Skip to content

呪術廻戦 260話 ネタバレ|虎杖と東堂のコンビで宿儺を畳み掛けるか⁉︎

呪術廻戦 260話: 発売日

呪術廻戦260話は2024年5月20日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年5月16日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 259話: 要約とレビュー

羂索により、死滅回游を終わらせるルールが制定されました。

これにより、死滅回游の終わりが見えてきましたが、羂索の死滅回游を終わらせるために定めたルールのえぐさ…。w

”羂索と宿儺以外の術師の死”ってもう最終章じゃないですか!?って感じですね。

呪術廻戦も後1年で終わると少し前から言われていたので死滅回游が最終章と考えてよいのではないでしょうか?

👉今すぐ読む: 呪術廻戦260話 Raw – Jujutsu Kaisen 260 Raw

最初と比べると主要メンバーはかなり削られてしまったので、死滅回游のその先がまだあると考えるとこちらの精神がもたないかもです。w

死滅回游を無事に終わらせて、いい感じの終焉を迎えてほしいです。

呪術廻戦にいい感じの終焉があるとは考えにくいですが、ハッピーエンドが好きな筆者の願望です。

どうかこれ以上の犠牲がでないことを願います。

久々に釘崎野薔薇のショットがありました。

しかし、それと同時に悠仁から意味深な発言がありましたよね?

悠仁は「釘崎の代わりみたいになるのが怖くなった」と発言しており、この発言で釘崎の死亡が確定したのでは?と囁かれています。

SATORU GOJO VS RYOMEN SUKUNA: Resumen y explicación de la pelea completa -  YouTube

呪術廻戦 260話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|宿儺の結界内にいた真希や猪野は生存しているのか?

260話では、宿儺が「竈(カマド)」を発動し、脹相(ちょうそう)が虎杖(いとじょう)を庇う形で犠牲になりました。 宿儺の結界内には、虎杖と脹相以外にも、真希(まき)や猪野(いの)がいたことが、258話で描写されています。

果たして、この2人の安否はどうなったのでしょうか?

結論から言うと、真希は生存している可能性が高いものの、猪野は死亡している可能性が十分に考えられます。

真希は天与呪縛(てんよじゅばく)であることから、呪力を全く持たないため、相手の領域によるダメージを一切受けることはありません。

しかし、宿儺の伏魔御厨子(ふくまみくし)は、呪力のないものには「捌(はじ)」が発動するため、真希も領域の対象となり、ダメージが与えられます。

一見ピンチのように思える展開ですが、258話で発動した宿儺の領域展開で、真希は三輪に抱えられてながら移動している描写がありました。 三輪はシン・陰流(しん・いんりゅう)「簡易領域」を使用することで、真希を伏魔御厨子の必中効果から守ったと考えられるでしょう。

そして、宿儺が発動した伏魔御厨子は結界を閉じないものであるため、領域内から自由に脱出することが可能です。 このことから、真希は生存している可能性は高いと考えられます。

一方、猪野は三輪や虎杖のように、作中で簡易領域を使用している描写や、260話で真希のように簡易領域を使用できる誰かに助けられている描写はありませんでした。

となると、自力で宿儺の領域外に出る以外の対抗策がないため、猪野が領域内で死亡している可能性も十分に考えられます。

宿儺と高専術師との実力の差を埋めるためにも、真希と猪野が生存しているかどうかで、宿儺戦にも大きく関わってくるでしょう。 2人の安否が気になるところですね!

Satoru Gojo vs Sukuna (Jujutsu Kaisen) | Nos Volveremos a Ver | MegaR ft.  @DarckStar - YouTube

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|虎杖は反転術式で東堂の傷を治す?

260話では、虎杖と東堂が宿儺との戦いで共闘する展開になりました。 もしかすると今後、虎杖は宿儺との戦いで負った東堂の傷を治す展開になるのかもしれません。

その理由は、虎杖の体質と高専術師たちとの修業が関係しています。

260話冒頭では、虎杖が乙骨と入れ替わり修業をしていたことが確定しました。

乙骨といえば、反転術式を他人にも使用することができるため、入れ替わり修業をした虎杖も同様、他人に反転術式を使用できる可能性は高いです。

その上、虎杖の身体には宿儺の呪術が記憶されていることが、258話で明らかになっています。 宿儺も他人に反転術式を使用でき、欠損した腕も瞬時に再生できるほどの使い手です。

