Skip to content

呪術廻戦 262話 ネタバレ|乙骨の死亡確定か!5分後に五条の肉体が崩れる⁉︎

呪術廻戦 262話: 発売日

呪術廻戦262話は2024年6月10日発売の週刊少年ジャンプ号に掲載される予定です。ただし!呪術廻戦 は、2024 年6月6日otakuraw.comに間もなく投稿されると予想されています。

呪術廻戦 261話: 要約とレビュー

東堂の不義遊戯によって宿儺の竈フーガから、結界の外に逃げられた可能性のある真希たちですが、生死は正直不明です。

しかし、東堂が宿儺と戦う際に見せている不義遊戯を見ていると、上手くいっている可能性が高いと感じますね。

生存しているとしたら、真希たちが再度宿儺の前に立ちはだかることはないのでしょうか。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦261話 Raw – Jujutsu Kaisen 261 Raw

真希が無事なら、性格的には戦線に戻りたいと言いそうですが、そもそも戻る際は入れ替えるものがないと難しいのでしょうか。

乙骨五条となって、これから領域展開バトルが繰り広げられるのですが、乙骨は五条の体での無量空処の設定を変えることができるのでしょうか。

最初の五条と宿儺の戦いにおいて、それぞれ「伏魔御廚子」と「無量空処」での領域展開での押し合いが描かれましたが、最初は五条は領域の押し合いに負けましたよね。

その後に獄門疆での経験から領域の設定を変えて、宿儺に無量空処を食らわせた形ですが、あれは五条だからできた芸当であると思いますし、乙骨が同じように領域の設定を変えることができるとは思えません。

ただ、宿儺の「伏魔御廚子」が不完全なものの可能性があるため、そもそも領域の設定を変えなくても、乙骨五条の「無量空処」なら領域の押し合いでは負けない可能性があります。

GOJO VS SUKUNA : LE COMBAT DU SIÈCLE EXPLIQUÉ ! - YouTube

呪術廻戦 262話: ネタバレと予想

呪術廻戦ネタバレ最新話262話の考察|乙骨は模倣発動5分後に術式を維持できず死亡するのか?

262話では、乙骨が術式「模倣(コピー)」で羂索の術式を利用してから5分後、どうなるのかについて冥冥が話していました。

冥冥によると、次の3つの可能性が考えられるようです。

羂索の術式が常時、または断続的に発動するならば、模倣(羂索の術式)の効果が切れて乙骨は死亡。

術式が間欠的に発動するならば、乙骨は即死はしないが、いずれ死ぬ。

術式が単発、もしくは一度きり発動の場合、乙骨は5分経っても無下限呪術が使用可能。

果たして乙骨は今後、この3つのどの運命を辿ることになるのでしょうか?

結論から言うと、乙骨は2番目、もしくは3番目のいずれかの結末を迎えることになると考えられます。

領域展開をしても、羂索が生存していたということは、「他者の肉体に受肉する術式」は、少なくとも断続的に発動するものではないということがわかります。

つまり、羂索の術式は間欠的、もしくは肉体に乗り移る際にのみ発動する場合のいずれかであるのではないでしょうか。

また、模倣の発動にはリカが完全に顕現していることが条件であると、261話で明かされました。261話での乙骨と宿儺の戦闘シーンを見ると、リカが戦場にいる様子は描かれていません。

もしリカが顕現していない状態で、乙骨が宿儺と戦っているならば、羂索の術式は単発で発動するものである可能性が高いと言えるでしょう。

今後、乙骨が羂索の術式を維持できずに死亡するかどうかは、リカが顕現しているかどうかに懸かっていると言えそうですね。

呪術廻戦ネタバレ最新話262話の考察|五条の身体に受肉した乙骨の欠点とは?

262話では、乙骨が五条の身体に受肉していました。現代最強の術師である五条の身体に受肉したことから、高専術師側の勝利が近づいたかに思えます。しかし、乙骨には大きな欠点が2つあると言えます。

一つ目は、六眼の使用経験が乙骨にはないことです。生前の五条は、六眼があることで緻密な呪力を視認することができ、さらに緻密な呪力操作も可能でした。ところが、六眼があることで、なぜ緻密な呪力操作ができるのかについては判明していません。仮に緻密な呪力操作が六眼の「緻密な呪力を視認できる」性能を応用したものならば、初めて六眼を持った乙骨が、緻密な呪力操作を行うのは難しいのではないでしょうか。もし緻密な呪力操作ができない場合、無下限呪術の使用も困難であるため、術式順転「蒼」や術式反転「赫」などが使用できない可能性があります。

