Skip to content

呪術廻戦 260話 ネタバレ|乙骨先輩と五条悟は復活しない!

『呪術廻戦』第260話 漫画シリーズ『呪術廻戦』がアニメ業界を完全に制覇しました。オリジナルのプロット、素晴らしいキャラクター、そしてエキサイティングなアクションシーンにより、人々の注目を集めています。

最新の単行本の発売日の情報に加えて、この漫画を合法的に読むことができる場所についても提供します。だから、シートベルトを締めて、『呪術廻戦』の世界へのスリリングな冒険に備えてください。

呪術廻戦 260話: 発売日

呪術廻戦260話は2024年5月20日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年5月16日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦260話 Raw – Jujutsu Kaisen 260 Raw

呪術廻戦 259話: 要約とレビュー

反転術式は、呪力を血液に変えて修復していることが判明しましたが、脹相や虎杖悠仁は体質的にそれが既に可能であり、反転術式で気になる大きな呪力消費が二人にはないとのこと。

反転術式を使用することにより呪力量を心配する必要がないことは、戦闘においてはかなり優位ですよね。

これまでとても地味な印象の赤血操術でしたが、ここにきてかなり万能な術式であるように感じます。

反転術式が他人に使える人と使えない人の違いは、術式の勝手が違うとの見解があるとのことでした。

乙骨は他人に反転術式が使えることはご存じのとおりですが、それってやはり乙骨の呪術センスがあることに他ならないのでしょうか。

ただ、虎杖や脹相はセンス云々の前に体質的に反転術式が習得しやすいところを考えると、他人への反転術式も簡単に習得できる可能性が高そうですよね。

特に虎杖は、宿儺に足を切られたりしても瞬時に反転術式で修復していたため、自分自身への反転術式はほぼ完ぺきな状態でしたよね

Jujutsu Kaisen Theory: What if Sukuna Isn't Really an Antagonist?

呪術廻戦 260話: ネタバレと予想

【呪術廻戦】260話のネタバレ最新情報!虎杖の領域展開!

そして、今後虎杖が最後まで領域展開をしない可能性は低いと思うよ。

だから、おそらく今後領域展開の覚醒をするんじゃないかな。

そして、虎杖の領域展開の中には2つのパターンが考えられるね。

まず1つ目は、宿儺の双子の兄弟の生まれ変わりの息子だから、もしかしたら、宿儺と同じ領域展開や術式を使える可能性があるかもしれない。

そうなれば、炎の領域展開や術式を使えるようになるかもしれないね。ただし、他にも可能性はあるよ。

例えば、宿儺が炎の術式であることから考えると、その兄弟については水の可能性も予想できるかもしれない。そして、炎の対極として水がある。

だから、虎杖が水の術式を使える可能性も十分考えられるね。

そして、水の術式ならば当然宿儺に対抗できると思うよ。

【呪術廻戦】260話のネタバレ最新情報!東堂も死亡!

でも、最終的にはまた東堂についても心配だよね。

というのも、東堂はおそらく完全に回復していないと思われる。

なので、気力だけで動いているような状態なんだ。

そのことから考えても、今の宿儺と戦える可能性はあるかもしれないけど、いつかボロが出て負けて、死んでしまう展開が高そうだよね!

実際に、今まで生き延びてきたこと自体が奇跡と言っても過言ではないと思う。

そして、虎杖が迷うことなく覚醒していくためには、やっぱり周りの人が死んでしまわないと覚醒することもなかなかできないんだ。

今までの虎杖を考えると、明らかに誰かが死んだり、傷ついたりしてからどんどんと覚醒していくんだ!

La véritable forme de Sukuna Ryomen dans Jujutsu Kaisen enfin dévoilée !

【呪術廻戦】260話のネタバレ最新情報!最後にみんなは生き返る?

そして都合の良い展開として話題になっているのが、最後の最後には、五条悟や乙骨先輩、釘崎など、今までにやられた人物たちも生き返っていくのではないかとも言われています!

