Skip to content

ワンピース1108話 ネタバレ|黒ひげ海賊団はエッグヘッドの何に興味を持った?

ワンピース 1108話: 発売日

2024年2月26日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース1108話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。。ただし!ワンピース は、2024 年2 月22日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

ワンピース 1107話: 要約とレビュー

カイドウも世界を支配しようとしていたわけですが、その真の目的は歴史に名を残す…みたいなものだったように思えます。

世界を支配するような人間は一時代を築き、必ず歴史に名を残すはずですが、ティーチもヤミヤミの実の能力に加えグラグラの実の能力を手に入れた際に『おれの時代だぁ!』と叫んでいましたよね…

👉今すぐ読む: ワンピース1108話 RAW – One Piece 1108 RAW

👉今すぐ読む: ワンピース1107話 RAW – One Piece 1107 RAW

それからするに、ティーチは『黒ひげ時代』を作り、歴史に名を残そうと望んでいるような気がします。

仮にティーチがロックスの息子だとして、ロックスは一時代を築きながらも、今はほぼ忘れられている…

おそらくジョイボーイも形的にはそうなっているのではないかと思いますね…

しかし、ルフィは『人間死んだら骨だけだ』といい、おでん様もカイドウに『おれの事は忘れてくれていい』と自分の名前など歴史に残らなくていいみたいな事を言っていました…

善悪は度外視して、ONE PIECE世界の世界の覇権に関わるような強者達には、歴史に名を残そうとするタイプと、そんな事には意味が無いと思うタイプがいるようです。

おそらく、白ひげがティーチに言っていた『ロジャーが待ってる海賊はお前じゃない』というのは、ロジャーが待っているのはルフィのようなタイプであり、ティーチのようなタイプではないという意味だったと思いますが、やはり時代に名を残そうとする者は本当に世界を変えたりするようなできないのでしょう…

Trận đấu đầy phấn khích: Râu Đen đánh bại Law trong khi Garp đối đầu Kuzan” - Tin tức công nghệ

ワンピース 1108話: ネタバレと予想

ワンピース1108話ネタバレ最新話の考察!Dr.ベガパンクの命はエッグヘッドで尽きるのか?

くまには、自爆スイッチではなく完全停止スイッチを付けたところまでは何とかサターン聖も怒りをコントロールできていたようです。

しかし、パシフィスタマークⅢの威権順位に五老星を超える存在、ボニーを設定していたことには怒り心頭を突き抜け、サターン聖は蜘蛛の触手でボニーを貫いてしまいました。

そして、アトラスとフランキーがくまとボニーを連れ北東の海岸まで逃げるときに、Dr.ベガパンクは先に行くように促しました。

医学にも長けたDr.ベガパンクが傷ついた自分の命脈を悟ったという事なのでしょうか?

いずれにしても、社畜黄猿の前に残ったのは、レーザーを止めたサンジとサターン聖を吹き飛ばしたニカ・ルフィ、そして瀕死状態のDr.ベガパンクの3人となりました。

当然ながら、社畜黄猿が最優先に狙うのはDr.ベガパンクの首であることは間違いないことでしょう。

しかし、追い詰められた黄猿が「お前らの首くらい持って帰らねェと…」と言っているところが既に冷静さを欠いている証拠なのでしょうか?

ここで黄猿がDr.ベガパンクの首に集中したのであれば、あるいはということも考えられたかもしれません。

しかし、麦わらの一味最強のニカ・ルフィとNo3 サンジの首まで狙ったのであれば、Dr.ベガパンクの首がサターン聖に取られる可能性は低いものと思われます。

ここさえ脱出すれば、Dr.ベガパンクの科学力を以て自らの身体を治癒することもできるものと思われます。

若しくは首さえ取られなければ、サテライトたちの技術でクローン等で蘇生することもできるかもしれませんね。

ワンピース1108話ネタバレ最新話の考察!修行中オーガーとデボンはどうやってエッグヘッドに上陸できた?

