Skip to content

ワンピース1115話ネタバレ|ジョイボーイと巨大な王国の思想は?

ワンピース 1115話: 発売日

2024年5月27日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース1115話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。ただし!ワンピース は、2024 年5月23日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

ワンピース 1114話: 要約とレビュー

現在、五老星全員がエッグヘッドに集結していますが、このままここで決着がつくとはどうしても思えません。

正直、一気に五老星全員と対峙する流れになるとは思っていませんでしたが、あくまで脱出が目的であるため、ここで五老星を倒して次とはならないと思います。

👉今すぐ読む: ワンピース 1115話 RAW – One Piece 1115 RAW

そもそも五老星は、敵キャラとしてどれくらいの位置づけなのでしょうか。

これまでは、裏の最強の敵みたいな感じで謎に包まれていましたが、いきなり全員と対峙することで、五老星を物語の最後まで引っ張るつもりはないのかなとも思いました。

ただ、世界政府と決着つけて、最後は海賊同士の戦いへと続くストーリーは普通にありそうですよね。

ボニーのために体を張って守ったくまでしたが、現在は船に運んでいるものの、生死は不明です。

正直、まだ可能性があるなら生きていてほしいですが、どうでしょうか。

せめて最後はボニーと昔話でもいいので、親子の会話をしてほしいところです。

手紙もボニーのところには届かなかったため、最後くらいはそういったシーンがあってもいいでしょう。

ワンピース 1115話: ネタバレと予想

ワンピース1115話展開予想考察|空白の100年の仮説を発表?

ベガパンクは、マザーフレイムの出来事と一緒にジョイボーイについて話し始めたんだけど…

ベガパンクはいきなり、高度な文明を持つ巨大な国や王国について言及したんだよ…

彼が高度な文明についてどれだけ知ってるかは、これからわかると思うけど、少なくとも古代のロボットの技術を解明できてない時点で、昔の文明がベガパンクの科学力を上回ってた可能性は高いと思うよ。

今から900年前にそんな文明があったって聞いても、みんなには信じられない話だよね…

でも、古代のロボットがある証拠があるから、それをただの作り話だって否定するのは難しいと思う…

だから、そんなすごい文明がなぜ滅んで、今では何も残ってないのか、気になるよね…

ベガパンクがその文明に触れた以上、その滅亡の理由について語る必要があると思うんだ…

語らないと、ちょっと無責任な感じがするよね…

ベガパンク・シャカはすでに麦わらの一味に、ベガパンクの空白の100年に関する仮説を話してるけど、それを世界に公表する可能性があるんじゃないかな。

世界政府を作り、今の世界を築いた最初の20人との戦いに敗れ、その考えと一緒に跡形もなく消えた巨大な国…

シャカは空白の100年を、巨大な国と最初の20人の戦いの歴史だと言ってたけど、その仮説を聞く人々は戦いの理由が気になるだろうし、どうやって高度な文明に打ち勝って滅ぼしたのか知りたくなるんじゃないかな。それを語るには、ジョイボーイについて語る必要があるんじゃないかな…

ベガパンクは、ジョイボーイが巨大な国で生まれ、エルバフに伝わる太陽の神ニカのように伸縮する体を持って戦った史上初めての海賊として語り始めたんだけど、ジョイボーイが空白の100年の中心であり、空白の100年はジョイボーイが作り出した時代だったとも言えるんじゃないかと思うんだ。

ジョイボーイは、やっぱり世界を変えようとしたんじゃないかな…

One Piece: Sức Mạnh Phi Thường Của Gear 5 - Bí Mật Đằng Sau Cuộc Chiến Trên Egghead

ワンピース1115話展開予想考察|人類の進歩

ベガパンクは、人類の進歩は平和と幸福につながるべきだと思っているんじゃないかな。

人類の進歩って言っても、形はいろいろあるけど、科学の発展や人間の能力の向上だけじゃなくて、精神的な成長も進歩の一環だと思うんだ。

人類には支配者と被支配者がいて、それに加えて争いや差別もあったわけだけど、それってやっぱり欲望や偏見なんかが理由として働いてたんじゃないかな…

そういうのって人間の性格に関係してると思うけど、ジョイボーイはそれを変えようとしたんじゃないかな?

ジョイボーイも戦いで世界を変えようとしたはずだけど、その戦いはルフィのように解放の戦いだったはずだと思うんだ。

それに、彼が海賊になったのは、自分の意志で戦う『個人』として生きる道を選んだからじゃないかな。

人類は国を作って、みんなが集団や組織の一員としてルールに従って生きてるけど、それぞれが違う考えや感情を持ってる…

それが現実の世界でも同じで、それでいいって認識してみんなが生きてるのかな?

でも、それが本当に『正解』なんて断言できないと思うんだ。

世界の在り方には正解がなくて、今の世界が合理的だからそうなってるだけだと思うんだけど、ジョイボーイはそこに疑問を持って、それを世界に問いかけるような戦いをしてたんじゃないかな?

合理的な世界の在り方に疑問を持つのは、虐げられたり抑圧されたりする人たちがいるからじゃないかと思うよ…

それに、人間って組織に依存しながらも、自由になりたいって矛盾した気持ちを持つ生き物でもあるんだろうね。

One Piece chapter 1107: Pertarungan Sengit Melawan Anggota Gorosei, Luffy Mulai Mendominasi - Radar Madura

ワンピース1115話展開予想考察|滅びをもたらすか?変革をもたらすか?

マザーフレイムも、人類の進歩の一つの形と言えるかもしれないね…

おそらくマザーフレイムは、イム様たちが保有していた古代兵器ウラヌスのエネルギー源だと思うんだけど、それが地上世界を滅ぼす…世界海没をもたらす可能性があるって描かれてるよね…

マザーフレイムを自在に使えるとしたら、そういう未来があるってのは否定できないよね…

また、イム様たちがそれを持ってることで地上人類が逆らえないとしたら、世界は永遠に変わらない可能性が高くなってくるよね…

それはある意味、人類の進歩が人類を滅ぼしたり、より良い世界に変えようとする変革を妨げるって言えるかもしれない…

人類が科学力や能力を高めても、そこには本当に望むべき未来がないかもしれない…

精神的な進歩にしても、それも人類をおかしな方向に導く可能性はあるけど、『力』の進歩だけじゃ、今の世界の在り方から脱却する要素はないように思えるね。

おそらく、力と精神、両方の進歩が必要だと思うんだけど、人類は目に見えて実感できる力の進歩に偏ってて、精神的な進歩にはあんまり意識が向いてないんじゃないかな。

科学者であるベガパンクが精神的な進歩を強調するのは変かもしれないけど、ある意味、科学者がそれを強調するのは信憑性がある気がするよ。

人類の進歩についていろんなことを書いてみたけど、ベガパンクのメッセージがそういう内容になるのかなと思うのは、サターン聖がベガパンクとの会話で『人類に進歩など必要ない』と言ってたからかな。

空白の100年から800年、イム様たちが意図的に人類の進歩を抑制したり妨げてきた結果が今の世界だとするなら、人類は一部の人間の都合に合わせて進歩を…それだけじゃなくて命や時間を奪われてきたことになるんじゃないかな?

ワンピース 1115話:どこで読むか

ワンピース 1115は、2024 年 5 月23日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす

👉今すぐ読む: ワンピース 1115話 RAW – One Piece 1115 RAW

結論