Skip to content

呪術廻戦 260話 ネタバレ|宿儺の最後の指は虎杖が食べている?

呪術廻戦 260話: 発売日

呪術廻戦260話は2024年5月20日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年5月16日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 259話: 要約とレビュー

竈とは釜土…かまどのこと…そして宿儺の手に纏った炎が小さい…明らかに開フーガとは違う様相を呈しています。

渋谷事変では巨大なビル群をも凌ぐ高さまでの炎柱を燃え滾らせた時とは大きな違いです。

そして炎の矢…これも左の両腕がままならない今の宿儺では弓につがえることすらできないでしょう。

ここはやはり”竈“と言う術式…開フーガ”とは一線を画する新たにお目見えする術式で間違いないでしょう。

反転術式の出力が回復しない土壇場で展開した伏魔御厨子を宿儺は維持できるのか…99秒の時を経て必中斬撃は止むことに…これは領域が崩壊したという理解で良いのでしょうか。

確かに99秒後に伏魔御厨子は崩壊すると呪術高専側は予測していて、その読み通り捌の斬撃は止んだのです。

しかしその刹那に彼らが見たものは”開フーガ”と”竈”と唱える声と、宿儺の2本の右腕が纏う炎の揺らめきでした。

Jujutsu Kaisen Wallpaper, anime wallpaper jujutsu kaisen - hpnonline.org

呪術廻戦 260話: ネタバレと予想

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|日下部の実力

宿儺との対峙となった日下部。まさかの事態に動揺を隠しきれません。しかし、日下部に対する周りの反応は本人の様子と明らかに違います。

実際、1級術師の中で一番強い人物は誰かという問いに、多くの術師が日下部の名をあげていました。冥冥によれば、日下部は術式を有していないと言います。

それでもシン・陰流の使い手として相当な実力を持っているのは確かです。今まではっきりとした実力は描かれてきませんでしたが、宿儺との戦いで日下部の真の力が見られるのではないでしょうか。

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|乙骨再び参戦はある?

宿儺の攻撃を受け、重傷を負った乙骨。

リカに抱えられながら、憂憂の術式で移動した様子がありました。

おそらく家入の元へ運ばれたと思われます。

そして斬撃をくらったとはいえ、五条や日車よりは致命傷になっていないように見えました。

そのためすぐに家入の治療を受けることで、再び宿儺戦に復活してきてくれるのではないでしょうか。

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|真希が宿儺の術式を無効化する?

呪力のない真希が参戦することで、肉弾戦がもっとヒートアップしそうだね。

その戦いで注目すべきは、真希が使う呪具だよ。

今の真希は、伏黒甚爾みたいな力を持っているみたいだ。

そしてその伏黒甚爾が使ってた呪具の1つ、”天逆鉾”。

“天逆鉾”は、発動中の術式を強制解除できるんだ。

真希がそれを手にしてる可能性、あるんじゃないかな。

Jujutsu Kaisen Wallpaper 4K, Anime series, Satoru Gojo

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|虎杖の新たな術式

虎杖が新しい術式を発現してたみたい。

詳細はまだわからないけど、脹相と同じく血に関する術式みたいだね。

宿儺との戦いで、宿儺に血を吹きかけて、それが爆発するのを見た。

脹相みたいに血を操るってわけじゃなさそうだけど、血を爆発させる攻撃性の高い術式みたいだ。

これからは相手の体内に血を送り込んで、体内から爆発させることもできるんじゃないかな。

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|短期間で力をつけた理由

宿儺が全体的に高まった高専術師の防御力や、虎杖の反転術式、乙骨の領域の上級運用など、短期間での成長を感じるね。

つい「このひと月何をした?」って聞きたくなる。

虎杖が「努力と根性」って答えたのに対し、乙骨は「ズルしました」と同時に言ってる。

その後の二人の表情からすると、同じ“何か”をして成長したんじゃないかな。

以前、虎杖と日下部が入れ替わってた場面があったけど、他のメンバーも術式の核を掴むために何かしてた可能性もあるね。

それに、乙骨自身が宿儺の最後の指について話してた。

ただ、乙骨が宿儺の指を食べたとは考えにくい。

宿儺が「食ったのか」と聞いても、乙骨は返事してない。

リカが指を持ってる可能性もあるんじゃないかな。

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|乙骨も世界を断つ斬撃が使える?

それに宿儺の術式も使えることが分かった。

まだ”捌”しか使ってないけど、今後、乙骨が五条を真っ二つにする”世界を断つ斬撃”を放つ可能性があるんじゃないかな。

“無下限呪術”については、六眼がないと難しいって宿儺が考えてるから、使う可能性は低そうだね。

でも、乙骨が突然六眼を持つようになったら話は変わるかもしれないけど

Jujutsu Kaisen Wallpaper 4K, Anime Series, Satoru Gojo, 43% OFF

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|五条は生きている?

宿儺によって体を真っ二つにされた五条の現在の所在がわかったよ。

日車を回収する憂憂と星綺羅羅の姿を見て、宿儺の口から五条の体が戦いの場所から消えてることが確認されたんだ。

多分家入のところに送られてると思われてて、応急処置がされてるんじゃないかな。

前に伏黒甚爾との戦いで死んだと思われてた五条が生き延びてたことがあった。

その時に、伏黒甚爾に対して首を斬り落とさなかったのが敗因だって言ってる。

今回の死亡シーンも体が真っ二つになってたけど、首は切られてなかった。

だから、一命を取りとめてる可能性があるんじゃないかな。

呪術廻戦260話ネタバレ最新話の考察|日車の術式が呪具化する?

宿儺にとどめを刺される寸前に流れた、日車の回想。

その中で日下部との会話で、意味深いことを言ってるんだ。

「死後呪いが強まることはないわけじゃない」

これから、日車の術式が呪具になる可能性があるんじゃないかな。

実際、七海の術式が呪具になったものを猪野が持って、宿儺戦に参戦してるんだ。

日車の場合、元々呪具を使ってたわけじゃないけど、死後呪いが強まることで呪具になる可能性は十分考えられると思うよ。

呪術廻戦 260話:どこで読むか

呪術廻戦 260は、2024 年 5月16日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦260話 Raw – Jujutsu Kaisen 260 Raw

結論