Skip to content

呪術廻戦 257話 ネタバレ|場面は秤パートへと移行 裏梅戦が佳境へ突入!

呪術廻戦ファンは、ゲゲ秋田によって書かれ、挿絵が描かれたスリリングな日本の漫画シリーズ、第257話のリリースを待ち望んでいます。

第257話のリリース日が近づくにつれ、ファンは物語の次の展開を熱望し、利用可能になる可能性のあるネタバレや生のスキャンを楽しみにしています。

カウントダウンが始まり、呪い、魔法、東京都立呪術専門高校の生徒たちの世界に再び飛び込むのが待ちきれない「呪術廻戦」の愛好家です。

呪術廻戦 257話: 発売日

呪術廻戦257話は2024年4月22日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年4月18日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦256話 Raw – Jujutsu Kaisen 256 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦257話 Raw – Jujutsu Kaisen 257 Raw

呪術廻戦 256話: 要約とレビュー

呪術廻戦256話では、久々に裏梅と秤の登場がありました。

宿儺戦では、真希が登場し、そろそろ終盤に差し掛かってきたような気はします。

その前に、裏梅と秤の決着がつくのではないでしょうか?!

久々に登場した2人でしたが、お互いそんなに激しくダメージを受けている様子はありませんでした。

ということは、2人の力は互角ということが言えるかもしれません。

裏梅の実力はほぼ明かされていませんが、あの宿儺の側近であることから実力者であることは間違いありません。

そろそろ2人の戦いに焦点があたるころかもですね!

悠仁の読み通り、伏黒の魂に手をかけたものの、伏黒自身に生きる意志がありませんでした。

ここで悠仁と伏黒に大きな差があったことが明確になりました。

悠仁は、何度魂を壊されても立ち上がる強さがありましたが、伏黒にはそれはありませんでした。

悠仁にとっては大誤算だったのではないでしょうか?

そんな伏黒ですが、もう復活の時はないのでしょうか?

状況的には、術師サイドが窮地に追い込まれているのでもう伏黒を救う余裕はなさそうですが、悠仁を救ったのは伏黒です。

The 10 Saddest Moments In Jujutsu Kaisen, Ranked

呪術廻戦 257話: ネタバレと予想

【呪術廻戦】第257話の展開予想 宿儺戦の行方

『呪術廻戦』第257話の終わり、宿儺の「黒閃」を受けて大ダメージを受けたラルゥ。

そして第257話では、ラルゥと一緒に助っ人として参戦したミゲルは、宿儺が「黒閃」を使って勢いを増すことを恐れて、撤退を決意する。

しかし、ラルゥは「やり残したこと」と称し、宿儺の行動を封じるために虎杖悠仁を手助け。

その結果、虎杖は宿儺の傷ついた心臓に「黒閃」を撃ち込むことに成功した。

【呪術廻戦】第257話「黒閃」を経て、虎杖は

「呪術廻戦 」を放った術師は、その一撃が対象に大ダメージを与えるだけでなく、自身の調子を上げる効果もあると知られています。

「呪術廻戦 」直後の術師は、まるで”ゾーン”に入ったアスリートのよう。

呪力の出力が上がり始め、様々なバフが得られるんだ。

『呪術廻戦』第256話の虎杖も例外じゃなく、宿儺に対して「黒閃」を使ったことで、間違いなく調子を上げてくるだろうね。

これからの宿儺戦は、”主人公”虎杖悠仁の活躍にますます注目が集まりそうだよ。

【呪術廻戦】第257話「黒閃」を受け、宿儺は

次に、虎杖の「黒閃」を受けた宿儺に焦点を当てよう。

この決戦を振り返ると、宿儺が「黒閃」を受けたのは今回が2度目だ。

1度目は、そう、五条悟の一撃だ。

五条悟の「黒閃」(『呪術廻戦』第232話 芥見下々 / 集英社)

『呪術廻戦』第232話では、宿儺は五条の「黒閃」を受け、一時的に意識を失った。

その直後に法陣が回転し、魔虚羅(まこら)が顕現したが、なんとか宿儺は敗北を免れた。

この一撃が勝敗を決する寸前だったことは間違いない。

しかし、逆に考えると、五条の「黒閃」でも宿儺を倒すことはできなかった。

改めて言うまでもなく、虎杖の一撃は五条のそれとは比べものにならない。

手負いの宿儺だろうと、今回の「黒閃」で決着と見るのは早計だろう。

Vấn đề của tôi với Jujutsu Kaisen Hiệp Sĩ Bão Táp

【呪術廻戦】第257話場面転換で裏梅戦に?

これまでの「人外魔境新宿決戦」では、主に高専陣営と両面宿儺との戦いが描かれてきたね。

でも、その裏では、秤金次と裏梅による戦いも繰り広げられているんだ。

断片的に描かれている戦闘シーンから見る限り、拮抗していると思われる両者の実力。

裏梅ファンとしては、もっと彼女(?)の活躍を見たいところだよね。

もし秤と裏梅の戦いの場面に移るなら、2人はどんな戦いを見せてくれるんだろう?

【呪術廻戦】第257話  裏梅の実力

時の裏梅は、宿儺に匹敵する唯一の人間だったんだ。

専属の料理人として腕を振るい、宿儺が好む”人間料理”を得意としていた裏梅。

最大出力の「霜凪」。彼女の術師としての実力は申し分なく、術式自体の強力さ、呪力出力、呪力量、全てが一級品だ。それは火を見るより明らかだ。

だからこそ、裏梅には「領域展開」や「極ノ番」などの、なんらかの”奥義”たる技があるはずだ。

個人的には、そのような裏梅の”奥義”にどうしても期待してしまうんだ。

【呪術廻戦】第257話 秤vs裏梅、勝敗は?

宿儺戦の裏で繰り広げられている、秤と裏梅の戦い。

高専サイドの多くが宿儺戦で倒れ、もはや裏梅に対処する余力が残されていないから、戦いは秤の勝利で終わるのではないかと予想される。

あるいは、宿儺さえ倒せば目下の脅威は取り除けるため、裏梅戦の結末が見えない可能性もある。

呪術廻戦 257話:どこで読むか

呪術廻戦 257は、2024 年 4月18日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦256話 Raw – Jujutsu Kaisen 256 Raw

👉今すぐ読む: 呪術廻戦257話 Raw – Jujutsu Kaisen 257 Raw

結論