Skip to content

呪術廻戦 259話 ネタバレ|これまでに登場した宿儺の指まとめ

呪術廻戦 259話: 発売日

呪術廻戦259話は2024年5月13日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年5月9日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 258話: 要約とレビュー

「双子としての運命を退ける」だけで説明できない点に関しては、「堕天」の伏線が解決してくれるでしょう。

そもそも、誕生前の”人間”が運命を退けるとはどういうことでしょうか?

可能性として、宿儺の意思ではない第三者による関与があったか。

そもそも”人間”ではないかのいずれかになります。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦259話 Raw – Jujutsu Kaisen 259 Raw

まず、第三者の関与ですが、もし可能性があるとしたらやはり”羂索”以外にはいないでしょう。

宿儺が魂を切り分けることができたのは、羂索の存在があったからです。

この辺りから察するに、”宿儺も羂索の作品である”可能性が考えられます。

これといった根拠にはなりませんが、宿儺は五条戦でなぜか自然に「穿血」を使用していました。

色が白かったことから完全な「赤血操術」ではないかもしれませんが、使用できるのは不思議ですね。

もう一つ考えられるのが、人間ではない説です。

異形、以上な身体能力、圧倒的呪術センス、魂への干渉等。

これまで登場してきたどの呪術師とも異常な差がある宿儺という存在の謎に関して、唯一全てを把握していそうな人物が「天使」です。

呪術廻戦 259話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話259話の考察|宿儺の斬撃が虎杖の致命傷にならないのはなぜ?

259話では、虎杖の防御力が格段に向上していて、宿儺の打撃と斬撃を混ぜた術にも、ものともしませんでした。

虎杖はなぜ、宿儺の攻撃が虎杖の致命傷にならないのでしょうか。 もちろん、虎杖が強靭性に優れているというのもありますが、宿儺の魂の一部が虎杖に宿っている可能性があります。

257話で虎杖の父、仁には宿儺の片割れの魂が宿っていたことが判明しました。 このことから、息子である悠仁にも宿儺の魂の一部が宿っている可能性は高いです。

実際、虎杖は威力は劣るものの、宿儺の術式である「御厨子」を使用できている点でも、宿儺の片割れの魂の一部が宿っていると見ることができるでしょう。

ここで、五条と宿儺の戦いを振り返ると、五条は235話で宿儺に対し、自らを巻き込んで虚式「茈むらさき」を炸裂させていました。

この時、五条は茈の爆心地にいたものの、宿儺と比べても軽傷で済んでいます。 このシーンからも分かるように、自身が使用できる術式を術者が喰らった場合、従来のダメージよりも軽減される可能性が高いです。

それと同様に、虎杖も御厨子を使用できるため、宿儺の斬撃のダメージが大きく軽減されているのではないでしょうか。

以上より、宿儺の斬撃が虎杖の致命傷にはならず、虎杖が怯むことなく攻撃できている理由にも関わっている可能性があります。 今後、虎杖が宿儺にとって生涯初の天敵となるのかもしれませんね。

呪術廻戦ネタバレ最新話259話の考察|虎杖は超人レベルの結界術で宿儺を圧倒する?

259話では、虎杖が黒閃によって潜在能力を覚醒させてたんだ。

虎杖は今後、宿儺を越えうるほどの結界術を披露することになるのではないかと考えられるよ。 なぜなら、虎杖には播磨の術師である蘆屋貞綱の魂が宿ってる可能性が高いからさ。

蘆屋貞綱といえば、シン・陰流の開祖であり、相当な結界術の使い手だったんだ。 モデルとなった人物は、安倍晴明に並ぶ陰陽師、蘆屋道満だと言われてるんだ。

そんな蘆屋貞綱の魂がなぜ、虎杖に宿ってると言えるのか。

それは、259話での宿儺の発言にあるんだ。 215話で伏黒に受肉した宿儺は虎杖と対峙した際、「そうか、小僧はあの時の」と何かに気づいてたんだ。

この時宿儺は、虎杖が平安時代に会ったことがある人物だと確信したんだろうね。

またその後、虎杖の顔を見て情けないと笑いながら、「ほらいただろ‼︎あの播磨の‼︎」と裏梅に話してたんだ。 作中で登場した播磨の術師といえば、蘆屋貞綱のみだよね。

その上、結界術といえば、「簡易領域」のように、守りに特化した術が多いよ。

もし仮に虎杖の魂に蘆屋貞綱の魂が宿ってるとすれば、宿儺に肉体の主導権を奪われないことや、強靭的な肉体強度にも説明がつけられるんじゃないかな。

このことから、虎杖には播磨の術師「蘆屋貞綱」の魂が宿ってるのではないかと考えられるね。 となると、虎杖は今後、結界術の一つである領域展開や新技を使えるようになり、宿儺を圧倒する展開になるのかもしれないね。

呪術廻戦ネタバレ最新話259話の考察|宿儺に本気を出させるのは虎杖?

