Skip to content

推しの子146話 ネタバレ|ツクヨミの正体は神じゃなくてカラス?

『推しの子』第146話がまもなく登場します。しかし、その前に第146話のネタバレをチェックしましたか? 『かぐや様は告らせたい』の作者であるによって執筆され、『推しの子』は表面以上の魅力を秘めています。非常に人気のあるアニメ化もされ、『推しの子』は人気急上昇中です。

もし星野家のファンであるなら、私たちと同じように『推しの子』第146話の登場を待っているかもしれません。いつ、どこで発売されるのか、一緒に確認しましょう。

推しの子 146話: 発売日

推しの子146話は、2024月4月11日(木)発売予定の週刊ヤングジャンプ号に掲載予定です。ただし!推しの子 は、2024 年4 月8日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

👉今すぐ読む: 推しの子145話 RAW – Oshi no Ko 145 RAW

👉今すぐ読む: 推しの子146話 RAW – Oshi no Ko 146 RAW

推しの子 145話: 要約とレビュー

そしてその姿を横で見ているルビーと有馬かな。

そして有馬かなからツクヨミの演技についてチェックが入る。

演技そのものよりアクアはもっとミステリアスと可愛さが共存していたと話しながら最終的には私の子供時代の方がもっと演技が上手だったと話す。

ツクヨミは鬱陶しいのが増えたと考えている。

ルビーはツクヨミの演技に満足している様子で、あの頃のアクアはキモイガキと思っていたけど今思えばもっとよく見ておくべきだったと損した分を今のツクヨミで取り返そうとベタベタくっつくルビー。

そこへ本物のアクアが登場する。

さっきまでツクヨミとくっついていたルビーだが払いのけ「やっぱり本物だ」とすぐ鞍替えするルビー。

アクアはモニターでツクヨミの演技を見ていたと話し、ツクヨミは「満足できましたか?」と自信の演技をどう評価するかと期待していたが、アクアは「俺はもっと天才児っぽいぞ」と少し不満だったようだ。

ツクヨミは過去を回想している。

さりなが病院でネットに絡まっているカラスを発見して助けようとしている。

Il cast giapponese di Oshi no Ko parla dell'impatto dell'anime, e della rappresentazione del lato oscuro dell'intrattenimento

推しの子 146話: ネタバレと予想

推しの子146話ネタバレ最新話の考察|ツクヨミの正体は神じゃなくカラス?

前回の推しの子がツクヨミがカラスだったってことが判明したんだ。

まさか、さりなが助けたカラスがツクヨミだったなんて意外だよね。

でも、本当にカラスなのかな。

カラスが今のツクヨミに転生したのか。

それともツクヨミがカラスの姿に変化してるのか。

それともツクヨミはやっぱり神で、使いのカラスを助けてくれたから見守ってるのか。

これまでツクヨミの正体は「アマテラス」や「ツクヨミ」といった神話の神だと考察されてきたんだ。

それは、ツクヨミの言動から考察されたものなんだけどね。

もしカラスだったとしても、これまでの言動からすると神とは全く関係がないってことはなさそうだけどね。

次回もツクヨミの出番だと思うから、ヒントがあるといいな。

推しの子146話ネタバレ最新話の考察|アニメでも度々登場してたのはツクヨミ?

ツクヨミがカラスだとすると、アニメでもよく登場してたカラスがツクヨミだったって考えられるね。

アニメの最後でもカラスがベランダからアクア達を見てたからね。

そうすると、考えられるのは二つだね。

一つは、カラスがツクヨミの姿に変化してるってこと。 二つ目は、カラスは使いで、視覚共有ができるってこと。 個人的には一つ目の「カラスがツクヨミの姿に変化してる」だな。

だって、ツクヨミはこれまでに突然現れたり、長距離を誰よりも早く移動してたことがわかってるから。

ツクヨミがカラスだったら、飛んで移動できるから可能だよね。

だから、ツクヨミはカラスにも変化できる能力を持ってると考えてるんだ。

Il cast giapponese di Oshi no Ko parla dell'impatto dell'anime, e della rappresentazione del lato oscuro dell'intrattenimento

推しの子146話ネタバレ最新話の考察|次回の撮影はドラマのシーン?

次回の推しの子も撮影シーンと予告でチラッと出てたよ。

次の撮影はアイと有馬と共演したドラマのシーンかなって考えてるんだ。

初めて有馬と出会ったシーンだよね。

そして、初めて有馬が演技で負けて屈辱を味わうシーンでもあるんだ。

だから、ツクヨミがアクアの幼少期を演じることになるんだ。

ツクヨミの演技が上手いのがわかったし、正体がカラスだというのも分かったから、新たな新事実が判明するといいな。

推しの子146話ネタバレ最新話の考察|ルビーやアクアを転生させたのは誰なのか

ルビーとアクアを転生させたのは神様だろうね。

ツクヨミがこう言ってたんだ。

「神様は優しいな、ある意味母親を無くした二人と、魂のない子を産んだ母親を導いたのだから」。

つまり、ルビーとアクアを転生させたのはツクヨミじゃないってことだけは分かってるよ。

ツクヨミは月の光を導いて運命を司る役割があるらしいけど、どういう役割なんだろうね。

読者さん さまよってる魂を導く案内人みたいな?

次回では、まだまだ謎が多いツクヨミの真相に近づけるといいね。

Qué quiere decir Oshi no Ko, el título del manga y anime de moda?

推しの子146話ネタバレ最新話の考察|アクアはいつからツクヨミのことを知っていた?

ツクヨミが初めて登場したのは、宮崎でB小町のMVを作るためにルビーたちが行ったときだったよ。

そこでルビーとツクヨミが初対面してたんだ。

でも、118話ではアクアの前にツクヨミが現れて「お前の話は聞きたくない、疫病神」とアクアが言うんだ。

これは初対面じゃなかったみたいで、以前からアクアの前には出没してたんじゃないかって思うよね。

ではいつからアクアの前に出没してたのかな。

もしかしたら、アクアが復讐を始めた時からずっと側で見守ってたかもしれないね。

なんだかんだでアクアとルビーの手助けをしてるツクヨミ。

実はこれまでツクヨミに守られてきたんじゃないかって考えちゃうね。

推しの子146話ネタバレ最新話の考察|有馬かな前世に気がつく?

有馬かなは、完全にアクアのことが大好きだよね。

有馬かな自身は、深く〝恋〝について考えてない感じもするけど、好きでいる期間はめちゃくちゃ長くて生粋のアクアガチ恋推し勢だよね。

そんな有馬かなは、アクアとルビーが転生者であることに気づくことはあるのかな?

周りが見ても異常なほどのブラコンぶりを見せるルビー。

どこかでぽろっとボロを出して〝サリナ〝という名前を人前でも出しそうだよね。

有馬かなも頭が良いから、もしもそんな場面に立ち会った時にアクアとルビーの転生に気がつくかもしれないね。

個人的に・・・だけど、有馬かなとアクアが結ばれて欲しいなって思ってるんだよね。

推しの子 146話:どこで読むか

推しの子 146は、2024 年4月8日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: 推しの子145話 RAW – Oshi no Ko 145 RAW

👉今すぐ読む: 推しの子146話 RAW – Oshi no Ko 146 RAW

結論