Skip to content

ワンピース1114話ネタバレ|ベガパンクが言う『彼』とは?

ワンピース 1114話: 発売日

2024年5月13日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース1114話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。ただし!ワンピース は、2024 年5月9日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

ワンピース 1113話: 要約とレビュー

前回、ボニーの前にナス寿郎聖が現れたわけですが、彼の目的はボニーからパシフィスタの威権を取り戻す事にあるはず…

今後も使えるように極力ダメージを与えずにパシフィスタ達を全て停止させてしまったというからには、やはりボニーから威権を取り戻す…

👉今すぐ読む: ワンピース 1114話 RAW – One Piece 1114 RAW
つまりボニーを殺さねばならないわけですが、ナス寿郎聖はやはり偶然ではなく、ボニーを狙って現れたようですね…

しかし、そのボニーを守るナイトとなるのがサンジであるようです!

サンジはボニーがまだ12歳だというのを知っているのかどうかは判然としないですが、ボニーを心身共に傷つけたサターン聖にも激しい怒りを現していましたから、おそらくナス寿郎聖にも同じように激しい怒りを向けるでしょう!

サンジはボルサリーノのレーザーを弾くという神業を見せており、ワノ国編でのクイーンとの戦いで覚醒したジェルマの力がその源になっている可能性は高いと思いますが、ジェルマの力がナス寿郎聖に通用するかも楽しみですよね!

サターン聖の眼力や金縛りには勝てなかったようですし、ナス寿郎聖も似たような技を持っていそうですが、サンジは自分の命に換えてもボニーを守り抜くでしょう!

One Piece | Spoilers completos do mangá 1111 – "O Escudo Solar"

ワンピース 1114話: ネタバレと予想

ワンピース1114話ベガパンクが言う『彼』とは?|ジョイボーイかイム様か?

ベガパンクは自分が死ぬことで世界政府を非難するつもりはないし、善悪を議論するつもりもないって言ってて、「彼が十分に理解できるほど彼についてよく分かっていない」と言ってたよ…

前にも書いたけど、「彼」はおそらくジョイボーイのことだと思うんだけど、ジョイボーイの存在は何かの理由でかき消されてるみたいだし、ベガパンクが100年の空白の研究をしてたから、そうだろうなって思ったんだ…

でも、空白の100年に関連して、ほとんど情報のない人物がもう一人いるよね…

それが、存在しないとされている虚の玉座の主・イム様だけど…

ベガパンクが言う「彼」の候補としては、その二人が考えられるんじゃないかなと思うんだ。

両方とも、善悪の観点から見るとよく分からないから、善悪の判断基準にはなれないって共通してるよね…

それに、ベガパンクが自分を殺した世界政府に対して、善としたり善悪を論じないっていうのも微妙だし…

もともと、ヨークがイム様の存在を知らない雰囲気だから、ベガパンクがイム様のことを知ってるかっていうのも考えられるけど、「彼」がイム様のことだったら、それは世界政府の歴史書『GENESIS』に載ってる最初の20人の1人『ネロナ・イム聖』のことではないかと思うんだ。

そうだとしたら、やっぱりジョイボーイとネロナ・イム聖は空白の100年の時代に争って、時代を代表する人物だったってことになるけど、ベガパンクがこれまでに知り得た情報からは、どちらが善で、どちらが悪かというのを判断できないっていう意味なんじゃないかなと思うよ。

少なくとも、世界政府が創設されてから今日までの800年間、世界は一応「平和」だったと思うしね…

One Piece Chapter 1091 - Kizaru Humiliates Sun God Luffy - YouTube

ワンピース1114話ベガパンクが言う『彼』とは?|平和主義者から見る善悪とは?

ベガパンクが『平和主義者』だと思うんだけど、じゃあ、平和主義者が考える『善悪』って何だろう?

天竜人って神様みたいな存在が、下々の人々を全部奴隷として見てる現実を平和って言うなら、平和主義者が考える悪っていうのは、それを壊そうとする行為であり、それをする人たちを指すのかなって思うんだよね。

そうすると、善はその平和を守ろうとする人たちだと思うはずだよね…

世界政府って組織は、きっと表向きはそうだけど、世界に平和をもたらすためにできた組織だと思えるし、CPや海軍はその平和を守るための組織…

平和主義者から見れば、今の世界政府は善だと思うし、ベガパンクが世界政府に雇われてパシフィスタやセラフィムを作ったのも、平和を保つためだったはず…

でも、物事はそんなに単純じゃないし、世界政府を支配してる天竜人たちはどこから見ても善じゃなく、明らかに悪…邪悪だよね…

天竜人たちが下々の人々に悪意がなく、ほとんど関わらないということなら話は別だけど、天竜人たちには明らかに悪意があるよね…

ジョイボーイが世界をどうしようとしたのか…

それが分かれば善悪の判断ができるのかもしれないけど、やっぱりベガパンクはそれがよく分かってないんじゃないかなと思うんだよね。

空白の100年は、違う思想が激しくぶつかり合う時代だったんじゃないかなって思うし、ベガパンクは大きな王国の思想は知ってるみたいだし、だったらジョイボーイが世界をどうしようとしてたかくらいはわかりそうだけど…

もしかしたら、やっぱりジョイボーイはロジャーとルフィと同じような『夢の果て』を持っていて、ベガパンクにはそれが理解できないのかもしれない…

善でも悪でもない、どっちつかずな世界を、ジョイボーイは作ろうとしてたのかも?

One Piece: Màu sắc Gear 5 - sự thức tỉnh của trái ác quỷ Nika, Luffy là JoyBoy của thời đại mới | ONE Esports Vietnam

ワンピース1114話ベガパンクが言う『彼』とは?|理屈ではない中道主義の世界

ロジャーとルフィの夢の果て…

それは人から笑われたり、無理だと断言されてしまうようなことであるようですが、その理由はおそらく『理屈が通らない』からではないかと思います。

理屈が通るようなことなら、笑われることはあっても無理だとは言われないでしょう…

おそらくジョイボーイも理屈が通らないような夢を持っていたものと思いますが、科学者であり論理的思考の持ち主だろうベガパンクからすれば、理屈の通らない考えは理解しづらい…

『彼についてよく分かっていない』というのは、そういう意味なんじゃないかとも思えます…

また、過去にベガパンクは中道主義の思想を持っているのではないかと書かせていただいていますが、それは民衆がベストな選択とするような中道=民衆・民意だというようなことを書かせていただきましたが、ジョイボーイ、ロジャー、ルフィは理屈が通らない中道主義と呼べるような思想を持っていて、それを具現化したような世界を作りたいということを考えていたのではないかと思います。

例えば、誰かが誰かを支配しないというような世界を創ることは不可能な気がしますが、それは理屈に当てはめようとするから不可能だと思えるのであり、理屈を考えなければ不可能とは言えないのではないかと思えます。

そんなのは無茶苦茶だと思えることでも、それはやってみないと分からないし、やってみたら案外できてしまった…みたいなことは歴史を遡れば、それこそ数えきれないくらいにあるでしょう…

また、そういうチャレンジが人類を進歩させたりすることもあったはずですよね…

ワンピース 1114話:どこで読むか

ワンピース 1114は、2024 年 5 月9日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす

👉今すぐ読む: ワンピース 1114話 RAW – One Piece 1114 RAW

結論