Skip to content

キングダム 789話 ネタバレ|番吾城主による籠城戦に李牧が援軍に向かう?

キングダム第789話: キングダムは、古代中国の戦国時代の歴史的な出来事を描いた人気のあるマンガシリーズだよ。特に、秦の興隆と若き将軍たちに焦点を当てているんだ。このマンガは原泰久によって執筆・挿絵がされており、2006年から週刊ヤングジャンプ誌で連載されているんだ。

キングダムの最新のチャプター、第789話は2024年2月25日に公開される予定だよ。そのチャプターのタイトルは「最終激突」で、信率いる秦軍と城を離れたことのない伝説の将軍、士馬千将率いる趙軍との決定的な戦いが描かれる予定だよ。また、チャプターでは犠牲になった糸流剣士の前領袋唯の運命も明らかにされるだろう。

キングダム 789話: 発売日

キングダム789話は、2024 年2 月29日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年2 月26日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています

👉今すぐ読む: キングダム788話 RAW – Kingdom 788 RAW

キングダム 788話: 要約とレビュー

番吾の戦いでは、王翦軍の所要メンバーが討ち死にする可能性があると思います。

王翦軍の主力である、田里弥と亜光将軍が深手を負っています。

現在、王翦軍本陣は助けが期待できず、守備兵が3万しかいない状況です。

将校は王翦将軍を何としても守ろうとすると思います。

しかし、王翦軍が戦っているのは中華でもトップクラスの武力を持つと言われる司馬尚軍です。

司馬尚の周辺の青歌の兵も心技体共に強く司馬尚軍は簡単に崩せそうにありません。

そのため、田里弥または亜光将軍が楽彰軍か司馬尚軍どちらかに討ち取られ敗走することになるのではないでしょうか?

史実で目立った将軍が討ち取られていないことからもこの辺のメンバーが退場することになる可能性が高そうですね。

番吾の戦いでは、王翦将軍が意図的に撤退する可能性もあります。

史実では、番吾の戦いで秦国は敗北しています。

番吾の戦いは最も血を流す戦いになると言われていました。

前回の敦代の戦いでこれといった功績を挙げられなかった王翦将軍をなぜ昌平君が番吾の戦いで再び総大将に選んだのか疑問ですよね。

L'anime Kingdom Saison 3, en Promotion Vidéo

キングダム 789話: ネタバレと予想

キングダム789話ネタバレ最新話の考察!王翦の秦国六大将軍たる所以?

王翦と司馬尚の直接対決が今、一触即発の状況で描かれそうだよ。

そして、キングダムでは圧倒的な武力で進軍している司馬尚の有利な状況がどんどん広がっているみたい。

春秋戦国時代の歴史に詳しい人なら、これ、結構違和感感じるんじゃないかな?

秦国を武力で統一に導いた将軍の中でも、第一功はやっぱり王翦だし、司馬尚なんて全然知られてないし、彼が王翦に対抗できるような存在じゃないんだよね。

今の中国の若者にこの時代の歴史的な有名人を聞いてみたら、王翦は始皇帝や呂不韋と並ぶぐらいの英雄だって言われるんだ。

だからこそ、ここで王翦の秦国六大将軍としてのすごさをもっと強調してほしいな。

でも、番吾の戦いはキングダム誌上でも珍しい大軍同士の白兵戦になってるけど、勝利する側の将軍である李牧と司馬尚が生き残るのは当然としても、秦国側の将軍は誰一人として番吾で死んでないんだよ。

それどころか、王翦、楊端和、羌瘣は紀元前228年の趙滅亡の攻略戦に参戦して、王賁は滅亡趙のパルチザンである代や魏・燕・斉を滅ぼす将軍としてこの後も華々しく歴史を彩る人たちなんだ。

この不可思議な大戦がどう収束するのか、正直まだよく分からないんだよね。

キングダム789話ネタバレ最新話の考察!壁が見た李牧の罠が土塁砦で終わりのはずがない?

