Skip to content

キングダム 802話 ネタバレ|王翦更迭と三本目の柱は趙討伐に繋がる?

『キングダム』のエピックな展開に備えよう!このマンガシリーズは、スリリングなチャプターごとに私たちを熱狂させているんだ!ストーリーは非常に魅力的で、キャラクターたちはただ引き込まれるものがある。多くの読者の心を鷲づかみにしているのも納得だね!

新しいチャプターがリリースされるたびに、ワクワク感が高まっていく!第802話がもうすぐ登場し、ファンはそのアクション満載の楽しみを待ち切れないよ!

キングダム 802話 ネタバレ|王翦更迭と三本目の柱は趙討伐に繋がる?

キングダム 802話: 発売日

キングダム802話は、2024 年7月4日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年7月1日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています

👉今すぐ読む: キングダム802話 RAW – Kingdom Chapter 802 RAW

キングダム 801話: 要約とレビュー

昌平君が三大柱の一つとして掲げたのが「戸籍作り」ですが、これが今後の中華統一にどう関わるのか気になりますね。

おそらく、これは歴史上で商鞅という人物が行ったとされる変法、つまり国政改革の一環を指しているのだと思います。

商鞅はキングダムでも名前が出てきたキャラクターで、歴史上ではすでに過去の人物ですが、秦の史書では范雎と並んで二大丞相の一人とされています。

商鞅の変法の中には、「戸籍を設けて民衆を五戸や十戸ごとに組み、什伍の制度を導入する」という内容がありますが、昌平君の戸籍作りもこの方針に沿ったものだと思います。

要するに、この組織の中で犯罪を犯した者がいた場合、他の組全体が連帯責任で罰せられる制度です。逆に犯罪を訴えた者には、戦功と同等の報奨が与えられるという仕組みです。

キングダムでは、昌平君がこうした制度を提案した形が描かれているようですね。

前項で少し爵位制ですが、この制度は明らかに諸刃の制度と言えるでしょう。

この制度を作ることにより、貴族などの地位の高い者達からの反発は避けて通れないからです。

昌平君の今後については、史実からはある程度読み取れますが(キングダムで史実通りいくとは限らないが)、そのきっかけになるのが高位の者たちからの爵位制への反発になりそうな気がしています。

詳しい説明はこの場では避けますが、いずれ昌平君は秦国を去ることが予想されますので、それを爵位制と結び付ける展開はあるのではないでしょうか。

キングダム 802話: ネタバレと予想

キングダム802話展開予想考察|王翦の更迭について

昌平君は、王翦が大敗の責任を取って更迭しなければならないって言ってたんだよね。

更迭っていうのは、ある役職にいる人が業績不振とか失敗とかで、その役職から外されることを指す言葉なんだ。

王翦は六大将軍の一人だけど、更迭って言っても六大将軍の称号を剥奪されるわけじゃなくて、多分趙討伐の総大将から外されるって意味なんだと思う。

そもそも、昌平君は韓討伐を先にするっていう戦略を立ててるから、李牧がいる限り趙討伐は難しいってことになるんだよね。だから、王翦が更迭されるっていうより、今のところ出番がないだけなんじゃないかって思う。

でも、そうは言っても、王翦みたいな天才を遊ばせておくわけにはいかないから、更迭っていうのは対外的な隠れ蓑で、実際には水面下で趙討伐の準備が進められてるはずなんだ。

王翦は今回の戦で早々に期待する戦力を削がれたことが大きな敗因だと考えてるだろうし、それをやり返す、つまり倍返し的なことも考えてるはず。

過去にも書いたけど、李牧さえいなければ趙討伐は可能だし、李牧さえ除けばいいってことなんだ。

史実通り、李牧を失脚させて破滅に追い込むっていう流れは、やっぱり王翦が作り出すんじゃないかと思うんだ。それは大軍を使った戦場だけじゃなくて、戦場外の謀略戦でも可能なんだよね。

王翦はすでに李牧と趙の未来に明るいものはないって思ってるし、李牧本人にもそれを伝えてるよね。

李牧が天才であるのは認めるけど、彼は主に恵まれてないし、国内でも足を引っ張る勢力がいる。それなら、その勢力に思い切り足を引っ張らせて、趙には自滅してもらうってことさ。

