Skip to content

呪術廻戦 250話 ネタバレ|乙骨が東堂や釘崎、日車の術式を模倣する⁉︎

呪術廻戦 250話: 発売日

呪術廻戦250話は2024年2月12日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年2月7日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 249話: 要約とレビュー

今回の登場で活躍が期待される乙骨先輩。

羂索との戦闘では、その内容からほとんど消耗していない可能性が高いですが、宿儺との戦闘では全力をぶつけることはできるのでしょうか?

また、今回の宿儺の発言から”リカ”に関しての情報(虎杖の中で把握していたはず)は知っているとは思いますが、どこまでの情報があるのでしょうか?

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 251 raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 251話 raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 raw 251

👉今すぐ読む: 呪術廻戦250話 Raw – Jujutsu Kaisen 250 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦249話 Raw – Jujutsu Kaisen 249 Raw

例えば、リカが外付けの術式で完全顕現は5分の制限時間があることなどは、乙骨の死滅回遊での戦闘で明らかになったことであり、虎杖との戦闘では判明していないので(乙骨が虎杖と最初んい合流した後に共有していれば別ですが)知らないはずでしょう。

しかし、リカの能力に関してはある程度の情報が入っていてもおかしくありませんね。

となると、宿儺も乙骨・リカ対策はそれなりに行ってくるはずですので、この戦闘で乙骨がどこまで活躍できるのか期待です(ちなみに藤原の子孫である点も踏まえると、何かしらの宿儺との因縁がありそうですね)。

今後のバトルで乙骨が全力を出してくることは目に見えていますが、やはり気になるのが領域展開の発動があるのか?です。

仙台コロニーでは石流と鳥鷲との戦闘において三者同時の領域展開を発動していましたが黒沐死の乱入により、乙骨の領域展開を拝むには至りませんでした。

今回の宿儺との戦闘でその詳細が明らかになる可能性はとても高いと思いますが、問題は宿儺も領域を発動した場合押し合いで勝てるのか?という点です。

Jujutsu Kaisen: El metro de Chile recibe todas las muestras de cariño de la comunidad hacia

呪術廻戦 250話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話250話の考察|乙骨が模倣によって使用できる術式とは?

上に挙げたやつら、宇守羅彈とか呪言とか、それらの術式は作中で使われてて、250話の宿儺の見立てでは、乙骨の領域が天使を消す必中の術式になってるっぽいんだよね。

で、この術式使ってるやつら、みんな肉体の一部を失ってるか、もう死んでる術師だよ。

180話の石流の予想から考えると、乙骨が他の術師の術式をマネできる条件って、リカがその術師の肉体の一部を食べることらしいんだ。

だから、乙骨は東堂の右手とか、狗巻の左腕とか、天使の右腕とか、ちょっとした部分をリカに食べさせて、術式を発動させたんじゃないかって感じ。

つまり、これから乙骨は、右手を失った東堂とか、もう死んでる釘崎とか、日車の術式を使ってく可能性があるってことさ。

乙骨が今後、どんな術式をぶちかますか、楽しみだね!

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 250 raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 250話 raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦 raw 250

呪術廻戦ネタバレ最新話250話の考察|虎杖は宿儺を再び自分に受肉させる?

虎杖、魂の術式で宿儺捉えることできるんだよね。これから虎杖が、タイミング見て術式発動して、宿儺をまた自分の体に受肉させる可能性あるんじゃないかな。

なんでって? 宿儺を虎杖の体に受肉させると、宿儺殺すのが簡単になる可能性高いからだよ。

宿儺が虎杖の体に受肉してる時って、宿儺の自意識で虎杖の体乗っ取れないんだって。

つまり、宿儺を虎杖の体に戻せたら、宿儺は虎杖の体に閉じ込められるから、戦いは高専術師の勝ちみたいなもんさ。

それに、虎杖が死んだら、中にいる宿儺も消えるって、2話で教えられてるよ。

もし今、19本の指を取り込んだ宿儺を消すことできたら、宿儺は残り1本の指の力しか持たなくなるから、高専術師が宿儺を制御できるようになるんじゃないかな。

そんなこと考えると、虎杖が宿儺を再び受肉させたら、近くにいる乙骨が虎杖を殺す作戦考えてるかもしれないね。

結局、虎杖は魂触れる術式で、また宿儺を自分の体に受肉させるかもしれない。

144話で、虎杖が乙骨に「もし次俺が宿儺と代わったら、迷わず殺してくれ」と頼んでいたことも考えると、今後、乙骨が宿儺が受肉した虎杖を殺す展開になるかもしれないね。

呪術廻戦ネタバレ最新話250話の考察|憂憂は乙骨の元へ日車の死体を運んでいた?