趙軍の捕虜になった壁将軍が1年間の強制労働を経て気づいた番吾に仕掛けられた李牧の罠。

これって、李信を主戦場から退場させるだけの土塁砦じゃないはずだよね。

確かに戦場に李牧が登場してから、亜光将軍が時間を浪費して李信が戦線から退場させられたあいだに、王翦だけを狙った趙三大天司馬尚が進軍を開始したんだ。

そして、最強の青歌本軍を率いた司馬尚は秦軍総大将の首にじわじわと近づきつつ、包囲網を狭めてきているよ。

でも、この状態であっても、中央軍同士の一騎打ちに変わりはなく、李牧の罠がなくても、措定内に戦況って感じじゃないかな?

力が拮抗している場合の戦いは、先に動いて手の内を明かした方が負けることがあるって言われているよ。

だからこそ、受け身に回って戦況を観察できている王翦の方が上手とも考えられるさ。

このままだと、あれだけ大風呂敷を広げた李牧の罠も、局地戦の戦術程度にしかならない可能性も出てきちゃうよね。

数々の戦で秦軍を手玉に取ってきた李牧の罠が、こんな子供じみた手で終わるとは思えないよ。

果たして、李牧の本当の罠がいつ放たれるのか、気になるね!

キングダム789話ネタバレ最新話の考察!舜水樹軍vs楊端和軍の戦火が激しく燃え盛る?

番吾城手前の頭佐平原で実際にどれくらいの陣容で趙軍が激突するのかはわかりません。

しかし元々が兵馬の数で劣る秦軍は最大限の動員をかけてくるはずです。

やはり7万の楊端和軍に対するのは秦水樹率いる陣容となるはずです。

その中で1万を率いる馬風慈は、秦軍の先発隊キタリのメラ族1万と先にぶつかることになるでしょう。

そして続々と番吾城眼前を目指す両軍の精鋭たちは頭佐平原で火花を散らすような戦火を交えることになるでしょう。

番吾の戦い…中央軍の総大将の首の取り合いに続いて秦国の戦争目的と考えられる甫両奪還の戦いが激しく燃え盛るでしょう。

Where To Watch Kingdom Season 3 Episode 18 Online - EveDonusFilm - EveDonusFilm

キングダム789話ネタバレ最新話の考察!司馬尚の覚悟が更に秦軍を追い詰める?

番吾の戦いの状況は、司馬尚の覚悟によって作り出されていることがはっきりと明らかにされたね。

一度は秦国の趙攻略戦で敗れて失脚した李牧を、再び栄光の座に返り咲かせた司馬尚は、決して野心家ではないんだ。

でも、それも李牧も同じことだよ!

ただ人々の安寧を守り、安心して暮らしたいという思いの強い将軍たちなんだよ。

言い換えれば、現状維持…それを壊すものは徹底的に打ち砕く!

結局、歴史の勝者は変化を求める者に委ねられることになったんだ。

でも、そこに至るまでの一進一退の中にある滅びゆく者の美学も絶対に存在するんだよ。

それを代表するのが趙国の李牧で、司馬尚として描かれているんだと思う。

そして、その司馬尚の覚悟が滅びゆく者の最後の花道として現れたのが、番吾の戦いとして描かれていると思うんだ。

確かにこの後、番吾の戦いは趙軍の大勝に終わるでしょう。

でもそれは領土の奪回のみの限定的なものに終わると思われます。

なぜなら、ここ番吾に布陣した秦国の将軍は誰もが命を落とさないからさ。

だからこそ、我が国から敵を排除するという意味の司馬尚の覚悟は、このあと更に全軍に行き渡り、秦軍を追い詰めていくものと思われます。

キングダム 789話:どこで読むか

キングダム789は、2024年 2月 26日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: キングダム788話 RAW – Kingdom 788 RAW

結論