元々黒ひげティーチが王下七武海の一角を担うことににした理由が、インペルダウンのレベル6の囚人たちを解放して仲間に引き入れる事だったと自ら語っていました。

マリンフォード・頂上決戦、黒ひげ海賊団登場の場面です。

その時に開くはずのない正義の門を開きマリンフォードの内部に侵入した秘密も明かしていました。

黒ひげ海賊団五番船船長ラフィットが正義の門・動力室の海兵に催眠術を掛けていたと言うのです。

たとえエースの死で混乱の極致に有ったとは言え、あの海軍本部の中枢までいとも簡単に入れた黒ひげ海賊団の能力はやはりさすがは四皇と言ったところです。

しかし今回のエッグヘッドは大小100隻以上の軍艦が包囲してしまった段階では入れる隙は無かったものと思われます。

しかし海軍包囲の前ならば可能かと思えばむしろそちらの方が困難と思われます。

シービーストウェポン…ルフィ達でさえ大騒ぎとなった中でDr.ベガパンクに助けてもらってようやく上陸を果たしたと言う有様です。

更にオーガーのワープは自ら修行中と答えそれほどの距離の移動を稼ぐことは出来ないようです。

ここで考えられるのがやはりラフィットの催眠術でしょうか…?

元々エッグヘッド近海に現れた黒ひげ海賊団の軍艦に誰が乗船しているかというアリバイ探しが盛んだった時の考察では、デボンとラフィットのコンビが最有力でした。

ここはラフィットも海賊船に乗船しており周囲の軍艦に催眠を掛けながらエッグヘッド上陸を果たしたのではないでしょうか?

Dự đoán spoiler One Piece 1108: băng Mũ Rơm đánh bại Lucci và Kizaru - thẳng tiến Elbaf!

ワンピース1108話ネタバレ最新話の考察!ボニーがニカに覚醒する可能性は?

憧れの”解放の戦士”、太陽の神ニカを目の前に見たボニーは、物心がついた頃からドンドットットの解放のドラムのリズムと一緒にその姿を追い求めてきました。

そして、くまを捜すためのボニー海賊団船出以降はくまと一緒にニカのことも探し出そうと旅を続けてきたのです。

それは大切な大切な父、くまに喜んでもらうための一心からニカを捜していたのです。

しかし、捜せども捜せどもその影さえも見つけ出すことができないボニーは、最近ではニカはやはり伝説で実在しないのではないかとも思い始めていたのです。

そして磨きをかけて鍛えてきた技、ディストーションフューチャー”ニカみたいな未来”の攻撃力も段々と弱まっているのが自分でもわかるくらいになっていたのです。

そして今日、今、ボニーの目の前を”解放の戦士”太陽の神ニカが走り回っているのです、ドンドットットのリズムと一緒に!

そんなボニーをニカ・ルフィは”ニカみたいな未来”から”ニカとしての未来”に導いてくれるのではないでしょうか?

そして男女一対の太陽の神ニカが現れ、この世界を自由に解放してくれるのだと思いたいです。

GARP vs RÂU ĐEN - TRẬN CHIẾN MÀ TÁC GIẢ ODA ĐÃ NHẮC TỚI? - YouTube

ワンピース1108話ネタバレ最新話の考察!バッカニア族の記憶がくまの意識として甦る?

史実におけるバッカニアとは17世紀にカリブ海で活動をした海賊、私掠船を含む、の総称だそうです。

そして後に有名となるカリブの海賊の前身となる人々を指しているようです。

ここから類推するに、くまの出自でもあるバッカニア族は大海賊時代を担う海賊たちの前身である可能性が考えられます。

その海賊たちはニカの記憶を宿していることから、800年前のニカ、つまりジョイボーイと一緒に今の世界政府と戦った者たちだったと考えられます。

そして800年の時を経て、ルフィの中にニカが甦り、仇敵であった世界政府に立ち向かっているのです。

その姿とニカの解放のドラム”ドンドットット”のリズムに触れた時、バッカニア族の末裔であるくまの中で何かが弾けるのではないでしょうか?

Dr.ベガパンクがサターン聖の陰謀で消し去ったくまの自我と記憶は氷山の一角でしかないと思うのです。

海面から頭を出しただけの僅かな一角…水面下にはバッカニア族の膨大で且つ在りし日の輝かしい世界と自由に縁どられた記憶が隠されているのではないでしょうか?

それがニカの登場により、くまの中で栄光の記憶として甦る…!

そこからバッカニア族の新たなリベンジがスタートするのかもしれません。

ワンピース 1108話:どこで読むか

ワンピース 1108は、2024 年 2 月22日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす

👉今すぐ読む: ワンピース1108話 RAW – One Piece 1108 RAW

👉今すぐ読む: ワンピース1107話 RAW – One Piece 1107 RAW

結論