Skip to content

呪術廻戦 261話 ネタバレ|五条と虎杖と東堂のコンビで宿儺戦完全決着か⁉︎

呪術廻戦 261話: 発売日

呪術廻戦261話は2024年5月27日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年5月23日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 260話: 要約とレビュー

五条悟は『呪術廻戦』において最も強力で魅力的なキャラクターの一人です。

特級呪術師として、その圧倒的な力とカリスマ性で多くのファンを魅了してきました。

彼の特徴である「六眼」は、彼の強大な力の源であり、この目を持つ者は歴史上でも稀に見る存在です。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦261話 Raw – Jujutsu Kaisen 261 Raw

彼の戦闘スタイル、冷静かつユーモアのある性格、そして物語における重要な役割は、読者に深い印象を与えています。

さらに、五条悟の「死」と「復活」は、物語において大きな転換点となります。

彼が敵によって封印された際、多くのファンは彼の復帰を心待ちにしていました。

そのため、彼が「最強の亡霊」として登場したとされる第260話は、ファンにとって大きな意味を持ちます。

これは、彼の力が新たな形で物語に戻ってくる可能性を示唆しており、彼の復活が物語に新たな展開をもたらすことを期待させます。

このように、五条悟の復活は『呪術廻戦』のファンにとって、ただのストーリーの展開以上に興奮してしまう大きな出来事なのです。

五条悟の復活は、物語の深みを増し、ファンの期待を高める重要なイベントとなっているのです。

五条悟の復活がどのように物語に影響を与えるのか、今後の展開が非常に楽しみです。

呪術廻戦 261話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話261話の考察|五条悟は本当に復活したのか?

261話の終盤には、五条悟のような人物が宿儺の前に現れていました。セリフがないため、本当に五条が生き返ったのかについては、断定することができません。

果たして、五条は本当に復活したのでしょうか? 結論から言うと、五条が復活した可能性は十分に考えられます。

その理由は、負傷した術師や死亡した術師の行方にあります。

宿儺戦にて憂憂は、戦闘不能になった五条や日車、乙骨、日下部を回収していました。

Has [SPOILER] Really Returned In Jujutsu Kaisen?

しかし、憂憂がなぜ遺体や負傷者を回収しているのか、そして憂憂は彼らをどこへ運んでいるのかについては判明しておりません。

ここで、死者を生き返らせることのできる可能性のある術師が2人います。 その術師は、新田新と家入硝子です。

新田新といえば、「すでに受けた傷の悪化を防ぐ術式」の使い手です。

新田は渋谷事変にて、術式を倒れた釘崎に使用し、「生き返る可能性は0じゃない」とも話していました。

このことから、憂憂が五条たちを回収した後、すぐさま新田の術式で傷の悪化を防ぐことで生存率を上げたことが考えられます。 その後、家入が反転術式で五条たちの傷を治療したのではないでしょうか。

仮に上記に挙げた方法で五条が復活していたとすれば、宿儺に敗れた残り3人の術師だけでなく、釘崎も戦場に現れる展開も考えられますね。

呪術廻戦ネタバレ最新話261話の考察|虎杖が宿儺の胸をエグり続ける理由は?

261話では、虎杖が黒閃を決めた後、宿儺の胸をエグり続けていました。

宿儺に何度も黒閃を決めたり、強力な打撃を与え続ける今までの戦闘スタイルとは明らかに異なることから、何か意味があるように見えます。

ではなぜ、虎杖は宿儺の胸をエグり続けているのでしょうか。 結論から言うと、宿儺に大業を喰らわせることで戦いに決着をつけるためだと考えられます。

これまで虎杖は、伏黒と宿儺の魂の境目を捉えて攻撃することで、宿儺の動きを鈍らせていました。 境目に触れるためには、宿儺に直接触れる必要があることから、虎杖は宿儺の胸をエグり続けているのではないでしょうか。

