Skip to content

アオアシ370話 ネタバレ|ラ・マシアでのユーリ?

青足(あおあし)第370話は、小林優吾によって執筆・挿絵が描かれた、日本の漫画シリーズのファンの間で非常に待ち望まれています。

この漫画は上野尚彦によるコンセプトに基づいており、2015年1月から小学館の青年漫画雑誌『週刊ビッグコミックスピリッツ』で連載されています。

この記事では第370話を要約し、その登場人物、アートワーク、テーマ、物語の展開について分析し、コメントを述べます。青足はいくつかの有名人とも関連しています。迷っているなら、青足は素晴らしいスポーツ漫画シリーズです。

アオアシ 370話: 発売日

良いニュースがあります『アオアシ』第370話は2024年5月27日に発売されます。『アオアシ』は異なる地域で異なるタイミングで発売される予定です。ただし!アオアシ は、2024 年5月26日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

👉今すぐ読む: アオアシ369話 RAW – Ao Ashi 369 RAW

アオアシ 369話: 要約とレビュー

アオアシ369話では、アシトがバルサ戦の勝利を確信するような場面がありました。

とにかくアシトは強者であるバルサから学ぶことが多く、自分達が成長することが楽しくて仕方ないようですね。

成長した自分がバルサに通用していると感じてしまった為に、アシトはすっかりハイになっているようにも思えます。

デミアンも出場し、完璧とも言えるバルサを相手に、同じような楽しさを感じる余裕はあるのでしょうか?

アシトは全く手も足も出ず、圧倒的な差を感じる瞬間が来るのではないかと予想しています。

更にFWにはデミアンもおり、かなり積極的な攻撃が予想されます。

同点という快挙にすっかり舞い上がるエスペリオンの選手達ですが、バルサの本気の攻撃には手も足も出ないのではないでしょうか!?

エスペリオンはもう後半戦で、得点することは出来ないのではないかと考えています。

圧倒的な力の差を、後半戦で味わうことになると予想しています。

Aoashi | Primeiras Impressões - O Megascópio

アオアシ 370話: ネタバレと予想

アオアシ370話ネタバレ最新話の考察!前話あらすじ!

前回の『アオアシ-僕が生き長らえたということは-』では、エスペリオンユース・トップチームの監督エルナン・カルージャの息子、ユーリの過去が描かれました。11歳の時の姿です。

エスペリオン戦では栗林晴久の同点ゴールで折り返しとなりましたが、バルサの選手たちは暗い表情をしていました。「足下の白いタイルが黒ずんでいる」という意味深な発言もありました。

司令塔であるユーリも同様に悩んでおり、ピッチ脇で微笑む幼馴染の花のことすら思い出せない状況です。

ユーリはSCサバデルのユースからスカウトされ、バルサのラ・マシアに入ったものの、厳しい評価にさらされ、明日にもクビになるかもしれない緊張の日々を過ごしています。

幼い頃、松葉杖をついた日本人から「ボールだけで会話する」という助言を受けた瞬間、シノ・アスカリの心の声が聞こえ、一度も話したことのない彼にとっさにパスを出したことで得点が生まれました…。

アオアシ370話ネタバレ最新話の考察!11歳ユーリの閃き?

今日も上手くプレーができないんじゃないか…今日こそクビを言い渡されるんじゃないか…そんな恐怖で毎日ガタガタと身体を震わせていた11歳のユーリ。

それが変わったのは、松葉杖の日本人からの一つのアドバイスでした。

その言葉に啓示を受けた11歳のユーリは、それ以降ピッチ上で仲間の動きから閃きを得るようになりました。そして、バルサ・カンテラの各年代別チームで司令塔として成長していくのだと思います。

Ao Ashi – odcinek 2 « Blog Tanuki.pl

アオアシ370話ネタバレ最新話の考察!12歳のユーリ?

11歳のユーリは、毎日ガタガタと震えながらもラ・マシアからのクビの宣告と追いかけっこをして、何とか勝ち残ってきました。

そして次の12歳になってもバルサ・カンテラの階層であるアレビンに所属しながら、次のステップアップであるインファンティルを目指していたのでしょう。

デミアンのようなずば抜けた才能を持つ選手は、この年齢別階級を飛び級で進んでいったと思われますが、ユーリは地道に一歩一歩クリアしていくタイプに見えます。

12歳のユーリも引き続きクビの恐怖と戦いながら、将来のかけがえのない仲間たちと出会っていくのではないでしょうか。

アオアシ370話ネタバレ最新話の考察!ユーリがラ・マシアへ入寮?

ガルージャ家は家長のエルナン・ガルージャがカタルーニャ地方にこだわっているので、サバデルなどバルセロナ付近に家があるようです。

そのためか、5年前のユーリは自宅からクラブ手配のタクシーで練習場まで通っていたみたいですね。

ユーリの過去編で最初の表情を見ても分かるように、自宅から通うだけではサッカーに対する不安があり、覚悟が足りないように見えました。

父親のエルナン・ガルージャも、息子の覚悟を試すために、自分も入っていたラ・マシアにユーリを入寮させるのではないでしょうか?

⚽ ¡¡Aparece un rival con los MISMOS OJOS de Ashito Aoi!! | Kitano Ren | Ao Ashi Resumen Parte 3 - YouTube

アオアシ370話ネタバレ最新話の考察!ユーリ同期との邂逅?

シノ・アスカリというボールだけで会話が通じる仲間ができたことで、ユーリの表情も少し明るくなったようです。

でも、自分のクビがつながった代わりにクビになったマウロは、翌日から姿を見せませんでした。

それがバルサのカンテラ…その無慈悲なビジネスの世界…それが欧州の育成年代という場所なのです。

しかし、そこには一流の才能が集まり、本物だけが生き残っていく。ユーリはこれから出会う同期との邂逅を大切にしながら、頑張っていくのでしょう。

アオアシ370話ネタバレ最新話の考察!バルサU-18に勝ち残った者たち?

ラ・マシアとはバルサ・カンテラの寮の名前であり、育成組織そのものを指すこともありますが、ここではラ・マシアを選手寮とし、育成組織はバルサ・カンテラとして書きたいと思います。

スペイン国内のみならず世界中に張り巡らされたスカウトたちは、才能あふれる選手たちをバルサ・カンテラに送り込んできます。

そこで勝ち残っていくためには、ラ・マシアという選手寮が非常に効果的であり、バロンドール最終選考候補3人が全てラ・マシア出身者で独占したこともあるくらいです。

ユーリもラ・マシアで世界中から集められた才能に揉まれながら、競い合い、高みに登っていく仲間として描かれていくのでしょう。

アオアシ 370話:どこで読むか

アオアシ 370は、2024 年 5 月 26日otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: アオアシ369話 RAW – Ao Ashi 369 RAW

結論