Skip to content

キングダム 786話 ネタバレ|秦国関連の考察

キングダム 786話: 発売日

キングダム786話は、2024 年2 月1日(木)発売のヤングジャンプ55号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年1 月29日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています

キングダム 785話: 要約とレビュー

最愛の糸凌がかなりの難敵であると明らかな敵将を二人同時に相手にし、王翦のもとへ走れという…

倉央は決断しかねますが、そこに田里弥が声を掛ける…

このままでは確実に王翦様が討ち取られる事になるのは明白で今は糸凌に任せるしかない、お前が指揮を執れと…!

👉今すぐ読む: キングダム RAW

👉今すぐ読む:  キングダム786話 RAW – Kingdom Chapter 786 RAW

👉今すぐ読む: ワンピース 1106 漫画 raw

田里弥は申赫楽と山秀を残していくといい、二人にそのように指示しますが、それは倉央に糸凌の身は二人に守らせるというような意味でもあり、倉央に迷いを断ち切らせるための気遣いでしょうね…

糸凌も言うように、今の倉央の役割は王翦を窮地から救う事に他ならないわけですから道は一つしかないわけですが、やはり最愛の糸凌を残してはいけないと言う想いの板挟みに苦しむ倉央ですが、ついに決断し、兵士五千を割き、また三千も後から続くように指示し司馬尚軍を後方から突くべく指示するようです。

田里弥もそれに続き、半数の兵を連れていくと指示するようです。

倉央は糸凌に戦が終わった後、激しくお前を抱くから夜に体力を残しておけと言い、糸凌もそれに御意と答えるようですね…

キングダム 786話: ネタバレと予想

キングダムネタバレ最新話786話考察|カイネが信に敗れる?

李牧の下に向かう飛信隊の前に応戦したカイネの姿が描かれましたが、カイネは信と戦い、敗れてしまう可能性があります。

その理由は、以前のカイネの描写で『死亡フラグ』ともいえるシーンが描かれていたからです。

具体的には、カイネが李牧に「前回の戦いでなぜ助けてくれるのか」ということを尋ねようと、李牧の下を訪れたシーンです。ここで彼女は、李牧が番吾の戦いが終わった後、カイネに求婚するつもりであることを盗み聞きしました。

両思いであったことに泣いて喜んでいたカイネですが、だからこそ李牧を討とうと突撃した飛信隊に対し、咄嗟に応戦したのでしょう。

これは、愛する李牧を守ろうとする一心での行動であり、信の実力や策略を把握した上での行動とは考えられません。

李牧が『最も厄介な存在』だと認識するぐらいの実力を持つ信の前に、カイネは敗れてしまうのではないでしょうか。

Kingdom chapter 768 release date, where to read, what to expect, and more

キングダムネタバレ最新話786話考察|王翦は李牧に勝てない

李牧VS王翦では、李牧が勝利すると予想しています。

今回の番吾の戦いは、聡明な策略家である李牧と王翦の戦いになっています。総大将の司馬尚を討ち取れば勝利にはなりますが、実質的な勝利にはなりません。いくら他の将を倒しても、李牧の策がある限り趙国を崩せないからです。

今回の番吾の戦いでは、史実により秦軍が大敗することが確定しています。そして、その後も王翦は李牧を討ち取ることができなかったという事実も残っているのです。

しびれを切らした秦王が趙の重臣に賄賂を贈り、趙王に李牧の裏切りを吹き込むよう企てます。多大な戦功を持っていた李牧には、信頼を寄せる趙軍が数多くいたので、謀反を恐れた趙王は李牧を処刑しました。

その後、李牧が居なくなった趙を落とすことは容易く、王翦は趙国を落とすことに成功するのです。

このことから、王翦は李牧が生きている間は勝つことができず、その時代の最強は李牧だったことが分かります。

キングダムネタバレ最新話786話考察|王翦には勝ち筋が見えている?