確かに、ここまで多くのキャラクターが死んでいると、復活しないと物語に少し面白みが欠ける部分もありますね。でも『呪術廻戦』の物語はかなりリアルに描かれています。

また五条悟についても、今まで何度も死んだと思いきや、反転術式で生き返っているので、あそこまで綺麗な死に方をすれば、今後復活する可能性はかなり低いと考えられますね。

あり得る展開としては、すべての戦いが終わった後に虎杖が眠りについて、その夢の中でみんなと笑って過ごしている瞬間が描かれる可能性が考えられます。

でもそれは現実ではなく、実際にはみんなが生き返らないという残酷な現実が待っているのだと考えられます。

【呪術廻戦】260話のネタバレ最新情報!呪術廻戦はもうすぐ終わる!

そして『呪術廻戦』については、これ以上新しいキャラクターが出てくる見込みがないので、新しい登場人物が出てこない限り、かなり最終回が近いのではないかと考えられます。

実際、最後に登場するかもしれない人物として、まだ考えられる人物がいます。

それは虎杖の父親と母親です。

この2人の謎や伏線については、まだ明らかにされていない部分がかなりあります。ですから、これからその部分が明らかにされたり、もしも虎杖の両親が宿儺の味方になるようなことがあれば、物語はさらに広がることになります。

つまり、最終回がかなり延長される可能性もまだ残されているということですね。

実際、まだ最終回の匂わせなどは出てきていないので、最終回の匂わせが明確に出てくれば、1ヵ月から2ヶ月ほどで終わるということになるでしょう

Jujutsu Kaisen: Ini Korban Sukuna Selanjutnya!

【呪術廻戦】260話のネタバレ最新情報!そもそも人外魔境新宿決戦とは?

『呪術回戦』の人外魔境新宿決戦では、最強の対決が続く中で、様々な戦いが繰り広げられています。この戦いは、覚醒した虎杖によって引き起こされ、難解な死滅回遊ともリンクしているため、現在の状況はやや複雑です。

この動画では、死滅回遊を簡単に解説し、最新の260話までの人外魔境の流れを明らかにします。また、各術師の安否や同行についても説明します。

【呪術廻戦】260話のネタバレ最新情報 死滅回遊とは?

まずは死滅回遊について簡単に解説するよ。

死滅回遊とは、羂索が仕掛けた術師同士のデスゲームなんだ。

羂索は、人間に新たな可能性を求めて、1000人の術師たちにマーキングを行ったんだ。

それで、1000人の術師たちを目覚めさせたんだよ。その後、1000人の術師たちはコロニー内で殺し合いを始めるけど、羂索の目的は人類を次のステップに進化させることだったんだ。

具体的には、天元と日本国民を同化させることで、人類を進化させることが目的だったんだ。

そして、同化を確実に成功させるために、死滅回遊が開催されたんだ。

【呪術廻戦】260話のネタバレ最新情報!人外魔境新宿決戦

続いては本題の人外魔境新宿決戦についてだね。

人外魔境は最新の260話まで続いていて、かなりの長編になっているよ。

人外魔境のポイントを絞って時系列に説明すると、まずは五条悟が渋谷から新宿に向かって200%紫による奇襲を成功させたんだ。

その後、五条悟の最強対決が始まって、領域展開の打ち合いになったよ。ここでのポイントは、伏黒の魂のみに適応する鬼畜プレーによって、五条がマコラの敵を進めていたことだね。

さらに、五条悟は連続領域展開の代償で脳にダメージを受けて、領域展開が使えなくなったんだ。宿儺もわずかな時間ではあるけど、マコラの影響で術式が使えなくなったよ。

お互い領域が使えなくなったことで、術式とフィジカルメインでのバトルに切り替わって、五条悟はマコラを自身に付与することで、青や赤への適用を進めようとしたんだ。

呪術廻戦 260話:どこで読むか

呪術廻戦 260は、2024 年 5月16日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦260話 Raw – Jujutsu Kaisen 260 Raw

結論