Skip to content

呪術廻戦 261話 ネタバレ|現代最強の男が復活!五条参戦に宿儺万事休すか!

呪術廻戦 261話: 発売日

呪術廻戦261話は2024年5月27日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年5月23日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 260話: 要約とレビュー

ここで気になるのは、虎杖は宿儺の片割れの魂と羂索の子供だから、両親のどちらかの術式が刻まれてる可能性も高いんじゃないかな?

前にも言ったけど、そうなるとあと1つくらいしか空きがないから、刻まれるならこのどちらかだろうね。

そう考えると、虎杖悠仁ってキャラは無限の可能性があるってことがよく分かって、主人公にピッタリだよね。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦261話 Raw – Jujutsu Kaisen 261 Raw

もっと覚醒して新しい術式が出てくる展開があるかもしれないね。

じゃあ、宿儺の解説通り、虎杖の「御廚子」はまだ覚えたばかりで出力が上がってないみたいだよ。

描写では、切り取り線が描かれてるけど、実際に宿儺の左足も切り取るような攻撃をしてたけど、出力が弱いとはいえ普通に宿儺の足は出血してたんだ。

あの宿儺に対して出力が弱い状態で普通に傷つけられるなら、出力が上がったら相当なダメージになりそうだよね。

虎杖の「御廚子」は、見た目はちょっとふざけてるけど、本来はかなりの威力がありそうだよ。

呪術廻戦 261話: ネタバレと予想

呪術廻戦261話ネタバレ最新話の考察|伏黒の復活はあるのか

宿儺を倒した後に伏黒のことは考えればいいと言っていた五条の敗北により、伏黒復活の可能性はどうなるのでしょうか。

まず大前提として宿儺を倒すことが絶対条件であることは明白です。

逆に言うと宿儺を倒すことができなければ伏黒の復活もないという事ですね。

姉を殺されてしまってから、伏黒の意識がまだ宿儺の中に存在しているのかも重要になってきます。

今後の戦いが伏黒復活に大きく影響してくるでしょう。

Gojo wird gegen Sukuna gewinnen, aber den Kampf verlieren! | Jujutsu Kaisen Theorie - YouTube

呪術廻戦261話ネタバレ最新話の考察|釘崎野薔薇が復活する?

真人戦で頭部を吹き飛ばされた釘崎は安否が不明なままですが死亡したのではないと言われています。

しかし新田の時間停止?の術式や家入の元へ運ばれていることを考えると生存している確率は高いです。

呪術廻戦の作者芥見先生なら殺すと決めたらしっかりエグい死亡シーンを描写をすると思います。

おそらくどこかのタイミングで復活して現れると思います。

虎杖・伏黒・釘崎の3人が早く揃うことを願います!

呪術廻戦261話ネタバレ最新話の考察|秤を封じ込める裏梅

宿儺戦と並行して繰り広げられている秤と裏梅の戦い。

秤の凄まじい再生速度と、人間らしさを感じさせない戦い方を受け、「全力で潰す」と宣言する裏梅。

裏梅として一番厄介なのはやはり秤の宿儺や五条を凌駕する再生速度ではないだろうか。

戦いのさなか、配水管を破裂させた裏梅。

それにより二人の周りには水が大量に存在している状態だ。

無敵状態の秤を止める手段として、脳の活動を停止させるためにその水を使い、一気に秤を凍結させてしまうのではないか。

全身を凍結させられれば、さすがの秤も動けなくなるだろう。

呪術廻戦ネタバレ最新話261話考察|伏黒の魂はもう目覚めない?

悠仁の読み通り、伏黒の魂に手をかけたものの、伏黒自身に生きる意志がなかった。

ここで悠仁と伏黒の間に大きな差がはっきりした。

悠仁は、何度魂を壊されても立ち上がる強さがあったが、伏黒にはそれはなかった。

悠仁にとっては大誤算だったんじゃないかな?

そんな伏黒だけど、もう復活のチャンスはないのかな?