259話では、とうとう虎杖が覚醒するフラグが立ったんだ。 ファン待望の、虎杖の活躍が期待できる展開がやってきたってわけ。

虎杖はこの新宿決戦に向けて、いろいろと準備をしてきたみたい。 赤血操術や反転術式を使えるようになったことも、その結果だと思うよ。

でも「覚醒」と言うからには、それ以上のことができると考えた方が自然だろう。 例えば、「宿儺の斬撃を使えるようになっている」だとか。 「領域展開まで習得してきた」といった大技を使ってくる可能性もあると思うよ。

覚醒虎杖は、今まで宿儺が軽んじてきた存在ではないと思うんだ。 宿儺が今まで見くびってきた虎杖が、他者の力を借りつつ宿儺と対等に戦うまでに成長した可能性が高いわけだ。

宿儺からしてみれば、「自分の身の丈に合った生き方をする」という考えを否定されているようなものと言えるだろう。 自分の考えを否定する存在に対して、宿儺が手を抜くとは考えられないよ。

真希に対して興味をそそられたときと同様に、虎杖に対しても興味を引かれることが十分予想できる。 そして自分の信念に対抗する存在である虎杖に対して、宿儺は本気を出してくると思うよ。

呪術廻戦ネタバレ最新話259話の考察|虎杖は黒閃を狙って出すことができる?

259話では、虎杖が宿儺との戦いが始まってから1回目となる黒閃を出していたよ。

過去の戦いを見ると、虎杖は他の術師よりも、黒閃を高確率で出すことができる力を持っているんじゃないかな。

花御戦では、初めての黒閃を出したにも関わらず、そのまま4回連続で黒閃を発動していたんだ。

また、後に起こった渋谷事変での真人戦では、虎杖は1回目の黒閃を発動した後、東堂の助けもあって2回目の黒閃を発動させ、真人を追い詰めていたよ。

このように、虎杖は一度黒閃を出すことに成功した後、立て続けに黒閃を出すことが多い術師ことがわかるね。

また、259話に登場するフレーズである「黒閃の予感」ですが、作中では虎杖のみにしか言及されていないんだ。 このことから、作者は虎杖と黒閃に何らかの繋がりがあることを匂わせているのではないかと考えられるよ。

さらに、259話冒頭の五条による黒閃の説明も、虎杖と宿儺が黒閃を出した回で描かれた点で、少々意味深だね。

五条の説明を元にまとめると、虎杖は他の術師に比べて、周りの環境や拳に纏わせる呪力のコントロールに長けているんじゃないかな。 その結果、黒閃を立て続けに出すことができる可能性がありそうだよ。

今後、虎杖が七海の連続記録を塗り替えるほどの黒閃を、宿儺に喰らわせる展開になるのかもしれないね。

呪術廻戦ネタバレ最新話259話の考察|宿儺の解を喰らった乙骨は死亡したのか?

259話では、呪文を唱えた宿儺の「解」を受けた乙骨が、憂憂の術式で戦場を離れました。 果たして、乙骨は今でも生きているのでしょうか?

結論から言うと、乙骨は重傷ではあるものの、生存していると考えられます。 その理由は二つあります。

まず一つ目は、解を受けた直後に、リカが消えていないことです。 乙骨は宿儺の解を受けましたが、倒れた彼を憂憂の元へ運んだのはリカでした。

リカは乙骨の「外付けの術式」であることが178話で明らかにされています。 もし乙骨が死亡したなら、その時点で発動中のリカも消えるはずです。

これを考慮すると、乙骨は解を受けた時点で、まだ生存していると考えられます。

次に、乙骨の領域の崩壊です。

259話で宿儺は真希の奇襲攻撃を受けましたが、乙骨の領域は崩れたのではなく、乙骨自身が”崩した”のだと推測されています。

自ら意図的に領域を破壊したということです。 このことからも、乙骨はまだ生存していると考えられます。

以上から、乙骨は宿儺の解を受けましたが、まだ生きていると思われます。

今後、高専術師が困難に直面すると、再び乙骨が参戦する展開になるかもしれませんね。

呪術廻戦 259話:どこで読むか

呪術廻戦 259は、2024 年 5月9日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦259話 Raw – Jujutsu Kaisen 259 Raw

結論