そういった宿儺の記憶を持つことに加え、8度の黒閃で潜在能力が覚醒した今の虎杖ならば、より高い出力の反転術式で東堂の傷を治すことができるのではないでしょうか。

このことから今後、虎杖は反転術式で東堂の傷を治す展開になる可能性が十分に考えられます。

また、東堂は腕を失うと術式を使用することができないことが、130話での真人との戦いで判明しています。 そして、虎杖の中で真人との戦いを見ていた宿儺は、その弱点を知っているはず。

そのため宿儺は、東堂の腕を「解」で真っ先に切断することで対処する可能性が高いと言えるでしょう。

仮にそうなった場合、虎杖が反転術式で切断された東堂の腕を治すことで、再び共闘するといった展開になるのかもしれませんね。

La véritable forme de Sukuna Ryomen dans Jujutsu Kaisen enfin dévoilée !

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|宿儺が2種類の術式を使用できる理由は?

260話では、宿儺がフーガを使用していました。通常、術師は生得領域を一つしか持たないため、術式も1種類しか使用できません。

ところが、宿儺は使用できなくなった十種影法術を除けば、「御厨子」と「開」の2種類の術式を使用しています。なぜ宿儺は術式を複数扱えるのでしょうか。

それは、宿儺が先天的に「開」の生得領域を持っていて、「御厨子」は宿儺の片割れを食ったことで後天的に使えるようになったからである可能性があります。

宿儺のように、胎児を食ったことで、その胎児の術式が使用できるようになった事例は、他にも描かれていました。257話で虎杖は、呪胎九相図を取り込んだことによって、赤血操術を使用できるようになったことが判明しています。

呪胎九相図とは、人間と呪霊によって生まれた胎児の亡骸であるため、虎杖は呪力を宿した胎児を食べたことになります。

片割れの魂が虎杖仁に宿ったことで、息子の悠仁は「御厨子」を使用できることから、宿儺の片割れには呪力が宿っていたと言えるでしょう。 宿儺は呪力が宿った片割れを食べたことで、後天的に「御厨子」を使用できるようになったのではないでしょうか。

まとめると、宿儺は先天的に「開」を使用できるポテンシャルを持っていたものの、「御厨子」は片割れを食べたことによって、後天的に能力を手に入れたのではないでしょうか。

Jujutsu Kaisen's Yuji Needs One Key Technique to Defeat Sukuna

呪術廻戦ネタバレ最新話260話の考察|裏梅は水道管の水を利用して秤を凍らせる?

260話では、裏梅は冷気で建物の水道管を破裂させました。 裏梅や秤がいる建物内には、漏れ出た水が雨のように降り注いでいます。

裏梅があえて水道管を破裂させたのは、水道管から降り注がれる一つ一つの雨粒に向けて「霜凪しもなぎ」を放つことで、秤を建物ごと凍らせるためではないでしょうか。

なぜなら、坐殺博徒の効果で無敵状態にある秤を倒すには、彼の脳の活動を停止させることが必要であるためです。

秤の反転術式は、裏梅に五条や宿儺を凌ぐと言わせるほどに脅威的な回復力を誇りますが、その状態で唯一の弱点があります。

それは、脳の活動を停止した状態では、反転術式を使うことができないという点です。 この弱点を突くには、秤の体全体を凍らせることが有力な手段であり、裏梅の勝利条件にもなるでしょう。

ここで、裏梅の「霜凪」は、「呪力を対象にぶつけることで、対象を凍てつかせることができる」と245話で判明しました。

今回、術式の対象を水道管から漏れ出ている水にすることで、秤の周りから凍らせて逃げ場をなくし、秤を確実に凍らせようとしているのではないでしょうか。

秤の頭を凍らせることに成功すれば、脳の活動を停止できる可能性が高まります。 さらに、この状態で秤の頭を砕くことができれば、裏梅の勝利は確実となるでしょう。

以上より、裏梅は水道管から漏れ出た水を利用して秤の全身を一気に凍らせることで、仕留めようとしているのではないでしょうか。

今後の物語で、周囲の環境を利用した、裏梅の巧妙な戦い方が見られるのかもしれませんね。

呪術廻戦 260話:どこで読むか

呪術廻戦 260は、2024 年 5月16日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦260話 Raw – Jujutsu Kaisen 260 Raw

結論