憂憂と綺羅羅、死んじゃった日車を抱えて、なんか瞬間移動してたんだ。

憂憂たち、そのときは、多分乙骨のとこに死体運んでたんじゃないかな。

だって、乙骨の「模倣コピー」って術式があるじゃん? 他の術師の術式を自分のものにするやつ。それって、術師の身体の一部が絡んでるかもしれないって見立てがあるんだ。

前に乙骨と戦った石流の見立てによると、乙骨が他の術式を模倣できる条件って、その術者の身体の一部をリカが食べさせることじゃないかって予測してたんだよね。

実際、乙骨は過去に「模倣」で烏鷺の術式を使ったことあって、それ始めたのは、リカが烏鷺の死体食べた後からだったんだ。

だから、もし石流の見立てが正しかったら、憂憂が乙骨の元へ日車の死体運んだってのは、かなりありそうだね。

10 Best Story Arcs In Jujutsu Kaisen So Far, Ranked

読者の中には、憂憂が家入の元に運んだんじゃないかって考える人もいるかもしれないけど、248話で宿儺が言ってたように、家入の反転術式はそんなに強力じゃないって話されてたし、他人に使うと治癒力が半分になるって言ってたよね。

実際、214話で宿儺に腕をバリバリにされた来栖は、家入の治療で生き返ったけど、バリバリにされた腕は元に戻ってなかったよ。

だから、家入の反転術式は、欠損部分を再生させるほどじゃないって考えられるね。

それにしても、たとえ憂憂たちが日車を家入の元へ運んでも、死人を生き返らせるのは難しいと思うんだよね。

だから、憂憂たちが日車を家入の元へ運んでるって可能性は、低いって言えるかな。

結局、憂憂たちは、乙骨のとこに術者の死体運んで、術式コピーしようとしてるんじゃないかな。

これからのストーリーで、乙骨が死んだ五条や日車の術式使う展開が見られるのかもしれないね。

呪術廻戦ネタバレ最新話250話の考察|虎杖は宿儺の解を習得できるのか?

虎杖が実は反転術式を使えることがわかったんだよね。

宿儺が伏黒に受肉した後、虎杖が反転術式で回復してたシーンが220話であって、それに前から五条が「君には宿儺の術式が刻まれる日が来るよ」とか言ってたんだよね、12話で。

だから考えられるのは、虎杖が反転術式を覚えたのは、宿儺が虎杖の身体に受肉してたおかげってことだね。

じゃあ、虎杖は宿儺の「解」や「捌」を習得できるのかって話なんだけど、正直ちょっと難しいんじゃないかな。

なんでって、五条が言ってた「君には宿儺の術式が刻まれる」ってときは、宿儺が伏黒に受肉する展開を考えてなかったわけじゃないかってこと。

Jujutsu Kaisen: Anak SMA yang Rela Berbagi Tubuh dengan Roh Terkutuk

まず、虎杖が術式使えないのは、生得領域がないからなんだよね。

後天的に手に入れることはできないって言われてるけど、五条の言葉から考えると、宿儺が虎杖の身体に受肉することで、虎杖は例外的に生得領域を手に入れることができるんじゃないかってことなんだろうね。

でも、宿儺が虎杖に受肉したのが2018年7月くらいで、宿儺が離れたのが同年11月くらい。

虎杖が生得領域手に入れられた期間って、実は5ヶ月しかなかったんだよ。

「そのうち」がどれくらいの期間を指してるかはわからないけど、宿儺が虎杖に受肉してた期間は結構短いことが分かるね。

そして、虎杖が宿儺の「解」や「捌」を覚える伏線や描写がないのも事実で、虎杖がそういう術式を覚えるってのは難しいんじゃないかなって思うんだよね。

だから、結局のところ、虎杖は宿儺の「解」や「捌」を習得するのは難しいって感じだね。

呪術廻戦 250話:どこで読むか

呪術廻戦 250は、2024 年 2月7日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦250話 Raw – Jujutsu Kaisen 250 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦249話 Raw – Jujutsu Kaisen 249 Raw

結論