Skip to content

ワンピース1112話ネタバレ|デボンがサターン聖の脚に触れた事はどんな事件に繋がる?

『ワンピース』は、尾田栄一郎によって書かれ、挿絵も描かれた日本の漫画シリーズです。『ワンピース』チャプター1112の発売が待ち遠しく、この章にはこの有名な漫画シリーズにおけるエキサイティングな新展開が含まれることが期待されています。

今週、最も特徴的で魅力的な『ワンピース』の章がリリースされました。この章の魅力的なキャラクターとストーリーは多くの読者から賞賛されています。

世界中からの『ワンピース』ファンたちは、このエキサイティングな世界で次に何が起こるのかを見るためにその発売を待ち望んでいます。

ワンピース 1112話: 発売日

2024年4月22日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース1112話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。ただし!ワンピース は、2024 年4月18日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

👉今すぐ読む: ワンピース 1112話 RAW – One Piece 1112 RAW

👉今すぐ読む: ワンピース 1111話 RAW – One Piece 1111 RAW

ワンピース 1111話: 要約とレビュー

五老星がニカ・ルフィに対峙すること自体が”空白の100年”の縮図となる事にサターン聖は気付かなかったのでしょうか?

またサターン聖の”呼ぶぞ”いう誘いに”ああ”と素直に答えた他の五老星も相当な”もの“なのではと推察する限りです。

V・ナス寿郎聖がパシフィスタマークⅢを切り捨てて行く場面やマーズ聖が大空を飛びフロンティアドームに襲い掛かる場面そして十・ピーター聖がニカ・ルフィを丸飲みにするシーンが世界に配信される心配はしなかったのでしょうか?

誰しもがそう思う所と思います?

もしかしたら10分と言うのもDr.ベガパンク一流のブラフだったのかもしれません。

時間切れを与えられると人は誰しも行動を必要以上に急ぎます。

世界政府のトップの悍ましい姿と世界の真実の配信を阻止しようとする姿こそが、世界の真実に繋がる映像となる事は容易に想像が出来そうですが?

Dr.ベガパンクの配信に対して世界政府のトップが取ろうとした行動こそがこれから重要なファクトとって世界の人々に迫って行くのではないでしょうか。

ワンピース 1112話: ネタバレと予想

ワンピース 1112話デボンがサターン聖の脚に触れた事はどんな事件に繋がる?|九尾の狐の変化の条件?

デボンはオーガーと一緒に、おそらくオーガーのワプワプの実の能力を使って、隠密にエッグヘッドに上陸してたみたいだけど、ルフィに殴り飛ばされて落ちてきたサターン聖を見つけて、牛鬼の人獣型の姿を見て何の能力か気にしたり、五老星が地上に降りてくるなんて聞いたことないって言って、おかげで助かったって言いながらサターン聖の足に触れて『任務完了』って言ってたんだ。

デボンのその一連の言動については次で考えてみたいと思うんだけど、サターン聖の足に触れた意味は、やっぱり彼女が持ってる九尾の狐の変化能力に関係してるのかな?

マネマネの実の能力は右手で触れた相手の姿になれて、左手で自分の顔に触れると元に戻るって能力だけど、九尾の狐の変化能力も同じ仕組みなのかな?

O Gear 5 de Luffy é realmente mais forte no anime de One Piece do que no mangá

そうだとしたら納得できるけど、それはやっぱり同じような能力には同じようなルールがあるってことかな?

でも、九尾の狐の変身能力がマネマネの実の能力よりも高性能かもしれないし、全く同じかもしれないけど、やっぱり変身能力には直接触れないと相手の情報を身体に記憶できないという縛りが共通してるんだろうか…

でないと、会ったこともない人物に化けても、簡単に見破られちゃうくらいのクオリティにしかならないよね…

他にも、過去に書いたような『憑依能力』の条件とかもあるかもしれないね…

化けるよりも憑依して操る方が色々とやりやすいと思うんだけど、今回はデボンの言動の意味をそっちの方をベースに考えてみたいと思うよ!

