃないかな。

裏梅は宿儺が技を繰り出そうとした時に自分たちの勝利と言っていたから、自分がいなくても宿儺が生き残ればと考えているはずだ。

だから巻き込まれても悔いはないと思うよ。

呪術廻戦264話ネタバレ考察|冥冥は烏を補充している?

冥冥は烏を生み出して、あちこちの様子を確認できる。

そしてその烏を使って、東堂の術式で人と烏の位置を入れ替えることもできるんだ。

東堂の場合、左腕がないからそのままで宿儺と戦うのはかなりリスキーだろうね。

でも烏をどんどん生み出して、東堂が術式で烏と位置を入れ替えて攻撃を避けたりすることはできるはずだ。

冥冥も彼らの戦いを見ているから、どんどん烏を補充して送り出すと思うよ。

呪術廻戦264話ネタバレ考察|虎杖と東堂がダブルで黒閃を決める

虎杖は今回の宿儺との戦いで黒閃をたくさん決めている。

東堂も恐らく合流する前までの戦いをどこかで見ていたはずだ。

渋谷事変の時よりも虎杖は成長したと東堂も理解しているはずで、同時に実力に差があると感じていると思う。

だから自分も追いつこうと黒閃を繰り出していくだろう。

さらには虎杖と一緒に同時に黒閃を放ち、宿儺にダメージを与えると思うね。

Sukuna and Itadori Yuji HD Wallpaper - Jujutsu Kaisen Anime by patrika

呪術廻戦264話ネタバレ考察|乙骨の魂が耐えられない

乙骨は羂索の術式を使って、魂を五条の体に定着させて動かしている。

でもやがて限界が来るんじゃないかな。

五条の肉体は世界最強の呪術師と言われていて、呪力の量もすごく大きいと思う。

乙骨の呪力もかなり強いと思うけど、五条には及ばないだろう。

だからいずれ乙骨の魂は持たなくなるかもしれないと思うよ。

呪術廻戦264話ネタバレ考察|乙骨はこれまでの模倣した術式も使える?

乙骨は他人の術式をコピーすることができるんだ。

羂索もこれまでに体を乗っ取った自分の術式を使うことができた。

だから乙骨もこれまで通りコピーが使えるはずだ。

それに棘などの術式をコピーしていたことから、戦術の幅はかなり広いと思うよ。

たとえ領域展開の押し合いで負けても、別の術式で戦況を打破できるんじゃないかな。

呪術廻戦264話ネタバレ考察|真希が加勢してくる

真希は宿儺との戦いでは得意の素手や武器による攻撃で立ち向かっていました。

カミノフーガ以降姿を見せていませんが、火炎系攻撃は漏瑚のを受けても生存したので恐らく生存している筈です。

それに真希は乙骨が五条の肉体を使うため、魂を移し替える事にかなり反発。

なので乙骨には死んでほしくない筈です。

仮にボロボロになっても復活して、加勢してくるんじゃないでしょうか。

Hình nền : Jujutsu Kaisen, Ryomen Sukuna, Yuji Itadori, xăm hình, Tóc hồng, undercut hairstyle, mỉm cười, Anime screenshot, Anime con trai, Đám mây, đêm, móng tay dài 1920x1080 - djangonode -

呪術廻戦264話ネタバレ考察|棘が密かに待機している

棘は呪言を使うことができるんだ。

片腕を失ったからと言って、喋れなくなったわけじゃないから、戦えると言えば戦えるだろう。

でも真っ向から戦うタイプじゃないから、どこかで待機しているはずだ。

それに相手の耳に言葉が響けば通じるから、遠くからでも十分に援護射撃になる。

だからいつでも動けるように待機しているんじゃないかな。

呪術廻戦264話ネタバレ考察|宿儺は自分諸共巻き込むフーガを放つ

五条は赫と蒼を遠くから遠隔操作して、紫を発動させたんだ。

自分も他人も巻き込むことで大きなダメージを与え、実際宿儺は五条の無制限の紫をまともに受けて大ダメージを受けたんだ。

そして目の前には虎杖、東堂、乙骨と面倒な奴らばかりが残っている。

だから五条のやり方を真似るんじゃないかな。

それで無制限のフーガを発動させて、自分も虎杖たちを巻き込むと思うよ。

呪術廻戦264話ネタバレ考察|虎杖もフーガが使えるようになる

虎杖は宿儺の双子の血を引き継いでいるんだ。

だから斬撃を飛ばすような真似ができるんだよ。

そうなると斬撃ができるだけでなく、他の技も使える可能性があるかもしれない。

その中にはフーガも含まれると思うね。

だから虎杖が宿儺の術式に体が慣れてくれば、フーガも使えるようになるんじゃないかな。

呪術廻戦 264話:どこで読むか

呪術廻戦 264は、2024 年 7月11日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 264話 Raw – Jujutsu Kaisen 264 Raw 

関連名

Jujutsu Kaisen – Batalha de feiticeiros 264
Jujutsu Kaisen – Contiendas de brujería 264
Juujutsu Kaisen 264
Lanet Savaşları 264
Sorcery Fight 264
Магическая битва 264
Магічна битва 264
ججك 264
جوجوتسو كايسين 264
مكافحة السحر 264
जादुई लडाई 264
มหาเวทย์ผนึกมาร (SIC) 264
呪術廻戦 264
咒术回战 264
咒術迴戰 264
주술회전 264