Skip to content

呪術廻戦 257話 ネタバレ|虎杖の覚醒で宿儺にどこまで迫れる?

呪術廻戦 257話: 発売日

呪術廻戦257話は2024年4月22日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年4月18日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。ơ

呪術廻戦 256話: 要約とレビュー

これまでの戦闘を加味すると、次に死亡する可能性があるのが日下部と脹相のどちらかになるのではないでしょうか?

日下部ですが、今回のストーリーを機に主軸としての戦闘が繰り広げられることは間違いないでしょう。

一級で最強と謳われるだけあり、それなりに奮闘はしてくれると思いますが、一歩及ばずで退場が濃厚な気がします。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦257話 Raw – Jujutsu Kaisen 257 Raw

そもそも術式が無いので戦闘も一辺倒になり、対宿儺戦での活躍は日車と同様程度は期待したいところです。

現在、虎杖と行動を共にしている脹相ですが、今後宿儺戦に参加すると考えると、やはり死亡は免れないかもしれません。

というのも、虎杖をメンタル的に消耗させると考えるのであれば、やはり死亡が手っ取り早いと宿儺も考えるでしょう。

ただし、虎杖がその程度では折れないことも重々承知のはずなので、目的はなんいしろ、皆殺し宣言をしている以上は死亡が濃厚そうです。

Jujutsu Kaisen' Season 2: Everything We Know About the Shibuya Incident

呪術廻戦 257話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話257話の考察|ラルゥの心身掌握(ハートキャッチ)への対策は?

257話では、ラルゥが宿儺に心身掌握(ハートキャッチ)で心を掴まれましたね。その結果、宿儺はラルゥの方を向き、虎杖の黒閃をサポートしたけれど

これは恐らく一度限りだろうね?次回では、恐らく宿儺はとりあえずラルゥを狙うだろうし、そうなると宿儺からの黒閃を受けて、かなりダメージを受けるラルゥはやられちゃいそうだよ。

傍にいるミゲルが守れる可能性もあるけど、おそらく守り切れないと思うな。

呪術廻戦ネタバレ最新話257話の考察|宿儺も窮地に追い込まれる?

前々回、宿儺はラルゥに2回目の黒閃を放ちましたが、真紀には3回目を外し、脹相には4回目の黒閃を繰り出しました。

黒閃を繰り出すとゾーンに入るというのは以前から言われていますが、宿儺も完全にゾーンに入ったように見えますね。通常の斬撃の出力も上がっているようです。

ただ、黒閃を2回放った五条悟は、六眼による呪力の多さから領域展開までできましたが、宿儺の場合は呪力が増えるわけではなく、残りの呪力も多くはなさそうです。だから、五条悟ほど黒閃の恩恵はなさそうです。

それで虎杖の黒閃を直接受けたことで、宿儺が窮地に追い込まれる展開になるのでしょうか

呪術廻戦ネタバレ最新話257話の考察|五条と虎杖の黒閃の威力の差は?

虎杖が宿儺に渾身の黒閃を放ったとき、その威力はどの程度なのでしょうか?

五条が宿儺に黒閃を放ったとき、宿儺は気絶するほどのダメージを受けましたが、虎杖の黒閃が同等の威力を持っているかどうかは疑問です。

ただし、覚醒した状態で放つ黒閃となると、話は変わってきますね。

Jujutsu Kaisen Teases A Massive Twist In Upcoming Chapters

呪術廻戦ネタバレ最新話257話の考察|覚醒した虎杖の黒閃の威力

257話の終わりに、虎杖が覚醒した描写がありましたね。

一発の黒閃で覚醒したのですが、覚醒状態の黒閃は五条悟に匹敵するか、それ以上の威力になる可能性が高いでしょう。

さらに、覚醒状態で黒閃を繰り出すと、その威力はどんどん増していくでしょう。

反転術式も使えるようになった覚醒した虎杖の黒閃は、以前の黒閃とは比べ物にならないほどの威力を持っていると考えられますね。

呪術廻戦ネタバレ最新話257話の考察|虎杖は宿儺戦では黒閃を5回以上出す?

前回の話では、黒閃は狙って出すことができないことが詳しく説明されましたね。

七海と虎杖の連続記録は4回ですが、今回虎杖は何回黒閃を放つのでしょうか。

これまで虎杖は交流戦では4回、1日トータルでも5回の黒閃を放っていますから、覚醒した状態ならそれを超えることは容易に想像できます。

おそらく、今回の宿儺戦では最低でも5回の黒閃が繰り出されるのではないでしょうか。

呪術廻戦ネタバレ最新話257話の考察|なぜ高専側は宿儺と個別に戦ってきたのか?

これまでの高専対宿儺の戦いでは、高専側の呪師が順番に小出しにされて敗れるパターンが続いていますね。

五条悟と宿儺の戦いは他者が邪魔しないというのは理解できますが、その後に順番に一人ずつ、もしくは少数で出てくるのは違和感がありますよね。

これは時間稼ぎをしている間に、何か壮大な作戦が進行中なのかもしれませんね。

実際、虎杖が高専の仲間たちと連携してここまで戦ってきたという発言もありましたし、時間を稼ぐことで何かが展開される可能性が高いですね。

Jujutsu Kaisen: Conheça o Sukuna da Mitologia Japonesa e suas semelhanças com o anime

呪術廻戦ネタバレ最新話257話の考察|秤は裏梅に勝てる?

宿儺対高専の戦いの裏では、秤と裏梅の戦いが展開されていますね。

秤が裏梅と戦っている間、裏梅が宿儺の元に到達することを阻止しているため、秤の役割は非常に重要です。

果たして、秤は裏梅に打ち勝つことができるのでしょうか。

個人的には、最終的には裏梅に敗れるか、あるいは相打ちになると思います。

渋谷事変の最後で見せた裏梅の強さを知る身としては、ここまで互角に戦っていること自体が称賛されるべきであり、相打ちであればかなりの快挙だと思われますが……。

呪術廻戦ネタバレ最新話257話の考察|宿儺の最後の指を食べたのは本当に乙骨?

これまで乙骨が宿儺の術式を使うために、宿儺の最後の指を取り込んだとの解釈でしたが、本当にそうなのでしょうか。

そもそも、宿儺の指を取り込むためには、宿儺の器である必要がありますし、乙骨が宿儺の器である確証はどこにもありません。

そう考えると、虎杖悠仁が宿儺の最後の指を取り込んで、乙骨がそれをコピーしたというパターンが考えられますね。

虎杖悠仁が宿儺化した背景には、宿儺の最後の指を取り込んだからということであると、納得できるでしょう。

呪術廻戦 257話:どこで読むか

呪術廻戦 257は、2024 年 4月18日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦257話 Raw – Jujutsu Kaisen 257 Raw

結論