ワンピース 1112話デボンがサターン聖の脚に触れた事はどんな事件に繋がる?|変化ではなく憑依が目的?

デボンが任務完了って言ってるけど、ティーチへの忠誠心が強いオーガーと一緒だったから、その任務はやっぱりティーチから与えられたものだろうね…

でも、デボンは五老星が地上に降りてくるなんて聞いたことないって言ってるし、サターン聖が自らエッグヘッドに上陸するまで自分が大艦隊に同行してることも伏せてたよね…

デボンたちは海軍の通信を傍受したり、オーガーがワプワプの実の能力で偵察したりして、サターン聖の同行を知って、それをティーチに報告した結果、任務を与えられたりしたのかもしれないけど、その任務は一体何なんだろう?

さっき、サターン聖の脚に触れたことについて、変化できるようになるよりも憑依できるようになった方が便利だと書いたけど、サターン聖に変化してもサターン聖の強さまで再現できないし、サターン聖本人がいる以上はバレる可能性が高いし、あまり機能的じゃないよね…

九尾の狐の能力に他者に憑依するというのがあるのかは分からないけど、九尾の狐にはそれができるという伝承もあるみたいだから、あり得ないことはないと思うよ…

九尾の狐は妖怪というより神に近い存在だから、どんな能力があっても不思議じゃないと思うよ。

憑依したなら、サターン聖の能力込みでサターン聖として行動できるし、マリージョアに潜入するのも容易い…

ティーチが世界政府の中央についてどれだけ知識があるのかは分からないけど、仮にイム様の存在を知っていて、イム様に憑依できたら世界を牛耳れるかもしれないね…

そうなればデボンがティーチに従う理由もなくなりそうだけど…

少なくとも、ティーチの目下の夢である黒ひげ王国建国のためには非常に役に立つと思うから、個人的には変化の能力よりも九尾の狐には憑依能力があるのかなって思うんだけどね…

One Piece Teased Dr. Vegapunk's Design Back at Punk Hazard

ワンピース 1112話デボンがサターン聖の脚に触れた事はどんな事件に繋がる?|デボンの役割について

デボンは黒ひげ海賊団の十大船長の中で唯一の女性だけど、彼女は組織内でどんな立場や役割を持っているんだろう?

ハチノスの女海賊たちからは相当な指導を受けているから、多分女海賊たちのリーダー的な立場になってるんじゃないかな。でも船長をやってる以上、ティーチは彼女の実力をかなり高く評価してるはずだよね…

九尾の狐の能力を手に入れたことでますます価値が上がってると思うけど、彼女はやっぱりティーチと黒ひげ海賊団の策略面を支える存在じゃないかなと思うんだ。

そういうのはラフィットが得意そうだけど、デボンもラフィットと一緒にそういうポジションにいるんじゃないかなと思う。

戦闘能力もかなり高そうだけど、彼女はなんかもともと女優を目指していて演技が得意そうな気がするんだよね… 若月狩りの異名を持つ彼女の過去の悪事も、最初はライバルへの嫉妬や敵意から来たものだったのかなと思うんだ。

九尾の狐の能力とその演技力が合わさって本領を発揮しそうな気がする!

サターン聖に変身したとしても、そういう演技力で見事になりすませそうな気がするけど、彼女はそういう策略面でティーチにとって不可欠な存在なんじゃないかなと思うよ…

個人的には、いつかロビンと対決しそうな気がするんだけど、何か壮絶な化かし合いになりそうな気がして超楽しみなんだけどな…

ワンピース 1112話:どこで読むか

ワンピース 1112は、2024 年 4 月18日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす

👉今すぐ読む: ワンピース 1112話 RAW – One Piece 1112 RAW

👉今すぐ読む: ワンピース 1111話 RAW – One Piece 1111 RAW

結論