Skip to content

呪術廻戦 261話 ネタバレ|五条悟の生死について 復活ではなく五条父?

呪術廻戦ファンは、ゲゲ秋田によって書かれ、挿絵が描かれたスリリングな日本の漫画シリーズ、第261話のリリースを待ち望んでいます。

第261話のリリース日が近づくにつれ、ファンは物語の次の展開を熱望し、利用可能になる可能性のあるネタバレや生のスキャンを楽しみにしています。

カウントダウンが始まり、呪い、魔法、東京都立呪術専門高校の生徒たちの世界に再び飛び込むのが待ちきれない「呪術廻戦」の愛好家です。

呪術廻戦 261話: 発売日

呪術廻戦261話は2024年5月27日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年5月23日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦261話 Raw – Jujutsu Kaisen 261 Raw

呪術廻戦 260話: 要約とレビュー

現在宿儺は、虎杖から伏黒へ受肉した形ですが、今後は再度虎杖と一体となる可能性は十分ありそうです。

それは、伏黒を救出する際、宿儺が追い詰められた際、虎杖が追い詰められた際なのかは難しいですが、優優の術式が判明した以上、魂の入れ替えは簡単にできそうです。

ただ、再度宿儺と虎杖が一体となった際には、羂索が何か仕掛けていそうな気がしてなりませんが……。

宿儺が最終手段的な手段として、開(フーガ)を繰り出してきたことで、物語も佳境を迎えていそうです。

ここで気になるのは、宿儺の魂の片割れである虎杖の父親の存在です。

漫画としては、結構なキーポイントとなる存在でしょうが、宿儺戦後に登場する可能性はないでしょうか?

仮に高専側が宿儺を倒せば、宿儺の魂を取り込んで完全体となり、虎杖たちと対峙する展開もありそうですが……。

One Diabolical Reddit Theory May Have Irrevocably Exposed Sukuna Had a Twin Brother, The King of Curses' Real Ability

呪術廻戦 261話: ネタバレと予想

【呪術廻戦】第261話の展開予想五条悟の復活について

『呪術廻戦』第261話の最後に、劇的な再登場を果たした五条悟。

宿儺の「世界を断つ斬撃」によって胴体を切り裂かれ、初めての完全な敗北を喫したはずの”最強”は、果たして本当に帰還したのでしょうか。

以下では、突如として現れた五条悟(?)の正体について予想していきます。

【呪術廻戦】第261話の展開予想五条悟の死体説

宿儺が「領域展開」と叫んだ直後、五条悟に似た人物が土煙の中から現れました。

しかし、五条は宿儺との戦いで胴体を断たれて敗北したはずです。

空港での再会シーンからも、五条は完全に死亡したことが示唆されています。

したがって、今回現れた五条悟風の人物は、彼の「死体」である可能性が考えられます。

呪いの王を討伐するためには、「隙」が必要です。

そのため、高専の術師が五条の死体を運んで宿儺の前に晒したと考えると、事態が理解できます。

星と油編での天元の行動を思い出すと、この説明も納得がいきますね。

しかし、功労者の遺体を囮として使用することには疑問が残ります。

呪いの王を倒すためには何でもするという考えがあるかもしれませんが、それでもやはり葛藤があります。

Jujutsu Kaisen: Can the Sorcerers Defeat Sukuna?

【呪術廻戦】第261話の展開予想五条悟の父親説

五条悟が空港で言及していたものの、未だに姿が描かれていない「五条悟の父親」。

呪術廻戦第261話で登場した五条風の男性は、五条悟の父親ではないかと思われます。

五条家の当主が五条悟であることから考えると、五条父は呪術的なセンスには恵まれていないでしょう。

しかし、もし容姿が息子に似ていた場合、宿儺戦での「囮」役を果たすことはできるでしょう。

しかし、第260話の煽り文には、「その眼は紛うことなく」とあります。

おそらく、この「眼」は六眼を指しているでしょう。

そのため、五条本人である可能性が高いと考えられます。

【呪術廻戦】第261話の展開予想五条悟復活説

最後に考えたいのが、復活した五条悟その人であるという説です。

見事なまでの負けっぷりを晒したことから、「勝つさ」という発言が度々ネタとして消費されてしまっている男、五条。

しかし、もし劇的な復活を果たしたのであれば、「敗北」という事実を塗り替えるまでには至らないものの、多少はネタ昇華の波を抑えられるのではないでしょうか。

Jujutsu Kaisen: Sukuna comenta o nível de poder de Yuji - Geek de Primeira

【呪術廻戦】第261話の展開予想いかにして生き返ったのか

五条悟の復活が事実であるとすると、その裏には回復手段たる「反転術式」の行使があったことでしょう。

高専側には家入硝子という「反転術式」使いにして医師免許を有する衛生要員が常駐しています。

また、五条悟本人も「反転術式」を使用することができる術師ですから、もし胴体を両断された時点で意識が残っていたのであれば、下半身の回復に全神経を注いでいたはずです。

そもそも「反転術式」とは、脳で回し、首を伝って全身へと作用する高等テクニック。

断首されておらず、なおかつ頭を潰されてもいないという意味で、理論上は敗北直後の五条悟にも「反転術式」を使う余地は残されていたのです。

死した仲間達からは背中を押され、生ける仲間達からは手を引かれた竈門炭治郎よろしく、五条悟も”空港”で仲間たちから帰るよう諭されたのかもしれませんね。

……個人的には、夏油傑らからは笑って送り出され、禪院甚爾からは蹴り戻される五条悟の姿を拝みたいものです。

【呪術廻戦】第261話の展開予想本当の決着

仮に五条悟が復活したら、「人外魔境新宿決戦」のクライマックスはもうすぐかもしれませんね。

虎杖たちの活躍もあり、宿儺は追いつめられています。彼らが「竈」を使うことで。

ここまできたら、虎杖に最後の決めを任せたいところですが、五条悟が最後の一撃を加えても、ファンは文句を言わないでしょう。

まだまだ警戒が必要ですが、新宿決戦の終結は近いはずです。

これからの展開が楽しみですね。

呪術廻戦 261話:どこで読むか

呪術廻戦 261は、2024 年 5月23日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦261話 Raw – Jujutsu Kaisen 261 Raw

結論