Skip to content

キングダム 794話 ネタバレ|王翦危機を逃れる?!王賁本陣へ到着

「キングダム」は原泰久によって書かれ、絵が描かれた人気のある日本の漫画シリーズなんだ。

戦国時代を舞台にしており、読者を架空の古代中国の世界へ連れて行ってくれるんだよ。

この記事には「キングダム」の第784話に関する最新情報が載ってるんだ。からのネタバレ、未加工のスキャン、章の公開日、カウントダウン、そしてオンラインで読む場所へのリンクが含まれてるよ。ポップコーンを用意しておいて!すごくエキサイティングなニュースをシェアしようぜ

キングダム 794話: 発売日

キングダム794話は、2024 年4 月18日(木)発売のヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!キングダム は、2024年4 月15日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています

👉今すぐ読む: キングダム793話 RAW – Kingdom 793 RAW

キングダム 793話: 要約とレビュー

何と、王翦を逃す為に追手を食い止めていたはずの田里弥軍が王翦を守る壁となる為に姿を現すようです!

倉央は田里弥はすでに死んでいると思っていたようですが、その田里弥に後退が下手すぎると叱られ、田里弥は自分が殿を務めると、再度倉央に王翦の事を任せるようです!

しかし、王翦はそれを許さず、田里弥にお前も来いと叫ぶようですが、田里弥はそうしたいのは山々だが、もはやそれも叶わないと吐血しながらも、王翦に対し、今回のこの状況は側近である自分達の力不足によるものであり、王翦に非はないと叫び、あなたなら必ず復活できると言って、改めて敵と戦い始めるようです!

ここで王翦と田里弥の出会いが挿入され、まだ田里弥が百人将だった頃、田里弥のところに王翦が来て、百人将は階級が低すぎる、自分のところで千人将になれとスカウトしたようです。

そこから二人は主と部下、また師匠と弟子というような関係になっていたようですが、やはり王翦は田里弥にかなり期待していたようです…

王翦からすれば、亜光と同じく田里弥は家族のようなものであり、君臣以上の関係にある大切な存在だったというのは痛いほど伝わってきますよね…

Kingdom Season 4 Episode 23 Release Date, Spoilers, and Other Details

キングダム 794話: ネタバレと予想

キングダムネタバレ最新話794話考察|倉央戦死

794話以降、倉央が討ち死にすると思うんだ。

794話では亜光が、793話では田里弥がもう戦死してて、残るのは倉央だけになるんだ。

倉央はカン・サロが秦軍本陣に到着したって聞いて、糸凌がもう負けたと思ってるはずだよ。

それに、主である王翦ももうピンチ。倉央はせめて王翦だけでも逃がそうと、自分の命をかけて壁になるんじゃないかな。

亜光と田里弥が負けた今、王翦の後ろにいるのは司馬尚とカン・サロ、楽彰だ。

亜花綿と王賁が秦軍本陣に向かってるけど、過去に何度もピンチの秦軍に現れてた亜花綿ですらまだ到着してないんだ。

それに、司馬尚軍を足止めできるのも、戦力的には倉央しか残ってないんだ。

万が一亜花綿と王賁が本陣に到着しても、彼らは王翦の撤退を守るのに専念するだろう。

だから、794話以降では、倉央が壁になって敵を翻弄し、亜花綿と王賁が王翦を守る流れになると思う。

でも、明らかに戦力差があるから、倉央も司馬尚かカン・サロにやられちゃうんじゃないかなって思うよ。

キングダムネタバレ最新話794話考察|秦軍最大規模の犠牲とは

番吾の戦いで最大の犠牲が出た理由は、「戦場の広さ」にあると思うんだ。

史実によると、番吾の戦いでは秦軍が大敗して、最大の犠牲が出たって書かれてたんだ。

作中の794話では、王翦が脱出しようとしてる最中だから、ここから戦況を覆すのは難しいだろうね。

でも、現時点で討ち死にしたのは亜光・申赫楽・山秀の3人だけだから、まだ最大の損害ってわけじゃない。

司馬尚の猛攻で中央に残った三万の王翦軍は壊滅状態だけど、それだけで大敗の理由にはならないだろうね。

Kingdom Season 5 Anime Release Date: When Will It Air?