今回の秦軍と趙軍の戦いにおいて、秦軍の総大将は王翦が務めます。

彼は、当初予定されていた宜安ではなく、番吾を攻めると言いましたが、そのことに信と王賁は不安を感じているようです。

それに、壁へきも「いきなり番吾を狙ってはいけない」と言っていたので、王翦の作戦は一見失敗に終わるように見えます。

しかし、王翦には今回の戦いで勝ち筋が見えているのではないでしょうか。

なぜなら、王翦は本来、王賁も言っていた通り、勝てる戦しかしないタイプです。

実際、燕のオルドと戦った際も、燕が圧倒的有利に見えたのにもかかわらず、王翦が勝利を収めました。

王翦は、周りが無理だと思っている戦でも、本人に勝ち筋が見えていれば、果敢に戦に挑み、確実に勝利を収める将軍と言えるでしょう。

李牧は、今回の戦いで、趙側には地の利、数の利、そして、対戦相手を熟知している軍容の利があるとして、勝利を確信していました。

確かに、秦軍が趙の土地に攻め入って戦うわけですから、迎え撃つ趙軍が圧倒的有利な立場にいることは間違いありません。

それは、智将である王翦も当然把握していることでしょう。

それでも、今回総大将を務めることにしたわけですから、王翦には何らかの勝ち筋が見えている、もしくは趙に勝てる秘策を持っているといえるのではないでしょうか。

飛信隊が戦いに備えて1年間準備してきたように、王翦もこの戦いに備えて、何らかの仕掛けを隠している可能性が高いです。

王翦は「敵を欺くには、まず味方から」と言っていましたので、読者にも直前まで仕掛けは明かされないのでしょう。

番吾の戦いは、李牧と王翦がお互いに不意をつく、騙し討ちのような戦いになるのかもしれません。

キングダムネタバレ最新話786話考察|王翦が秦王を裏切る?!

786話で王翦が「独立した新しい国」を作ろうと考えていたことが、亜光の過去の回想で明らかになりました。 今ある国々の姿に不満を感じ、正気ではないと吐露していたのです。

王翦は敵国であった亜光を引き抜いたり、敵対中の李牧を引き抜こうとしたりと、確かに怪しいところは多々ありました。 しかし史実では、秦の将軍として活躍し、その戦果に大きく貢献したことが残されています。 さらに、60万という一国を滅ぼせるほどの兵力を与えられますが、謀反を起こすことなく楚の寿春を陥落させた事実があるのです。

このことから、王翦は秦王である嬴政を裏切ることはないと考えられます。

Tanggal Rilis Kingdom Chapter 678, Spoiler, Bocoran Raw Scans dan Manga Baca Online - Mantra Pandeglang

キングダムネタバレ最新話786話考察|韓を滅ぼすのは騰?

韓非子一行の不穏な動きによって、関係性にひびが入ってきた秦と韓。

この二国が今後戦争まで発展した場合、韓を滅ぼすのは騰である可能性が高いです。

というのも、史実では騰が韓を滅ぼすと明記されているからです。

紀元前231年に韓は南陽という土地を秦に割譲しており、そこの仮の太守となったのが騰でした。

南陽は現在の河南省に位置していますが、韓の首都である新鄭も河南省にあることから、このときの韓は首都周辺の重要な土地を秦に明け渡していることになります。

そして翌年の紀元前230年に騰は韓を攻め、首都の新鄭を陥落させることに成功しました。

ここで戦国七雄の一国である韓は滅亡し、秦は中華統一への重要な一歩を踏み出したのです。

しかし、キングダムのストーリーが史実と全く同じに描かれるとは限りません。

なぜならキングダムの騰と史実に登場する騰には描かれ方に大きな違いがあるからです。

キングダムの騰は、元々信の恩師である王騎に仕える副官で、王毅が亡くなった後は彼の軍を引き継いだ大将軍として描かれています。

ところが史実では騰に関する記述は先述の韓を滅ぼした戦いで描かれたのが最初ですが、それ以降はほとんど出てきません。

さらに史実では騰のことを「内史ないし騰」と紹介しています。

内史とは周の時代からある官位の一つで、一般的には首都近郊の剣を統治する役職です。

キングダムのように王毅の軍を引き継いだ大将軍で、馬の上で剣を振り回して大活躍する、なんて場面は一切描かれていません。

このように騰の描き方が史実とかけ離れているため、韓との戦いでも騰が活躍するとは限らないのです。

特にキングダムは信が主人公として描かれているので、騰よりも信が活躍するよう脚色される可能性もあるでしょう。

これから秦と韓が戦う場合、誰がどのように活躍していくのか、今後の展開に要注目です。

キングダムネタバレ最新話786話考察|王翦が誰かをスカウトする?

