Skip to content

アオアシ361話 ネタバレ|高杉榮作のダビド・オブシダンへの攻撃でハイプレス始動?

『アオアシ』第361話:- もしサッカーマンガのファンなら、おそらく『アオアシ』という人気シリーズを聞いたことがあるかもしれませんね。これは、若き才能・葵葦人の成長を追うストーリーで、彼は東京シティエスペリオンユースチームに加入し、プロ選手を目指します。小林有吾によって書かれ、中村豊によってイラストされたこのマンガは、2015年からビッグコミックスピリッツで連載され、第64回小学館漫画賞や第24回手塚治虫文化賞を含むいくつかの賞を受賞しています。

このマンガは、サッカーマッチの現実的でスリリングな描写、および異なる強み、弱み、目標を持つ多様で魅力的なキャラクターで知られています。物語は情熱、友情、ライバル意識、成長といったテーマも掘り下げており、葦人と彼の仲間たちはフィールド内外でさまざまなチャレンジや機会に立ち向かいます。

アオアシ 361話: 発売日

良いニュースがあります『アオアシ』第361話は2024年2月26日に発売されます。『アオアシ』は異なる地域で異なるタイミングで発売される予定です。ただし!アオアシ は、2024 年2月25日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

👉今すぐ読む: アオアシ361話 RAW – Ao Ashi 361 RAW

アオアシ 360話: 要約とレビュー

中盤の支配が着実に進みつつある現在。

アシトもそこに加わったため、桐木と栗林の連携の密度はさらに上がるものだと思われます!

また、ほかの尻込みしていた選手たちの後押しにもつながったため、エスペリオンはここからさらにエンジンをかけていかなければならないでしょう。

この中盤の支配のおかげで、周り始めるところはどこなのか、どの選手の練度が上がっていくのか…、このあたりを考察していきます。

試合開始直後や、10分経った頃やそれ以降、朝利や黒田は試合を優位に進めることができていませんでした。

理由は明確で、「失点するまい」という気持ちや、あまりにも開きすぎている「バルサとの実力差の比較」に参ってしまっていた為でしたね。

しかし、その中でもプロ未経験の割に「自分のスタイルと試合を楽しむこと」を忘れていないアシトのプレイに、彼らは何かに気づいたようでした。

緊張も敵との比較に参っていた気持ちも消えた事でしょうし、アオアシの360話以降ではプロ未経験者の黒田達もすっかり立ち直った姿が見れるのではとネタバレ考察します。

前半で黒田や朝利たちの奮闘が期待できそうですね!

Art] Ao Ashi - Volume Cover 26 : r/manga

アオアシ 361話: ネタバレと予想

アオアシ361話ネタバレ最新話の考察!バルサの即時奪還とポゼッションの好循環を断ち切るハイプレス?

FCバルセロナは70%近いボールポゼッションが戦術のベースになっています。

更に脅威の足技とパスワークでピッチを支配されてしまったら、相手チームはボールを奪うこともままならず自陣でスペースを狭めるくらいしか出来なくなって行くのです。

サインサ監督が福田達也監督に言っていた状況がこれでしょう。

そして相手陣営の深いところで奪われたボール周りはコンパクトな陣形になっていることからプレッシングを素早くかけて行けば高い位置でボールを奪還できるということになります。

これが伝統的なバルサのポゼッションと即時奪還を好循環させる仕組みとなるのです。

それを破壊するのは自陣をブロックすることよりも無謀とも思えるハイプレスでバルサの推進力を破壊する方が効果的だということです。

そのやり玉に挙がったのが空いてDFの要となるCBダビド・オブシダンだったということです。

アオアシ361話ネタバレ最新話の考察!アシトと浅利のSB連携が活路を5レーンに活路を見出す?

最初はいがみ合っていた…というよりアシトのヘタさを見くびっていた浅利でしたが左右サイドバックとして青森青蘭戦でその連携が開花したと言って良いでしょう。

そのアシトと浅利のサイドと逆サイドの連携が、5レーンの複雑な動きに息を吹き込んでいることは間違いないことでしょう。

育成年代の世界でも王国と言われるバルサU-18に一矢報いるのがこの1年生コンビからだったら痛快ですね。

栗林晴久が全力で牽引するこの後の5分間で5レーンが展開されることは間違いないのではと考えています。

その時、5レーンの細やかなパスワークに加えてSBの大胆なサイドチェンジが効果的に働くのではないかと期待しています。

アオアシ361話ネタバレ最新話の考察!オシム式ハイプレスで王国のポゼッションを粉砕?

強大な敵に果敢に立ち向かった日本代表のオシム監督の戦術は、その中でも特にポゼッションに対抗する手法が先駆的だとされています。しかし、この戦術が本格的に注目され始めたのは、オシム監督が退任してから10年が経過した後のことでした。

オシム監督が採用したポゼッション対抗策は、自陣にブロックを築くという従来の手法でした。しかし、これが劇的に変化するきっかけとなったのは、ハイプレスと呼ばれる新しいアプローチです。つまり、攻撃に対して攻撃で応じるという発想です。防御の最大の武器は攻撃であり、それをより具体的に言えば、相手陣深くまで侵入しても、相手にプレッシャーをかけ続けるというものです。

この進化した戦術は、バルサU-18の強力なボールポゼッションに立ち向かうエスペリオンユースの手段として、堅守速攻型の形態を取っていると考えられます。

Ao Ashi Season 2: When is season releasing? Cast, plot and more! | India Shorts

アオアシ361話ネタバレ最新話の考察!リスクを冒す無謀なハイプレスでゲームの流れを引き込む?

格上のチームに対抗する方法として、一見無謀に見えるハイプレスという戦術が注目されています。この戦い方が徐々にボールポゼッションを破壊する主流となっています。

ただの無茶や無謀ではなく、先手を打つことでボールだけでなくリスクもコントロールしやすくなる利点があります。そしていつの間にかピッチ上での戦いは格下のチームのペースに変わっていくのです。

高杉榮太選手がCBダビド・オブシダンに対してプレスをかける場面を見れば、福田達也監督のバルサU-18に対する前半プランは明らかに徹底的なハイプレス戦術だと言えるでしょう!

アオアシ361話ネタバレ最新話の考察!アシトは栗林晴久の期待に応えられるのか?

栗林晴久だけはアシトを始めてみた時からその視野と言う能力に気付き福田達也監督と同じ期待を彼に持ったようでした。

そして直接アシトには攻守コンプリートという目標設定をさり気なく与えていました。

そのSBとしての攻守コンプリートは曲がりなりにも青森青蘭戦で確かな感触を手にしたようにも見えました。

しかしアシトが攻守コンプリートしたSBとして覚醒し世界に注目されるのはこのアルカスカップなのだと思います。

その期待は栗林晴久も持っているのではないでしょうか?

まだまだ伸び代だらけのアシトですが、攻守コンプリートした司令塔としてバルサU-18を混乱させるコーチングを展開してくれるのも間近なのではないでしょうか?

アオアシ 361話:どこで読むか

アオアシ 361 は、2024 年 2 月 25日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: アオアシ361話 RAW – Ao Ashi 361 RAW

👉今すぐ読む: アオアシ360話 RAW – Ao Ashi 360 RAW

結論