そして、虎杖が宿儺の胸をエグった直後、宿儺の真横には五条の姿がありました。

虎杖が宿儺の動きを鈍らせた状態ならば、五条の虚式「茈むらさき」のような大業を宿儺に命中させる確率が大幅に上がるでしょう。

それに、突然の五条の登場に、虎杖が全く反応していないことからも、これは予め高専側が計画していた作戦である可能性が高いです。

以上のことから、虎杖が宿儺の胸をエグり続ける理由は、宿儺の動きを止めている間に、五条の大業を命中させるためではないでしょうか。

今後、虎杖と東堂、五条の3人の行動が、戦況を大きく変えることになるのかもしれませんね。

Memiliki Fisik Super Kuat, Inilah 10 Aspek Kekuatan dan Kemampuan Yuji  Itadori di Anime Jujutsu Kaisen - News Media

呪術廻戦ネタバレ最新話261話の考察|宿儺の結界内にいた真希や猪野は生存しているのか?

261話では、宿儺が「竈カミノ」を発動し、脹相が虎杖を庇う形で犠牲になりました。宿儺の結界内には虎杖と脹相以外にも、真希や猪野がいたことが、261話で描写されています。

果たして、この2人の安否はどうなったのでしょうか?

結論から言うと、真希は生存している可能性が高いものの、猪野は死亡している可能性が十分に考えられます。

真希は天与呪縛であることから呪力を全く持たないため、相手の領域によるダメージを一切受けることはありません。しかし、宿儺の伏魔御厨子は、呪力のないものには「捌」が発動するため、真希も領域の対象となり、ダメージが与えられます。

一見ピンチのように思える展開ですが、258話で発動した宿儺の領域展開で、真希は三輪に抱えられてながら移動している描写がありました。三輪はシン・陰流「簡易領域」を使用することで、真希を伏魔御厨子の必中効果から守ったと考えられるでしょう。

そして、宿儺が発動した伏魔御厨子は結界を閉じないものであるため、領域内から自由に脱出することが可能です。このことから、真希は生存している可能性は高いと考えられます。

一方、猪野は三輪や虎杖のように、作中で簡易領域を使用している描写や、258話で真希のように簡易領域を使用できる誰かに助けられている描写はありませんでした。となると、自力で宿儺の領域外に出る以外の対抗策がないため、猪野が領域内で死亡している可能性も十分に考えられます。

宿儺と高専術師との実力の差を埋めるためにも、真希と猪野が生存しているかどうかで、宿儺戦にも大きく関わってくるでしょう。2人の安否が気になるところですね!

呪術廻戦ネタバレ最新話261話の考察|虎杖は反転術式で東堂の傷を治す?

261話では、虎杖と東堂が宿儺との戦いで共闘する展開になりました。もしかすると今後、虎杖は宿儺との戦いで負った東堂の傷を治す展開になるのかもしれません。

その理由は、虎杖の体質と高専術師たちとの修業が関係しています。

261話冒頭では、虎杖が乙骨と入れ替わり修業をしていたことが確定しました。乙骨といえば、反転術式を他人にも使用することができるため、入れ替わり修業をした虎杖も同様、他人に反転術式を使用できる可能性は高いです。

Jujutsu Kaisen: Rescuing Gojo Just Got More Difficult for Yuji and Megumi

その上、虎杖の身体には宿儺の呪術が記憶されていることが、258話で明らかになっています。宿儺も他人に反転術式を使用でき、欠損した腕も瞬時に再生できるほどの使い手です。そういった宿儺の記憶を持つことに加え、8度の黒閃で潜在能力が覚醒した今の虎杖ならば、より高い出力の反転術式で東堂の傷を治すことができるのではないでしょうか。

このことから今後、虎杖は反転術式で東堂の傷を治す展開になる可能性が十分に考えられます。

また、東堂は腕を失うと術式を使用することができないことが、130話での真人との戦いで判明しています。そして、虎杖の中で真人との戦いを見ていた宿儺は、その弱点を知っているはず。そのため宿儺は、東堂の腕を「解」で真っ先に切断することで対処する可能性が高いと言えるでしょう。

呪術廻戦ネタバレ最新話261話の考察|宿儺が2種類の術式を使用できる理由は?