大軍を必要とせず、謀略で李牧を除けるならそれに越したことはないし、仮に卑怯って呼ばれようとも、秦は中華統一のためにもう敗北は許されない状況だからね。王翦は更迭された状況でも趙討伐に動くんじゃないかと思う。

王翦は、そういう謀略が完成するまでは表舞台には出てこないと思うけど、その間に自分の軍の再編成もして、趙討伐は自分の仕事だっていう拘りを持ち続けるんじゃないかな。

キングダム802話展開予想考察|戦争改革三本目の柱

キングダム第802話では、正確な戸籍作りと編成改革が語られたけど、三本目の柱についてはまだ語られてないよね…

その三本目の柱は、趙討伐にも繋がってる気がするんだよね…

以前、秦が趙討伐を後回しにして先に韓を滅ぼすのは、その国力を失った軍と軍資金、そして兵糧として使うつもりじゃないかって書いたけど、他の二本柱の中身からしても、その可能性は高いと思うんだ。

秦国内では正確な戸籍作りを徹底して、成人男性全てに強制的な徴兵制を課すようになるけど、それは滅ぼした国に対しても同様になるだろうね…

滅ぼした国は秦の領土になるわけだから、同じ法律が適用されるのは当然で、韓人の成人男性たちも全て徴兵されるはず…

それができれば、秦は大軍を取り戻すどころか、それ以上の大軍を動員できるようになるはずで、そうなれば趙と互角…いや、李牧を失脚させたなら最早負ける要素はなくなると思う。

三本目の柱とは、法整備のことじゃないかと思うんだ。

他国を侵略して滅ぼしていくわけだから、新たな法律を作ったり、これまでの法律を見直す必要があると思う。

また、上から下まで法を厳格化することは、中央集権国家をさらに強力にするものだしね…

韓非子が登場して嬴政に法家思想を教えてたけど、最近、李斯も中華統一による法治国家を作ることに情熱を持ってることが明らかになってるから、これからはそういう側面も強調して描かれるんじゃないかなと思うんだ。

法律の厳格化は軍規にも反映されるだろうから、それは滅ぼした国の民に対する略奪や暴行、また虐殺といった桓騎一家のような輩を生まない土壌を作ることにもなるしね…

でも、やっぱり嬴政は民から恨まれることになるのは必至で、秦には嬴政の代わりに英雄のような存在が必要になるんじゃないかなって思うんだよね…

キングダム802話展開予想考察|信を英雄に祭り上げる?

さっき、厳格な強制的徴兵制に夢や希望を持たせるために、下僕から将軍にまで出世した李信将軍が重要な存在だって書いたけど、これから極端な軍国主義や厳格な法治国家にシフトしていく中で、嬴政が暴君として恨まれるようになる可能性は高いと思うんだ。

今までは嬴政が名君として慕われて、そのカリスマ性が戦争を続ける秦の支配体制を安定させていたと思うんだけど、それが失われると新たに民衆を引きつける存在が必要になるだろうね。

昌平君は、信を英雄として祭り上げて、民衆の支持を得ようとしてるんじゃないかな?

信は桓騎の民衆に対する暴力や略奪を嫌ってて、桓騎一家に影響された尾平を追放しようとしたこともあったし、法律が厳格化されたなら、信の思想はそれに合うと思うんだ。

信を英雄として民を引きつければ、少なくとも中華統一まではその効果が持続するだろうし…

第一話の冒頭で、兵たちが李信将軍の名を連呼して英雄として信じ、憧れている様子が描かれてたよね。あのシーンが近いうちに改めて描かれるんじゃないかと思うんだ。

信にとって、韓討伐は人生のターニングポイントになると思うし、韓討伐は大将軍になるための試練でありチャンスでもあるよね。

嬴政と信の関係は変わらないだろうけど、周りの目が変わってくるかもしれない…

大きなことを成し遂げるには英雄が必要で、信は自分がそうなっていくことに喜びを感じながらも、利用されてるような状況に疑念を抱いたり苦悩したりする展開もあるかもね。

キングダム 802話:どこで読むか

キングダム802は、2024年 7月 1日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: キングダム802話 RAW – Kingdom Chapter 802 RAW

結論