番吾の戦いで、秦軍の大将を務めるのは王翦ですが、彼は趙軍の将軍の中で誰かをスカウトする可能性があります。

なぜなら、これまで王翦は参加した戦の中で、敵陣の将軍をスカウトする場面が多く見られたからです。

たとえば、山陽の戦いでは魏軍の将軍である廉頗の手下で、弓の名手である姜燕を追い詰めたあげく、自分の配下になるように勧誘していました。

さらに、朱海平原の戦いでは、敵の総大将である李牧に、戦闘中にもかかわらず「二人で全く新しい最強の国を作ることが出来る」と勧誘していたのです。

今まさに戦争をしている相手を仲間に誘うというのは、合理的な戦いを好む王翦らしい行動ともいえます。

どちらも相手が困惑し、断られているのですが、今回の戦いでも、王翦は懲りずに敵軍の中から優秀だと思った人物を、スカウトするのではないでしょうか。

キングダムネタバレ最新話786話考察|松魁は松左の弟?

786話では、士桃、衛斗、松魁という優秀な新兵が登場しました。

実はこの中にいる松魁は、松左の弟ではないかと言われています。

松左は飛信隊の初期メンバーで、百人将として副歩兵長を務めていました。

チャラい見た目と気さくな性格ながら、戦場では飛信隊の中でトップクラスの実力を誇り、戦況を正しく読む判断能力を持つ優秀な人物で、読者からの人気も高い人物です。

特に朱海平原にて軍師の河了貂から作戦を指示されていたにもかかわらず、松左は自分の判断で、ピンチに陥っていた新兵の千斗たちを助けに行くシーンが有名です。

松左はそこで見事新兵たちを救出しましたが、自身は致命傷を負い、信の腕の中で息を引き取ってしまいました。

松魁を見てみると、名前の頭文字に「松」という文字を冠している点や、似た髪型をしている点、そしてなにより槍使いである点と、松左との共通点が多い人物であることがわかります。

松左は30代前半ぐらいの年齢だったので、松魁ほどの大きい息子を持つとは考えにくいため、松魁は松左の弟ではないかと言われているのです。

また、松魁だけが自己紹介の時に出身地を言わなかったことも、松左の兄弟であることを悟られないためとも考えられます。

松魁も優秀な槍使いみたいですし、今後は松左のように、飛信隊のために活躍してくれることでしょう。

松魁がどんな活躍をするのか、今後の展開に要注目です。

Kingdom Brasil Scantrad

キングダムネタバレ最新話786話考察|李斯は姚賈を利用して趙と戦争する?

786話では姚賈が自分を見逃してくれた李斯に感謝を述べ、旅立つシーンが描かれました。

姚賈はこのまま趙に戻ることになると思いますが、このことから李斯は今後姚賈を利用して趙の情報を手に入れ、最終的には趙と戦争を起こす可能性があります。

なぜなら、現在李斯は姚賈に対し「二重間者と韓非子の自殺ほう助を見逃した」という大きな貸しがあるからです。

李斯が姚賈を生かしたのは秦のためであり、彼もそのことは十分承知しています。

姚賈は七国全てにいる間者を束ねる存在であり、他国とも二重・三重の間者として活躍しています。

姚賈はその行動について、全て秦のためだと説明していましたが、その言葉が本当か嘘かはわかりません。

なぜなら、姚賈は最初は趙側の人間として描かれており、それを李斯が拾った形なので、100%秦に対し忠誠心を持っているかはわからないからです。

とはいえ、李斯によって生かされている身である現在は、少なくとも秦を最優先にして行動していくでしょう。

そしてこのタイミングで姚賈が趙に戻るのは、秦の調査団に見つからないためでもありますが、李斯の命によって趙の情報を入手するためだとも考えられます。

史実でも秦は桓騎が李牧に大敗を喫した後、嬴政自ら大軍を率いて趙に攻め入ることになっています。

キングダムが史実通りに描かれるであれば、秦はもう一度趙と戦いを起こすため、李斯は姚賈を利用して、敵国である趙の情報を手に入れようとしているのではないでしょうか。

キングダム 786話:どこで読むか

キングダム786は、2024年 1 月 29日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む:  キングダム785話 RAW – Kingdom Chapter 785 RAW

👉今すぐ読む:  キングダム786話 RAW – Kingdom Chapter 786 RAW

結論

関連名

Kingdom 786
Karalystė 786
المملكة 786
پادشاهی 786
کینگدام 786
キングダム 786
王者天下 786