258話では、宿儺がフーガを使用していました。 本来、術師は生得領域を一つしか持たないため、術式も1種類しか使用できません。

ところが、宿儺は使用できなくなった十種影法術を除けば、「御厨子」と「開」の2種類の術式を使用しています。 なぜ宿儺は術式を複数扱えるのでしょうか。

それは、宿儺が先天的に「開」の生得領域を持っていて、「御厨子」は宿儺の片割れを食ったことで後天的に使えるようになったからである可能性があります。

宿儺のように、胎児を食ったことで、その胎児の術式が使用できるようになった事例は、他にも描かれていました。 257話で虎杖は、呪胎九相図を取り込んだことによって、赤血操術を使用できるようになったことが判明しています。

呪胎九相図とは、人間と呪霊によって生まれた胎児の亡骸であるため、虎杖は呪力を宿した胎児を食べたことになります。

片割れの魂が虎杖仁に宿ったことで、息子の悠仁は「御厨子」を使用できることから、宿儺の片割れには呪力が宿っていたと言えるでしょう。 宿儺は呪力が宿った片割れを食べたことで、後天的に「御厨子」を使用できるようになったのではないでしょうか。

まとめると、宿儺は先天的に「開」を使用できるポテンシャルを持っていたものの、「御厨子」は片割れを食べたことによって、後天的に能力を手に入れたのではないでしょうか

呪術廻戦ネタバレ最新話261話の考察|宿儺と虎杖が共振している証拠がある?

261話の東堂と冥冥の会話によると、虎杖と宿儺が共振している可能性があるとのことでした。 そのため東堂は、虎杖に作戦の一部を隠しておくよう冥冥に話していましたよね。

この対応が大正解だった可能性が、実は過去にすでに描写されています。

261話で、満象を応用して穿血を再現してみせた描写がそれです。

血液を使ったものではなかったものの、脹相が驚いていたことからあの技は穿血の動きで間違いなさそうです。

 

あのとき、宿儺が穿血の動きができたことの理由ははっきり描かれてはいませんでした。 しかし、261Jujutsu Kaisen: 5 Characters Who Are Worthy Successors of Gojo Satoru in  Ultimate Battle With Sukuna話で虎杖が赤血操術の特訓をしていたことが描写されました。

さらに261話で、虎杖と宿儺に共振が起こる可能性がある点が指摘されたわけです。

これらのことから、虎杖と宿儺に共振が発生し、虎杖が習得した赤血操術のコツが宿儺にも伝わった可能性があることが考えられます。

虎杖から無意識に宿儺に情報が流れているのだとしたら、東堂の対応はまさに大正解だったことになりますね。

呪術廻戦ネタバレ最新話261話の考察|六眼を受け継いだ者の正体

261話ラストで、六眼を受け継いだ者が現れたことが示されました。

順当にいけば、正体はおそらく乙骨だと思われます。 乙骨は、五条家の遠い親戚でしたよね。 そして六眼は、五条家の者に発現する特異体質であるとのこと。

現在の呪術廻戦の作中で、五条家に縁があることが明言されているのは乙骨だけです。

しかしもうひとり候補と考えられる人物がいます。 宿儺側の術師である裏梅がその人物です。

実は裏梅は、菅原道真ゆかりの人物ではないかと考えられるのです。

裏梅の名前の由来は、家紋の「裏梅紋」ではないかと言われています。 そして、梅の家紋は菅原道真が祀られている天満宮が神紋としたことが、始まりとされているそうです。

祖先や家にまつわる重要な紋章が家紋ですよね。

梅の家紋の一種の名前が裏梅の名前の由来ならば、梅の家紋と縁が深い菅原道真と裏梅に何か関係があったとしても不自然ではありません。

仮に裏梅が菅原道真にゆかりがある人物なのだとしたら、裏梅も五条家に関わりがある人物ということになります。 六眼が発露する可能性は、ゼロではないと言えますね。

呪術廻戦 261話:どこで読むか

呪術廻戦 261は、2024 年 5月23日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦261話 Raw – Jujutsu Kaisen 261 Raw

結論