Skip to content

キングダム 797話 ネタバレ|壁とキタリ狼孟へ?

キングダム 797話: 発売日

キングダム797話は、2024 年5 月23日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年5 月21日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています

キングダム 796話: 要約とレビュー

秦右翼軍に組み込まれた北東部軍は、飛信隊とともに太行山脈の東側に位置する太原城を目指すでしょう。

北東部軍にとって、太原は自らの本拠地でありながら、秦国による趙攻めの最前線の要塞で、難攻不落の城だと思われます。

また、隣接する狼孟城には山の民である楊端和軍が入城しており、敵の戦力を分断する狙いもあったのかもしれません。

👉今すぐ読む: キングダム797話 RAW – Kingdom 797 RAW

しかしこの決断は的を射ていました。難攻不落の要塞に布陣することで、李信にとって兄貴分である壁の救出が現実味を帯びてきたようです。

番吾の戦に敗れた結果、趙攻略の東側最前線に楊端和軍が狼孟城に布陣し、太原には飛信隊が陣取る共同戦線が形成されました。

ここで、キングダムの最初の物語である王弟の反乱編と同様に、信と山の民の連携が形成されたのでしょうか?

そして攻め入る目的は、秦王嬴政が掲げる理想の国家を作り上げるために共に戦ってきた壁の救出です。

キタリ率いるメラ族だけでは心許なかった番吾城攻略が、楊端和軍と飛信隊の共同戦線で現実味を帯びてきました。

キングダム 797話: ネタバレと予想

キングダム797話ネタバレ最新話の考察!前話あらすじ!

キングダムの前話「一縷の望み」では、キタリがついに念願の壁と再会を果たしました。

キタリ軍の猿手族が素手で城壁を登り、あっという間に番吾城の門を開けてしまいます。そのため、番吾城の将兵たちに緊張が走ります。彼らには、まだ外の戦況が届いていないのです。

一方、壁は外の騒ぎに耳を傾け、番吾城内に秦軍が侵入したことを察知し、「ここしかチャンスはない」と決起します。

番吾城に乱入するキタリにも楊端和から退避命令が届きますが、「壁を救出するにはこれが最後の機会だ」と考え、引き下がりません。

そして、捕虜脱獄の騒ぎと秦軍侵入の警戒の喧騒が合わさる中、壁とキタリは絶体絶命の状況でもお互いを引き寄せ合うようにして再会するのでした。

キングダム797話ネタバレ最新話の考察!壁とキタリが番吾城を脱出?

見たところ、番吾城は城壁都市というよりも、城塞や砦のような景観を持った城だと思います。そのため、守るよりも攻めに転じることが容易にできる構造だと見えます。

逆に言えば、捕虜となった者たちにとっても、外に出やすい、つまり脱出しやすい城とも言えるでしょう。

壁と落ち合ったキタリにとっては、番吾城に用はないはずです。何もかも置いて、早々に脱出し、予め計画していた狼孟城に向かうと思われます。

キングダム797話ネタバレ最新話の考察!楊端和が番吾城に進む?

頭佐平原の戦いから脱出した楊端和軍本軍が狼孟まで撤退したことは、かなり考えられる展開だと思います。さらに、そこを拠点としてキタリ率いるメラ族を援護したこともありそうで、そうなれば楊端和軍が番吾城を攻めたというのも、史実に照らし合わせると大いにあり得ることだと思います。

では、結果として番吾の戦いが敗戦になった場合、どこまでの領土を保持できたか…それは楊端和が全線基地とした狼孟までだと考えます。

キングダム797話ネタバレ最新話の考察!番吾城を占拠する飛信隊?

楊端和と李信の間で、ある作戦の密約が結ばれていたのではないでしょうか?