Gojo Vs Sukuna, 59% OFF | negociosyservicios.com.bo

二つ目は、無限の空間を自身に纏うことができない可能性があることです。五条は身の回りに無限を纏うことで、相手のあらゆる攻撃を弾いていました。無限を身の回りに纏うには、最小限の無下限呪術と脳への反転術式を常に発動し続けることが必須です。ここで、230話で家入は、「五条は脳への治癒に慣れている」と発言していました。この言葉からわかるように、脳への反転術式は、並の術師にはできないことであると言えるでしょう。となると、乙骨は脳への反転術式の使用することができず、それによって身の回りに無限を纏うことはできないのではないでしょうか。

まとめると、乙骨は術式順転「蒼」や術式反転「赫」の使用や、身の回りに無限を纏うことができない可能性があります。今後、乙骨が五条の術式の制御に苦戦する様子が描かれるのかもしれませんね。

呪術廻戦ネタバレ最新話262話の考察|虎杖は反転術式で東堂の傷を治す?

262話では、宿儺との戦いに虎杖と東堂が共闘する展開になりました。もしかすると今後、虎杖は宿儺との戦いで負った東堂の傷を治す展開になるのかもしれません。

その理由は、虎杖の体質と高専術師たちとの修業が関係しています。259話冒頭では、虎杖が乙骨と入れ替わり修業をしていたことが確定しました。乙骨といえば、反転術式を他人にも使用することができるため、入れ替わり修業をした虎杖も同様、他人に反転術式を使用できる可能性は高いです。

その上、虎杖の身体には宿儺の呪術が記憶されていることが、258話で明らかになっています。宿儺も他人に反転術式を使用でき、欠損した腕も瞬時に再生できるほどの使い手です。そういった宿儺の記憶を持つことに加え、8度の黒閃で潜在能力が覚醒した今の虎杖ならば、より高い出力の反転術式で東堂の傷を治すことができるのではないでしょうか。

このことから今後、虎杖は反転術式で東堂の傷を治す展開になる可能性が十分に考えられます。また、東堂は腕を失うと術式を使用することができないことが、130話での真人との戦いで判明しています。そして、虎杖の中で真人との戦いを見ていた宿儺は、その弱点を知っているはず。

そのため宿儺は、東堂の腕を「解」で真っ先に切断することで対処する可能性が高いと言えるでしょう。仮にそうなった場合、虎杖が反転術式で切断された東堂の腕を治すことで、再び共闘するといった展開になるのかもしれませんね。

Sukuna from Jujutsu Kaisen HD Anime Wallpaper by patrika

呪術廻戦ネタバレ最新話262話の考察|宿儺が2種類の術式を使用できる理由は?

262話では、宿儺が「フーガ」を使っていました。本来、術師は生得領域を一つしか持たないため、術式も1種類しか使えません。ところが、宿儺は「十種影法術」を失ったにもかかわらず、「御厨子」と「開」の2種類の術式を使っています。なぜ宿儺は術式を複数扱えるのでしょうか?

それは、宿儺が先天的に「開」の生得領域を持っていて、「御厨子」は宿儺の片割れを食ったことで後天的に使えるようになったからではないかと考えられます。実際に、宿儺のように胎児を食ったことでその胎児の術式が使えるようになった事例は他にも描かれています。257話で虎杖が呪胎九相図を取り込んで、赤血操術を使えるようになったことがその例です。

呪胎九相図は人間と呪霊の間に生まれた胎児の亡骸であり、虎杖は呪力を宿した胎児を取り込んだことになります。片割れの魂が虎杖仁に宿ったことで、息子の悠仁は「御厨子」を使えるようになったのですから、宿儺の片割れにも呪力が宿っていたと言えます。宿儺は呪力が宿った片割れを食べたことで、後天的に「御厨子」を使えるようになったのではないでしょうか。

まとめると、宿儺は先天的に「開」を使えるポテンシャルを持っていたものの、「御厨子」は片割れを食べたことで後天的にその能力を手に入れたのではないでしょうか。

呪術廻戦 262話:どこで読むか

呪術廻戦 262は、2024 年6月6日に「otakuraw.comに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いし す。

👉今すぐ読む: 呪術廻戦261話 Raw – Jujutsu Kaisen 261 Raw

結論