だから、最大の犠牲ってのは、兵の数じゃないかなって思うんだ。

李牧の策で王翦が撤退したのに、左右の兵が情報を受け取れず戦い続けたから、そうなったんじゃないかな。

右翼は袁環軍に押され気味で、左翼も接戦状態だから、どちらの将軍も体力を温存してるような感じだよね。だから、何かの合図で一気に攻め込む可能性があるかも。

慎重な李牧は、王翦を討つだけじゃなくて、戦いを長引かせて兵力を消耗させることで、秦軍がすぐに趙へ攻め込めないように計画してたんじゃないかな。

キングダムネタバレ最新話794話考察|王翦はなぜ無言を貫いたのか

王翦が亜光が到着することで時間を稼げると思うんだ。後から来る飛信隊や玉鳳隊を待ってたんじゃないかな。

794話では、王翦軍の近衛から撤退を勧められてたけど、王翦は撤退せずに守りを固めて耐えることを選んだんだ。王翦は自分の命を近衛に託して、「亜光たちが必ず司馬尚を討つ」と言ったんだ。

でも、王翦が言った「亜光たちが」という言葉は、亜光ら王翦軍の将軍が司馬尚を討つわけじゃないと思うんだ。

亜光は防御に特化してる将軍で、田里弥は現時点で重傷で、倉央も王翦の側につかないと守り切れないから、動けないんだ。

王翦が言った理由は、亜光が正面を守れば、後ろから来る味方(飛信隊や玉鳳隊)が間に合うと思ったからじゃないかな。

趙軍は王翦軍を足止めするために一人の将軍をつけてる。秦軍本陣へ主力が集まったことで、途中の敵が減って信や亜花綿らが到着するまでの時間を早めたと思うんだ。

だから、王翦は味方が来るまで我慢して、反撃のチャンスを待ってたんじゃないかなって思うよ。

キングダムネタバレ最新話794話考察|秦軍計画的敗北

今回の戦いは、あらかじめ秦軍は敗北する予定だったと予想します。

番吾の戦いは両国にとって、今後の戦略を練るにあたり、重要な戦いだといえます。しかし、両軍の軍配に違和感を覚えた方もいるのではないでしょうか。

この大切な戦いに秦国は北東部隊で無傷だった20万の兵を投入しています。新しい兵を投入することは、統率が取れないデメリットがあるのにもかかわらず、番吾の戦いという重要な戦において、なぜこのタイミングで投入したのか疑問ですよね。

さらに、趙軍は初陣である司馬尚軍を総大将としています。李牧が策を練っているので安心だろうと思いがちですが、いくら戦力があるからといっても、趙王の召集を拒んだ司馬尚軍を投入するのは不安が残るものです。

Return of the Kingdom - Critically acclaimed anime to launch Season 5 - Hindustan Times

そこで今回、司馬尚が参戦するにあたり、王翦は事前に情報を集め戦では司馬尚を倒せないことを考えます。

そのため、王翦軍は失っても今後の作戦に支障が出にくい北東部軍を参戦させ、本来の戦力を温存していたのではないでしょうか。

一度司馬尚に勝利をもたらし、李牧を祭り上げることによって、趙王の油断を生ませる作戦だと予想します。

キングダムネタバレ最新話794話考察|亜花綿が玉鳳隊に移籍した理由

亜花綿が玉鳳隊に移籍したのは、王翦が亜花綿の機動力や柔軟さを王賁に学ばせるためだと思うんだ。

すでにいる副将の特徴や王賁に足りない能力から考えると、王賁の成長には亜花綿の「柔軟さ」と「コミュニケーション能力」が必要だと、王翦が考えたんじゃないかな。

玉鳳隊の副長である番陽は、王賁の幼い頃から成長を見守ってきてる教育係なんだ。王賁のピンチには自らの命を犠牲にしようとするほどで、王賁も絶対的な信頼を置いてるよ。

次に王翦軍から来た関常は、玉鳳隊の知将と呼ばれる頭脳を持ってるんだ。なぜ王翦軍から移籍してきたのかはわかんないけど、冷静に戦況を見極める力を関常から盗めと、王翦が王賁を思って送ったんじゃないかな。

すでにいる二人によって基本的な教育や戦略を練る力は充分だけど、真面目過ぎるがゆえに頑固な一面もあるんだ。

そこで、王翦は王賁の才能を伸ばすために、あえて玉鳳隊にクセのある亜花綿を投入した可能性があるんじゃないかな。

亜花綿は戦況を見極める能力が高くて、敵も想定できないほど柔軟に動くよね。でも、危機一髪のところで亜光を敵から救ったり、李牧の逃走に目を光らせ動向を追うなど、実は有能なんだ。

王賁に足りない「柔軟さ」と「コミュニケーション能力」を持つ亜花綿を送ることで、さらに成長してほしいという王翦の想いがあったんじゃないかな。

キングダム 794話:どこで読むか

キングダム794は、2024年 4月 15日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: キングダム793話 RAW – Kingdom 793 RAW

結論