狼孟城を拠点とした楊端和と、国境の要衝太原に根を置いた飛信隊。

やることは当然2つあります…まず一つは壁将軍とその軍の救出、そして番吾城の占拠です。

役割は明確です…楊端和軍がまずキタリに援軍を送り、壁将軍を救出し、そして速やかに引き上げる一方で、飛信隊と北東部軍の大軍が番吾城を攻めます…番吾城は秦国の前線基地となるのです。

キングダム797話ネタバレ最新話の考察!史実・番吾の戦!

史実では、番吾の戦いは秦国が趙国の名将李牧に大敗を喫した戦いでした。

紀元前232年に秦王嬴政は大挙兵をあげ、趙国に侵攻しました。

軍は鄴城に到着し、その後太原に到着しました。

秦軍は狼孟と”番吾を占領した”が、李牧が秦軍を撃破し、さらに李牧は秦から韓・魏の国境まで領土を奪還しました。

…しかし、キングダムにおける秦国軍はまだ番吾城を占拠していません…戦いは続きます。

キングダム797話ネタバレ最新話の考察!戦略的砦の番吾城?

番吾城を狙う秦国軍の目的は、趙攻略戦における戦略的な拠点を確保することではないかと思います。

大行山脈の北側の抜け道が狼孟城によって遮られた昨年の戦いでは、趙国の北部を守る城壁都市に大軍を送り込めず、桓騎軍が孤立して敗北しました。

では、飛信隊が狼孟城を制圧した段階でこの戦いは終わればよかったのでしょうか?しかし、宜安から肥下へ進むには、狼孟でもまだ遠すぎます。

その間に、戦略的な拠点として重要な番吾城があります。この砦をどちらの国が占拠するかが、今後の戦いの流れを左右する要因になる可能性があると思います。

キングダム797話ネタバレ最新話の考察!壁がキタリの馬上へ?

壁とキタリが番吾城内で偶然出会ったのは、運命的なものでしょう。

このまま束縛されたままでは終われないと決意した壁は、秦軍の乱入に乗じて行動を起こします。

一方、占婆の言葉を信じて番吾城に乱入し、壁たちの脱走の騒ぎを察知したキタリ。

この短い時間が彼らの運命を大きく変えることになるかもしれません…そして壁は1年ぶりに馬上の人として姿を現すのでした。

キングダム797話ネタバレ最新話の考察!壁軍が武器を持つ?

武士として、命をかける武器が必要です。朽ち果てるかもしれませんが、捕虜としていた者たちは、強力な秦の軍人です。死にゆく者でも、敵に反撃し、秦の誇り高き兵士としての証として、ここ番吾で死を選びたいと願っています。

1年間の潜伏を経て、壁軍は武器を手に、勇ましい叫び声を上げる準備が整いました。

キングダム797話ネタバレ最新話の考察!壁軍とキタリ軍の共闘?

捕虜収容所の規模を見ると、一個師団以上の兵士が捕らえられていた可能性がありますね。

古代中国での一個師団はおよそ5,000人です。壁将軍が率いた1万の兵士の半数以上が、毒に冒されたり過酷な労働に耐えながらも生き残ったのかもしれません。

十分とは言えないかもしれませんが、壁軍は武器を持ち、趙兵から鎧を奪い、おおよその一個師団の規模を持っています。

このままキタリ軍と共闘し、番吾城からの脱出を試みるか、あるいは番吾城そのものを占拠することも考えられますね。

キングダム797話ネタバレ最新話の考察!五千の趙兵援軍?

李牧は、秦軍の一部が番吾城に侵入したとの報告を受けて、やっと対処の兵を送り出しました。

その数は五千。しかも、特に選りすぐられた様子もなく、手の空いている一個師団を送り込んだ感じです。

この戦いは番吾の戦であり、秦軍にとっては敵軍を殲滅することではなく、番吾城を取ることが目的であることは明らかです。

易々と番吾城に侵入を許すどころか、一個大隊規模のキタリ軍の動きも掴みたかった李牧が、今更ご五千の兵とは笑止千万だと思いますが…。

キングダム 797話:どこで読むか

キングダム797は、2024年 5月 21日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: キングダム797話 RAW – Kingdom 797 RAW

結論