状況的には、術師サイドが窮地に追い込まれているから、もう伏黒を救う余裕はなさそうだけど、悠仁を救ったのは伏黒だった。

悠仁が伏黒を見捨てるとは思えない。

可能性は低そうだけど、まだ伏黒の復活に期待してもいいのかな!?

ってか、復活してほしいよね!(笑)

NICHT ZU FASSEN! - SUKUNA hat es TATSÄCHLICH gemacht...💀 - YouTube

呪術廻戦261話ネタバレ最新話の考察|日車の術式が呪具化する?

宿儺にとどめを刺される寸前に流れた、日車の走馬灯。

その中で、日下部との会話が意味深い。

「死後呪いが強まることはないわけじゃない」

今後、日車の術式が呪具化する可能性があるのかもしれないね。

実際、七海の術式が呪具になって猪野が持って宿儺戦に参戦してきた。

日車の場合、もともと呪具を使っていたわけじゃないけど、死後呪いが強まることで呪具化する可能性は大いに考えられるよね

呪術廻戦261話ネタバレ最新話の考察|宿儺の最後の指は虎杖が食べている?

消えゆく処刑人の剣を握る虎杖の手。

その手に目を向けると、異常に爪が鋭く描かれていた。

何らかの変化が虎杖の体に起こっているのかもしれないね。

そしてその原因の一つとして考えられるのが宿儺の最後の指。

宿儺自身、ほとんどの指を回収済みだけど、残り1本だけ見つかっていないし、どこにあるのかも分からない。

「アイツ(宿儺)を殺すためならなんでも喰ってやる」

虎杖は以前こんな風に宣言していた。

残りの1本は虎杖の体の中に取り込まれているかもしれないね。

それによって、以前五条が話していたように、宿儺の術式が今後虎杖も使えるようになる可能性があるんじゃないかな。

呪術廻戦261話ネタバレ最新話の考察|短期間で力をつけた理由

全体的な高専術師の防御力や虎杖の反転術式、乙骨の領域の高度な運用など、宿儺は短期間での成長を感じている。

思わず「このひと月何をした?」と問いかけている。

それに対し、虎杖は「努力と根性」、乙骨は「ズルしました」と同時に答えている。

その後の二人の「あ」から察するに、同じ”何か”をした上での成長なのではないか。

以前、虎杖と日下部が入れ替わっていた描写があったけど、他のメンバーも術式の核をとらえるために何かをやっていた可能性もあるね。

そして乙骨自身が、宿儺の最後の指について話をしていた。

ただ乙骨自身が宿儺の指を食べたとは考えにくい。

宿儺の「食ったのか」という問いには、返事を返していなかった乙骨。

リカが指を所持している可能性があるのではないか。

呪術廻戦261話ネタバレ最新話の考察|虎杖の新たな術式

虎杖が新たな術式を発現していた。

詳細は明かされていないけど、脹相と同じように血液に関する術式のようだ。

宿儺との戦いの中で、宿儺に血を吹きかけてその血が炸裂する様子があった。

脹相のように血を操縦するものではなさそうだけど、血を爆発させるという攻撃性の高いもののようだ。

今後、相手の体内に血を入れることで体内からの炸裂も可能としてくるのかもしれないね。

呪術廻戦261話ネタバレ最新話の考察|真希が宿儺の術式を無効化する?

呪力のない真希の参戦により、肉弾戦がより過熱すると考えられる。

その戦いの中で注目したいのは、真希が使用する呪具だ。

現在の真希は伏黒甚爾を彷彿とさせる力を持っている。

そしてその伏黒甚爾が使用していた呪具の1つである”天逆鉾”。

“天逆鉾”は発動中の術式を強制解除することができる代物だ。

それを真希が手にしている可能性があるんじゃないかな。

呪術廻戦 261話:どこで読むか

呪術廻戦 261は、2024 年 5月23日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦261話 Raw – Jujutsu Kaisen 261 Raw

結論