Skip to content

キングダム 798話 ネタバレ|王翦と王賁の関係性の変化

キングダム 798話: 発売日

キングダム798話は、2024 年5 月30日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年5 月27日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています

キングダム 797話: 要約とレビュー

壁がキタリに番吾城の仕掛けを明かして、メラ族の脱出を助ける可能性はあるんじゃないかな?

壁は前に、番吾を攻めてはいけないって言ってたから、番吾には必勝の策があるはずだよね。

でも、今までその詳細は明かされてなかったんだ。

👉今すぐ読む: キングダム798話 RAW – Kingdom 798 RAW

壁と他の捕虜たちは番吾の仕掛けに詳しいはずだよね。

壁は頭の回転が速いから、別の場所で働いている捕虜の情報も持ってるかも!

番吾の仕掛けが明らかになれば、その裏をかいたり逃げ道を作ることもできるから、メラ族の助けになるかもしれない!!

秦の右翼の撤退もそろそろ終わりそうだよね!!

右翼は大きな被害を受けながらも宜安軍と戦いながら退却してるんだ。

玉鳳隊と飛信隊が協力して宜安軍と戦ってて、ライバルだった関係が役に立ってるみたい。

この2軍は実戦経験も豊富で勢いもあるから、撤退の対応も早いんじゃないかな。

さらに後ろから青歌軍に追いかけられながら、瀕死の王翦軍の戦いも終盤に差し掛かってるはずだよ。

キングダム 798話: ネタバレと予想

キングダムネタバレ最新話798話考察|若き武将が王翦の側近につく可能性

今後、信、王賁、蒙恬の誰かが王翦軍の将軍になるんじゃないかって予想してる。

798話では、圧倒的な司馬尚軍の猛攻と李牧の策による追撃で、王翦軍は王翦と倉央を残してほぼ壊滅しちゃったんだ。

亜光と田里弥が抜けた穴は大きくて、早急に補充して育成する必要があるよね。

その候補として考えられるのが、信、王賁、蒙恬の若い将軍たち。彼らはそれぞれ武功を順調に上げて、数万人の兵を引き連れるまで成長してる。

まだ王翦軍の将軍たちと比べると実力は不十分だけど、田里弥も若いうちに王翦にスカウトされて、王翦軍の第二将まで上り詰めてるからね。

息子である王賁は、家庭の事情(王翦と不仲)で難しいかもしれないけど、信や蒙恬は王翦の元で下積みをして、自軍が拡大するまで成長する可能性があると思う。

だから、王翦は取り急ぎ武功の高い将軍を補充して、若い世代をスカウトしていくんじゃないかな。そして、ゆくゆくは信、王賁、蒙恬の誰かが王翦の側近として、王翦軍の将軍として活躍するようになるんじゃないかって予想してる。

キングダムネタバレ最新話798話考察|六代将軍の変化

番吾の戦いから10年後、「王賁」「信」「蒙恬」の3人が六代将軍の席につくんじゃないかって予想してる。

元々6人目は空席だったけど、桓騎が亡くなった今は「蒙武」「騰」「王翦」「楊端和」の4人が六代将軍として名を連ねてるよね。

秦国の最大戦力だった王翦軍は、番吾の戦いで壊滅しちゃって、今はほとんど機能してない。

さらに六代将軍になれるほどの戦力を持つ将軍はほとんど戦死しちゃって、すぐに補充するのは難しい状況なんだ。

だから、秦国の兵力はどんどん減ってて、若い将軍を早く育てないといけないんだよね。

育成候補としてはもちろん「王賁」「信」「蒙恬」の3人が挙げられる。

795話で王賁が確信してたように、次の秦国の主力は玉鳳隊・飛信隊・楽華隊になってくると思うんだ。

あと年齢が公開されてないから予想だけど、王翦>騰>蒙武の順に年齢が高いんじゃないかな。

史実によると、紀元前225年には王翦が老いてるって記されてるから、番吾の戦い(紀元前232年)から10年後くらいには隠居しちゃうのは確定だよね。

騰と蒙武はまだ活躍するだろうけど、この時点で空いてる六代将軍の席は3つ。

今18〜20歳くらいだと想定される王賁たちも、10年後には将軍として名を馳せてるはず。

だから、信たち若い武将が六代将軍の席につくのは10年後だって予想してるんだ。

キングダムネタバレ最新話798話考察|王翦の復活は3年後

番吾の戦いの後、しばらくは史実通り騰が活躍して、王翦の復活は3年後くらいになるんじゃないかって予想してる。

今回、秦軍が敗北した番吾の戦いは、史実で言うと紀元前232年の出来事だよね。

その後、紀元前231年から230年までは、秦国は騰がメインで韓を攻略して滅ぼすことに成功する。

翌年の紀元前229年には、騰は楚国攻略を始めるから、しばらくは原作でも騰がメインのストーリーになると思うんだ。

そして同じ年、王翦は楊端和と羌瘣を連れて趙に攻め入って、井陘(せいけい)を落とすことに成功するって記されてる。

完全復活した王翦に対して、趙の王は李牧と司馬尚を向かわせるけど、王翦の策で二人とも更送(役職を解かれて別の人間が充てられる)されるんだ。

だから、王翦は天敵の二人を戦場から同時に離脱させて勢いを増して、3年後には完全復活するんじゃないかって考えてる。

今回の番吾の戦いで失った兵力の補充や将軍の育成を考えると、3年は短い期間だけど、李牧と司馬尚が離脱したことで、王翦は再び無敗の王翦に戻るんだろうね。

キングダムネタバレ最新話798話考察|司馬尚が新国を立国

司馬尚が趙国を裏切って、自分の国を作ろうとしてるんじゃないかって予想してる。

史実によると、趙国が秦国に滅ぼされた直後に、趙国北部に新しい国ができたんだよね。

でも、その頃には李牧はもう処刑されてたから、李牧じゃないってことになる。

じゃあ誰が中心になって国作りをしたのかって考えたら、思い当たるのが司馬尚だよね。

そもそも趙国の王は、作中で傲慢で暴君って言われてるよね。これほど趙国に貢献してる李牧でさえも趙王に振り回されて、檻に入れられちゃってるんだ。

一方、司馬尚は趙王の呼びかけに応じず、青歌城から動かずにいたんだ。その司馬尚が李牧を迎え入れて、番吾の戦いで共闘してるんだ。

なんで趙王には動かず、李牧と一緒に動く決意をしたのかって考えたら、気になったのが青歌軍の結束の強さだったんだ。

趙国の中でも青歌軍は上下関係もなく、互いを強く信頼してる絆が感じられるんだ。王翦軍に敗走した近衛たちも、死の間際に「先に戻っております・・・我らが青歌へ」と言うほどさ。

李牧は匿われてる間に、青歌の人々の環境を見て、司馬尚に国を託したいと考えたのかもしれないね。

司馬尚もまた、趙国の現状に不満を持って、李牧とともに趙国を変えようと立国を企ててたのかもしれない。

李牧が処刑されて、趙国も滅ぼされたから、想いをつなごうと司馬尚が立国に尽力した可能性があるよ。

キングダム 798話:どこで読むか

キングダム798は、2024年 5月 27日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: キングダム798話 RAW – Kingdom 798 RAW

結論